競馬初心者にとって大事なことは、色々なレースを見ることだと思います。

 

それはお金を賭ける、賭けないにかかわらずです。

 

毎レースお金を賭けて予想をしていたら、資金はいくらあっても足りません。

 

自信があるレースだけ、お金を賭ければいいですし、お金を賭けなくても予想はできます。

 

実際、私もお金を賭けないで予想する場合もあります。

 

そんなときに限って当たってしまい、お金を賭けとけば良かったかなと思うときもあります。

 

基本、私は土曜日のレースはお金を賭けませんし、日曜日のレースもメーンの重賞しか予想をしません。

 

多くのレースに参加するよりも、1つか2つのレースに集中してお金を賭ける方が自分には合っていると思っています。

 

もちろん、多くのレースに参加したい方は参加すればいいですし、それは個人の自由です。

スポンサーリンク

愛知杯の番組設計

今回は、愛知杯を予想してみたいと思いますが、お金は賭けないので、ちょっと雑かもしれません。

 

まず、愛知杯の番組設計を見てみます。

 

第54回愛知杯というG3のレースで、サラ系4歳以上が出走できる国際レースです。

 

牝馬限定のレースでハンデ戦になっています。

 

中京競馬場で行われるので、東京競馬場及び新潟競馬場と同じ左回りです。

 

そして、距離は2000mです。

 

昨年と番組設計を比べてみます。

 

昨年は18頭出走していましたが、今年は15頭しか出走していません。

 

JRAの公式サイトの競馬メニューの中に競馬番組及びルールという場所があるので、そこをクリックしてみます。

 

2017年(平成29年度)の競馬番組表がありますので、その中の重賞競走一覧(レース別・関西)をクリックします。

 

すると2ページ目に愛知杯の番組設計が載っています。

 

出走可能頭数は18頭になっているので、今年の愛知杯はフルゲート割れだということが分かります。

 

賞金額を見てみると、1着賞金が3600万円となっており、昨年と変わっていません。

 

このことから賞金維持戦であることになります。

昨年の愛知杯は?

 

昨年、この愛知杯というレースは日程が変更になり、12月から1月に移動してきました。

 

そして、移動後初の覇者となったバウンスシャッセという馬は、55.5キロというハンデで出走しています。

 

このコンマ5という馬はバウンスシャッセ以外にいませんでした。

 

そして、バウンスシャッセの個性は前年のヴィクトリアマイルというG1レースに出走し、13着に敗退しましたが、2着同枠になっていたことです。

今年の愛知杯の軸は?

今年の出走メンバーを見てみます。

 

コンマ5という馬は見当たりません。

 

しかし出走メンバーの中にマキシマムドパリという馬がいて、この馬は昨年のエリザベス女王杯に出走し9着に敗退していますが、2着馬の対角に位置していました。

 

そして、この馬の良さは、昨年ジェンティルドンナメモリアルというレースに出走し、3着となっていることです。

 

ジェンティルドンナメモリアルは、昨年だけ行われたレースです。

 

この個性は大事であるとみます。

 

前走のカウントダウンステークスも5回阪神8日から5回阪神9日に変更されていますが、今年の設計も恐らく同じではないかと思い、カウントダウンステークス1着馬のクインズミラーグロは軽視します。

スポンサーリンク

軸決定後の相手の選択

 

次に相手ですが、距離及び競馬場は違いますが、同じ設計内容の京都金杯を参考にします。

 

愛知杯  サラ系4歳以上 オープン (国際)牝 ハンデ

京都金杯 サラ系4歳以上 オープン (国際)ハンデ

 

今年の京都金杯は1着がエアスピネルで、2着がブラックスピネルでした。

 

エアスピネル  2016年菊花賞3着

マキシマムドパリ 2015年秋華賞3着

 

同じ馬齢戦のG1で共に3着という実績がありました。

 

次は京都金杯の2着馬を見てみます。

 

京都金杯2着のブラックスピネルの個性は、昨年重賞に出走し未連対、オープン競走の(特指)別定戦のすみれステークスで連対、白百合ステークスで1着というものでした。

 

今年のメンバーで、オープン競走の(特指)別定戦はヒルノマテーラだけですが、マーメイドステークス2着は気になります。

 

重賞未連対ということであれば、昨年2着のリーサルウェポンなんかいいですね。

 

昨年2着から、賞金を加算せずに、今年の愛知杯に出走なんて、賞金維持戦にふさわしい気がします。

最後に

とりあえず、今回は賭けないので、点数を絞って、マキシマムドパリからヒルノマテーラと同枠のダイワドレッサー、そしてリーサルウェポンと予想してみました。

 

競馬初心者の方も、お金を賭けずに、馬券の買い方の練習だと思って予想してみてください。

スポンサーリンク