大阪杯が今年G1化されたことに伴い、産経賞という副題が外れ、セントウルステークスが産経賞の副題を譲り受けました。

 

産経賞セントウルステークスが誕生したことにより、同じ産経賞の名前のついた産経賞オールカマーに、何らかの影響は与えそうです。

 

例えば、出目とか、騎手連動とかですね。

 

今回は、産経賞オールカマーの予想を行いたいと思います。

産経賞オールカマー2017の出馬表

出典 JRA

 

産経賞オールカマー2017には17頭の登録があり、全馬が出走し、17頭立てとなりました。

 

現在のところ、1人気はステファノス、2人気はタンタアレグリア、3人気はモンドインテロとなっています。

 

昨年のオールカマーと比べると、マル地のショウナンバッハが同じ3番に配置されています。

 

また、シルクレーシングのブラックバゴとモンドインテロが対角配置になっています。

 1枠 1番 パリカラノテガミ 56.0kg 牡6 田中 勝春 清水 英克
2番 アルバート 57.0kg 牡6 石橋 脩 堀 宣行
2枠 3番 マル地ショウナンバッハ 56.0kg 牡6 柴田 善臣 上原 博之
4番 ブラックバゴ 56.0kg 牡5 内田 博幸 斎藤 誠
3枠 5番 グランアルマダ 56.0kg 牡5 津村 明秀 西園 正都
6番 ルージュバック 55.0kg 牝5 北村 宏司 大竹 正博
4枠 7番 ディサイファ 56.0kg 牡8 柴山  雄一 小島 太
8番 ステファノス 56.0kg 牡6 戸崎 圭太 藤原 英昭
5枠 9番 タンタアレグリア 57.0kg 牡5 蛯名 正義 国枝 栄
10番 マイネルミラノ 56.0kg 牡7 柴田 大知 相沢 郁
6枠 11番 マイネルサージュ 56.0kg 牡5 松岡 正海 鹿戸 雄一
12番 デニムアンドルビー 54.0kg 牝7 吉田 隼人 角居 勝彦
7枠 13番 マイネルディーン 56.0kg 牡8 三浦 皇成 鹿戸 雄一
14番 モンドインテロ 56.0kg 牡5 田辺 裕信 手塚 貴久
 8枠 15番  カフジプリンス 56.0kg 牡4 丸田  恭介 矢作 芳人
16番  ツクバアズマオー 56.0kg 牡6 吉田 豊 尾形 充弘
17番 トルークマクト 56.0kg  牡7 大野 拓弥 尾関 知人

出走馬情報からのサイン

出走馬情報には、ルージュバック、ステファノス、タンタアレグリア、アルバート、モンドインテロ、マイネルミラノ、ツクバアズマオー、デニムアンドルビーの8頭に記載がありました。

 

この8頭のうち、少なくとも1頭は連対しそうですね。

AJCCと朝日杯セントライト記念からの考察

中山2200mで行われる重賞はアメリカジョッキークラブカップと朝日杯セントライト記念、そして産経賞オールカマーの3レース。

 

いずれもG2というのが、訳がありそうです。

 

今年のアメリカジョッキークラブカップと朝日杯セントライト記念の結果を見てみます。

 

アメリカジョッキークラブカップ2017(17頭立て)

1着 タンタアレグリア 4枠8番(逆10番) 蛯名正義騎手 7人気

2着  ゼーヴィント 5枠10番(逆8番) 戸崎圭太騎手 1人気

3着 ミライヘノツバサ 1枠1番(逆17番) 内田博幸騎手 3人気

 

朝日杯セントライト記念2017(15頭立て)

1着 ミッキースワロー 3枠5番(逆11番) 横山典弘騎手 2人気

2着 アルアイン 4枠7番(逆9番)ルメール騎手 1人気

3着 サトノクロニクル 2枠2番(逆14番)デムーロ騎手 3人気

 

両レースの共通項は4枠が連対していること、1人気が2着、3人気が3着になっていることです。

産経賞セントウルステークスからの考察

今年、産経賞の副題がついたセントウルステークスの結果は以下のとおりです。

 

産経賞セントウルステークス2017(14頭立て)

1着 ファインニードル 5枠7番(逆8番) デムーロ騎手 1人気

2着 ラインミーティア 4枠6番(逆9番) 西田雄一郎騎手 6人気

3着 ダンスディレクター 8枠13番(逆2番) 浜中俊騎手 4人気

 

ここでも4枠が出てきますね。

スポンサーリンク

結論

昨年の産経賞オールカマーには、前走で条件戦を卒業した馬の出走はありませんでした。

 

このため、グランアルマダは気になります。

 

しかし、軸はタンタアレグリアにします。

 

アメリカジョッキークラブカップが1回中山7日に開催され、産経賞オールカマーが4回中山7日に行われることが偶然とは思えません。

 

相手は、ステファノス、グランアルマダ、モンドインテロ、ルージュバックにします。

スポンサーリンク