テレビ東京杯青葉賞は日本ダービーの優先出走権が2枚与えられるレースです。

 

これは先週行われたサンケイスポーツ賞フローラステークスが、オークスへの優先出走権が2枚与えられるのと同じです。

 

サンケイスポーツ賞フローラステークスからテレビ東京杯青葉賞への連動はあるのでしょうか?

 

今回はテレビ東京杯青葉賞2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

 テレビ東京杯青葉賞2018の出馬表

出典 JRA

 

テレビ東京杯青葉賞2018には19頭が登録し、シルヴァンシャーが抽選ではずれ、18頭のフルゲートになりました。

 

シルヴァンシャーは3戦1勝の馬ですが、3戦とも連対人気だった馬で、いずれもデムーロ騎手が騎乗していました。

1枠 1番 カフジバンガード 牡3 56.0kg 古川 吉洋 松元 茂樹
2番 ユウセイフラッシュ 牡3 56.0kg 三浦 皇成 戸田 博文
2枠 3番 スズカテイオー 牡3 56.0kg 田辺 裕信 橋田 満
4番 ダブルフラット 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 角居 勝彦
3枠 5番 マイネルサリューエ 牡3 56.0kg 松岡 正海 上原 博之
6番 ディープインラヴ 牡3 56.0kg 岩田 康誠 矢作 芳人
4枠 7番 ミッキーポジション 牡3 56.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
8番 オブセッション 牡3 56.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
5枠 9番 ゴーフォザサミット 牡3 56.0kg 蛯名 正義 藤沢 和雄
10番 スーパーフェザー 牡3 56.0kg 福永 祐一 友道 康夫
6枠 11番 トラストケンシン 牡3 56.0kg 柴田 大知 高橋 文雅
12番 ダノンマジェスティ 牡3 56.0kg 内田 博幸 音無 秀孝
7枠 13番 ノストラダムス 牡3 56.0kg 和田 竜二 鈴木 孝志
14番 テトラルキア 牡3 56.0kg 柴田 善臣 大和田 成
15番 エタリオウ 牡3 56.0kg 石橋 脩 友道 康夫
8枠 16番 クレディブル 牡3 56.0kg 大野 拓弥 萩原 清
17番 モンテグロッソ 牡3 56.0kg 北村 宏司 木村 哲也
18番 サトノソルタス 牡3 56.0kg M.デムーロ 堀 宣行

 出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報にはサトノソルタス、ダノンマジェスティ、スーパーフェザー、ディープインラヴ、エタリオウ、オブセッション、ゴーフォザサミットの7頭が記載されていました。

 

この7頭の中から優勝馬が出そうですね。

共同通信杯2着馬出走からのサイン

テレビ東京杯青葉賞2018には、共同通信杯2着馬のサトノソルタスが出走します。

 

過去、テレビ東京杯青葉賞に共同通信杯2着馬が出走したのは、調べたところ、2003年だけです。

 

2003年テレビ東京杯青葉賞(15頭立て)

1着 ゼンノロブロイ 6枠11番(逆5番) 横山典弘騎手 1人気

前走 3歳500万下条件戦・山吹賞(中山2200m)1人気1着

前々走 すみれステークス(阪神2200m)2人気3着

年明けデビュー馬

2着 タカラシャーディー 3枠4番(逆12番)佐藤哲三騎手 2人気

前走 毎日杯(阪神2000m)9人気1着

前々走 共同通信杯(中山1800m)5人気2着

3着 クラフトワーク 4枠7番(逆9番)勝浦正樹騎手 3人気

前走 3歳500万下条件戦・フリージア賞(中京2000m)1人気1着

前々走 すみれステークス(阪神2200m)3人気2着

 

2003年テレビ東京杯青葉賞1着馬のゼンノロブロイは、日本ダービー2着馬で、後にG1ホースとなっている名馬ですが、もちろん、この時点では単なる500万下条件戦を勝ってきた馬です。

 

ゼンノロブロイが勝った山吹賞は中山2200mのレース。

 

ゼンノロブロイは1人気で、山吹賞を勝っています。

 

また、ゼンノロブロイの前々走はオープンのすみれステークスで、ゼンノロブロイは連対人気に支持されていました。

 

2着に入ったタカラシャーディーは、共同通信杯を2着した後、2000mの毎日杯を勝っている馬。

 

ここがサトノソルタスと異なります。

 

500万下条件戦を勝ってきた重賞未出走のゼンノロブロイと重賞既勝馬のタカラシャーディーという組み合わせで2003年は決着しています。

 

テレビ東京杯青葉賞2018で500万条件戦を勝ってきた馬はカフジバンガード、マイネルサリューエ、ミッキーポジション、オブセッション、ゴーフォザサミット、スーパーフェザー、ダノンマジェスティ、クレディブルの8頭。

 

ただし、ゼンノロブロイは3歳500万条件で2000mを超える距離での勝利ですので、スーパーフェザーとダノンマジェスティが気になります。

サンケイスポーツ賞フローラステークスからのサイン

今年のサンケイスポーツ賞フローラステークスの勝ち馬は、阪神2400mの500万下条件戦であるゆきやなぎ賞1着馬のサトノワルキューレ。

 

サトノワルキューレは、重賞はおろかオープンも未出走の馬で、同枠には2000mの京都未勝利戦を勝ち、日程移動のあったフラワーカップ4着のウスベニノキミが同居していました。

 

サンケイスポーツ賞フローラステークスは東京2000mのレースなので、1着同枠には2000mの距離実績のある馬がいたということになります。

 

テレビ東京杯青葉賞2018は東京2400mで行われるレースなので、2400m実績のあるスーパーフェザー、トラストケンシン、エタリオウの枠は気になります。

スポンサーリンク

テレビ東京杯青葉賞2018の予想の結輪

前走で500万下条件戦のアザレア賞を勝った馬が、2015年から2017年の3年間テレビ東京杯青葉賞を勝っています。

 

では今年も、アザレア賞を勝ったスーパーフェザーが勝つのでしょうか?

 

2015年から2017年の3年間のアザレア賞は4月開催でしたが、スーパーフェザーが勝ったアザレア賞は3月開催でした。

 

3月開催でアザレア賞を勝った馬はテレビ東京杯青葉賞で敗退しています。

 

軸はダノンマジェスティにします。

 

相手はサトノソルタス、ディープインラヴ、オブセッション、モンテグロッソ、ダブルフラットにします。

スポンサーリンク