テレビ東京杯青葉賞2017の出馬表が出ましたね。

 

なんと12頭立てになったようです。

 

確か特別登録の時は15頭だったはずですが、そこから3頭回避したことになりますね。

 

せっかく、ダービーへの優先出走権が2枚もらえるレースなのに、ダービーに出たくないのかな?

 

今回は、テレビ東京杯青葉賞2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

テレビ東京杯青葉賞2017の出馬表

出典 JRA

 

馬番 馬  名 負担重量 騎手
1枠 1番 スズカロング 56キロ 蛯名 正義
2枠 2番 サーレンブラント 56キロ 柴山 雄一
3枠 3番 アグネスウイン 56キロ 川又 賢治
4枠 4番 ポポカテペトル 56キロ C.ルメール
5枠 5番 ダノンキングダム 56キロ 内田 博幸
6番 アドマイヤウイナー 56キロ 秋山 真一郎
6枠 7番 マイネルスフェーン 56キロ 柴田 大知
8番 タガノアシュラ 56キロ 北村 宏司
7枠 9番  マル外ベストアプローチ 56キロ 岩田 康誠
10番 アドミラブル 56キロ M.デムーロ
8枠 11番 トリコロールブルー 56キロ 戸崎 圭太
12番 イブキ 56キロ 田辺 裕信

現在のところ、1人気はデムーロ騎手騎乗のアドミラブル、2人気はトリコロールブルー、3人気はポポカテペトルとなっています。

 

アグネスウインなんて1勝もしていないのに、出走してます。

 

また、アグネスウインに騎乗する川又賢治騎手は、今年デビューした新人ジョッキーのようです。

 

こんなに早い時期から重賞で騎乗することができるなんて、素晴らしいことですね。

 

頑張ってほしいものです!

 

なお、回避したのはサーレンブラント、ショワドゥロワ、ダイシンクイントの3頭で、いずれも1勝馬でした。

 JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックの記事は2002年青葉賞のシンボリクリスエス。

 

シンボリクリスエスは、1人気で2枠3番で優勝しています。

 

1人気ならばアドミラブル、3番ならばアグネスウインとなりますが、シンボリクリスエスがマル外だったことが大事なのではないでしょうか。

 

ちなみに、シンボリクリスエスの前走は500万下条件戦の山吹賞(中山2200m)。

 

残念ながら、山吹賞1着馬の出走はありません。

 JRAカレンダーからのサイン

出典 JRA

4月のカレンダーは「SAKURA Princess」。

 

Princessといえば、トリコロールブルーの母はペンカナプリンセスです。

 

出典 JRA

 

そして、5月のカレンダーは「WINNER」。

 

ウイナーといえば、アドマイヤウイナーがいます。

2度あることは3度ある

皐月賞では正7番のペルシアンナイトが2着になっていました。

 

サンケイスポーツ賞フローラステークスでも正7番のヤマカツグレースが2着になっていました。

 

では、3週続けて正逆7番いずれかが連対するのではと考えます。

 

正7番はマイネルスフェーン、逆7番はアドマイヤウイナーです。

報知杯弥生賞4着馬の出走

出典 JRA

 

テレビ東京杯青葉賞2017に報知杯弥生賞4着馬のベストアプローチが出走してきました。

 

報知杯弥生賞4着馬といえば、あと一歩で皐月賞の優先出走権を取れなかった馬です。

 

そんな報知杯弥生賞4着馬が直接テレビ東京杯青葉賞に出走してきた年を見てみます。

 

2011年テレビ東京杯青葉賞(18頭立て)(4/30)

1着 ウインバリアシオン 2枠4番(逆15番)  安藤勝己騎手 6人気

前走 報知杯弥生賞7着(1着同枠) 2勝馬

2着 ショウナンパルフェ 6枠12番(逆7番) 蛯名正義騎手 4人気

前走 フジテレビ賞スプリングステークス6着 2勝馬

3着 トーセンレーヴ 5枠10番(逆9番) C.ウィリアムズ騎手 1人気

前走 被災地支援毎日杯3着 2勝馬 オール1人気

3着同枠 ショウナンマイティ 報知杯弥生賞4着馬

 

2004年テレビ東京杯青葉賞(17頭立て)(5/1)

1着 ハイアーゲーム 3枠5番(逆13番) 蛯名正義騎手 2人気

前走 報知杯弥生賞4着 2勝馬

2着 ホオキパウェーブ 7枠13番(逆5番) 岡部幸雄騎手 5人気

前走 500万下条件戦・ゆりかもめ賞1着 2勝馬

3着 シェルゲーム  7枠14番(逆4番) D.オリヴァー騎手 1人気

前走 毎日杯2着 2勝馬 オール1人気

 

2004年の報知杯弥生賞4着馬のショウナンマイティと2011年の報知杯弥生賞4着馬のハイアーゲームの違いは、ショウナンマイティが東京競馬場初出走だったのに対し、ハイアーゲームは東京競馬場で3戦して2勝2着1回という戦歴による違いでしょう。

 

テレビ東京杯青葉賞2017に出走する報知杯弥生賞4着馬のベストアプローチは、セントポーリア賞(東京1800m)に出走していますが6着(2着対角)になっています。

スポンサーリンク

まとめ

テレビ東京杯青葉賞2017の出走馬をみると、年明けデビュー馬もいませんし、初勝利も挙げていない馬もいます。

 

明らかに違和感があります。

 

 

初勝利も挙げていない馬が青葉賞に出走したのは重賞になる前に2回ありましたが、その時の優勝馬は1勝馬でした。

 

そこで、軸は思い切ってベストアプローチにします。

 

相手は、正逆7番のアドマイヤウイナーとマイネルスフェーンにします。

 

ベストアプローチでなければ、アドミラブルだと思うので、アドミラブルからアドマイヤウイナーとマイネルスフェーンも抑えます。

スポンサーリンク