今週の中央競馬は3日開催!

 

初日は、東京競馬場で、日本ダービーへのステップレースのテレビ東京杯青葉賞が行われます。

 

テレビ東京杯青葉賞の日本ダービーへの優先出走権は2枠!

 

2着までに入らなければ、日本ダービーへの優先出走権はもらえません。

 

今回は、日本ダービーへのステップレース・テレビ東京杯青葉賞2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

テレビ東京杯青葉賞2019の出馬表

テレビ東京杯青葉賞2019には16頭が登録し、16頭全頭が出走してきました。

 

現在のところ、1人気はランフォザローゼス、2人気はウーリリ、3人気ピースワンパラディとなっています。

 

正逆2番のリオンリオンとキタサンバルカンはルーラーシップ産駒ですね。

1枠 1番 アドマイヤスコール 牡3 56.0kg M.デムーロ 加藤 征弘
2番 リオンリオン 牡3 56.0kg 横山 典弘 松永 幹夫
2枠 3番 ランフォザローゼス 牡3 56.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
4番 セントウル 牡3 56.0kg B.アヴドゥラ 森 秀行
3枠 5番 ピースワンパラディ 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 大竹 正博
6番 ウーリリ 牡3 56.0kg 福永 祐一 友道 康夫
4枠 7番 トーセンカンビーナ 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 角居 勝彦
8番 ピンシェル 牡3 56.0kg 吉田 豊 高橋 文雅
5枠 9番 タイセイモナーク 牡3 56.0kg A.シュタルケ 西村 真幸
10番 ディバインフォース 牡3 56.0kg 松山 弘平 寺島 良
6枠 11番 カウディーリョ 牡3 56.0kg 石橋 脩 堀 宣行
12番 アルママ 牡3 56.0kg 柴田 大知 畠山 吉宏
7枠 13番 マコトジュズマル 牡3 56.0kg D.レーン 鮫島 一歩
14番 バラックパリンカ 牡3 56.0kg 和田 竜二 平田 修
8枠 15番 キタサンバルカン 牡3 56.0kg 大野 拓弥 奥村 武
16番 サトノラディウス 牡3 56.0kg 三浦 皇成 国枝 栄

二場開催のテレビ東京杯青葉賞からのサイン

テレビ東京杯青葉賞2019が行われる4月27日は、二場開催となっています。

 

テレビ東京杯青葉賞当日が二場開催だったのは1997年だけ。

 

ただし、1997年のテレビ東京杯青葉賞は、5月3日に行われ、裏開催が京都競馬場でした。

 

1997年のテレビ東京杯青葉賞の結果を見てみます。

 

1997年テレビ東京杯青葉賞(17頭立て)

1着 トキオエクセレント 牡4 56㎏ 5枠10番(逆8番) 吉田豊騎手 1人気

前走 ベンジャミンステークス(中山1800m)1人気1着

前々走 若葉ステークス(中山2000m)3人気7着

3走前 500万下条件戦・ゆりかもめ賞(東京2200m)2人気1着

2着 フジヤマビザン 牡4 56㎏ 5枠9番(逆9番)村本善之騎手 2人気

前走 皐月賞(中山2000m)12人気3着

前々走 若葉ステークス(中山2000m)6人気2着

3走前 500万下条件戦・平場(阪神ダート1800m)1人気1着

3着 スリーファイト 牡4 56㎏ 7枠14番(逆4番)小野次郎騎手 11人気

前走 500万下条件戦・ぶっぽうそう特別(中京2000m)9人気2着

前々走 3歳未勝利戦(中京1800m)3人気1着

 

1997年テレビ東京杯青葉賞は1・2人気のぞろ目の特殊決着。

 

1着となったトキオエクセレントは、東京連続連対歴があり、3勝馬だった馬。

 

2着になったフジヤマビザンは、ダートで2勝していた馬でした。

過去の大寒桜賞からのサイン

テレビ東京杯青葉賞2019に出走するリオンリオンは、500万下条件戦の大寒桜賞1着馬。

 

この大寒桜賞は、昨年、2回中京5日に行われましたが、今年は2回中京6日に行われています。

 

大寒桜賞は、開催時期が変わるレースですが、前回、2回中京6日で行われたのは2016年で、この時の大寒桜賞1着馬のレッドエルディストは、テレビ東京杯青葉賞で2着に入っています。

 

ちなみに2016年のテレビ東京杯青葉賞で1着になったのはヴァンキッシュランで、ヴァンキッシュランは3歳初勝利、前走は500万下条件戦のアザレア賞(阪神2400m)でした。

スポンサーリンク

テレビ東京杯青葉賞2019の予想の結論

テレビ東京杯青葉賞と同じ1着賞金のレースは、報知杯弥生賞とフジテレビ賞スプリングステークス!

 

中山2000mで行われた報知杯弥生賞は、中山2000mの京成杯1着馬のラストドラフトの対角に配置されたメイショウテンゲンが1着。

 

中山1800mで行われたフジテレビ賞スプリングステークスは、中山1800mで行われた500万下条件戦の若竹賞1着馬のヒシイグアスの対角に配置されたエメラルファイトが1着。

 

テレビ東京杯青葉賞2019は東京2400mで行われるレースですが、東京2400mを勝った馬は未勝利勝ちのピンシェルしかいません。

 

また、4枠8番のピンシェル、5枠9番のタイセイモナーク、5枠10番のディバインフォースは前走で2400mを勝った馬で、なぜか集められています。

 

そこで、ピンシェルの対角のタイセイモナークとピンシェルの同枠のトーセンカンビーナからリオンリオン、ウーリリ、ディバインフォースに軽く流して遊んでみます。

スポンサーリンク