昨年の葵ステークスは、新設重賞にもかかわらず、テイエムオペラオー追悼競走の副題が付いて行われました。

 

その結果は、2着同着という奇妙な決着となり、同着2着のラブカンプーは、その後、スプリンターズステークス2着連対を果たしますが、以後は二桁着順と成績が落ち込んでいます。

 

今年の葵ステークスは、当然、昨年のような決着とはならないでしょう。

 

今回は、葵ステークス2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

葵ステークス2019の出馬表

葵ステークス2019には25頭が登録し、ココフィーユが回避し、アイラブテーラー、ショウナンタイガ、セプタリアン、ファイトフォーラヴ、ラミエル、ローゼンクリーガーが抽選で外れ、カシノティーダ、ルマーカーブルが除外となり、16頭立てとなっています。

1枠 1番 ケイアイサクソニー 牡3 56.0kg 和田 竜二 山内 研二
2番 ホープフルサイン 牡3 56.0kg 幸 英明 本間 忍
2枠 3番 アズマヘリテージ 牝3 54.0kg 松若 風馬 河内 洋
4番 ドゴール 牡3 56.0kg 津村 明秀 黒岩 陽一
3枠 5番 ジャカランダシティ 牡3 56.0kg B.アヴドゥラ 牧浦 充徳
6番 ディアンドル 牝3 55.0kg 藤岡 佑介 奥村 豊
4枠 7番 アウィルアウェイ 牝3 55.0kg 川田 将雅 高野 友和
8番 ウィンターリリー 牝3 54.0kg 国分 恭介 岩戸 孝樹
5枠 9番 メイショウケイメイ 牝3 55.0kg 古川 吉洋 南井 克巳
10番 エイティーンガール 牝3 54.0kg 池添 謙一 飯田 祐史
6枠 11番 ディープダイバー 牡3 57.0kg 藤岡 康太 大久保 龍志
12番 ジャスティン 牡3 56.0kg 川又 賢治 矢作 芳人
7枠 13番 アスターペガサス 牡3 57.0kg 福永 祐一 中竹 和也
14番 タマモメイトウ 牡3 56.0kg 吉田 隼人 藤岡 健一
8枠 15番 マリアズハート 牝3 54.0kg 菱田 裕二 菊沢 隆徳
16番 ニホンピロヘンソン せん3 56.0kg 藤井 勘一郎 安達 昭夫

「春の3歳重賞馬連」からのサイン

日刊スポーツ賞シンザン記念から始まった「春の3歳重賞馬連」ですが、いよいよ葵ステークス2019が最後となります。

 

最初から書くと長くなるので、NHKマイルカップとオークスを見てみます。

 

NHKマイルカップ(18頭立て)

1着  アドマイヤマーズ 牡3 57㎏ 8枠17番(逆2番)M.デムーロ騎手 2人気

2着  ケイデンスコール 牡3 57㎏ 8枠18番(逆1番)石橋脩騎手 14人気

 

オークス(18頭立て)

1着 ラヴズオンリーユー 牝3 55㎏ 7枠13番(逆6番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 カレンブーケドール 牝3 55㎏ 5枠10番(逆9番)津村明秀騎手 12人気

 

NHKマイルカップとオークスでは、M.デムーロ騎手が1着となっています。

石清水ステークスからのサイン

葵ステークスの歴史を見てみます。

同神社で5月15日に行われる葵祭は、石清水祭、春日祭とともに三勅祭のひとつに数えられる。

出典 JRA

 

ということは、石清水ステークスと関連がありそうです。

 

2018年石清水ステークス(11頭立て)

1着 ニシノラッシュ 牡6 56㎏ 2枠2番(逆10番) 幸英明騎手 4人気

2着 エスティタート 牝5 55㎏ 3枠3番(逆9番)藤岡佑介騎手 8人気

 

2018年葵ステークス(16頭立て)

1着 ゴールドクイーン 牝3 54㎏ 2枠3番(逆14番)古川吉洋騎手 9人気

2着  ラブカンプー 牝3 56㎏ 1枠1番(逆16番)和田竜二騎手 6人気

2着 トゥラヴェスーラ 牡3 56㎏ 7枠14番(逆3番)福永祐一騎手 2人気

 

2018年石清水ステークスと2018年葵ステークスは正逆3番で一致しています。

 

2019年石清水ステークス(14頭立て)

1着 タイムトリップ 牡5 57㎏ 3枠4番(逆11番)柴山雄一騎手 7人気

2着 レッドアンシェル 牡5 57㎏ 4枠6番(逆9番)浜中俊騎手 1人気

スポンサーリンク

葵ステークスの予想の結論

リステッド競走を勝ったディアンドルとディープダイバーが人気のようですね。

 

しかも、この2頭が対角配置となっています。

 

今回は、ディープダイバーを軸にしてみます。

 

相手はディアンドル、ケイアイサクソニー、ホープフルサイン、ニホンピロヘンソンに軽く流してみます。

スポンサーリンク