天皇賞秋が終了して、次のG1のエリザベス女王杯まで、1週あくことになります。

 

今度の金曜・土曜・日曜は3日間開催ですね。

 

3日間開催の最終日には、G2のハンデ戦のアルゼンチン共和国杯が行われます。

 

東京競馬場で行われる2500mの重賞は目黒記念とアルゼンチン共和国杯だけです。

 

この2つのレースは関係がありそうですね。

 

今回は、アルゼンチン共和国杯2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

アルゼンチン共和国杯2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

アルゼンチン共和国杯2017の出走予定(特別登録)は17頭。

 

アルゼンチン共和国杯2017の出走可能頭数は18頭なので、登録段階でフルゲート割れが決定しています。

 

例年、好成績を残している4歳馬が不在で、3歳馬が2頭登録しています。

 

ダービー2着馬のスワーヴリチャードとラジオNIKKEI賞1着馬のセダブリランテスですね。

 

今年は秋の重賞レースに3歳馬の出走が目立ちますが、ほとんど連対には至っていませんね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1  アルバート  牡6  58.5kg  石橋脩  堀 宣行
2  カムフィー  牡8  52.0kg  勝浦正樹  池上 昌和
3  カレンミロティック  せん9  57.0kg  池添謙一  平田 修
4  サラトガスピリット  牡5  53.0kg  四位洋文  友道 康夫
5  シホウ  牡6  53.0kg  蛯名正義  笹田 和秀
6  スワーヴリチャード  牡3  56.0kg  四位洋文  庄野 靖志
7  セダブリランテス  牡3  54.0kg  石川裕紀人  手塚 貴久
8  ソールインパクト  牡5  53.0kg  三浦皇成  戸田 博文
9  タッチングスピーチ  牝5  54.0kg  福永祐一  石坂 正
10  デニムアンドルビー  牝7  54.0kg  吉田隼人  角居 勝彦
11  トウシンモンステラ  牡7  53.0kg  小崎綾也  村山 明
12  トルークマクト  牡7  53.0kg  江田照男  尾関 知人
13  ハッピーモーメント  牡7  54.0kg  藤岡康太  角居 勝彦
14  ヒットザターゲット  牡9  57.0kg  小牧太  加藤 敬二
15  プレストウィック  牡6  55.0kg  C.ルメール  武藤 善則
16  マイネルサージュ  牡5  54.0kg  松岡正海  鹿戸 雄一
17  レコンダイト  牡7  55.0kg  北村友一 音無 秀孝

参考 netkeiba

ぞろ目回のアルゼンチン共和国からのサイン

アルゼンチン共和国2017は、第55回の開催となります。

 

では、前回のぞろ目開催となった第44回アルゼンチン共和国の結果はどうだったのでしょう。

 

第44回アルゼンチン共和国は2006年に行われています。

 

2006年アルゼンチン共和国(14頭立て)

1着  トウショウナイト 牡5 57.5㎏ 6枠9番(逆6番)武士沢友治騎手 1人気

前走 京都大賞典5人気3着

前々走 札幌日経オープン(札幌2600m・別定)2人気1着

同年目黒記念8着(17頭立て17枠)

2着 アイポッパー 牡6 58㎏ 3枠4番(逆11番) 横山典弘騎手 2人気

前走 京都大賞典3人気6着

前々走 宝塚記念7人気13着

同年目黒記念2着(ぞろ目)

3着  ドラゴンキャプテン 牡5 51㎏ マル地 4枠6番(逆9番) 石神深一騎手 6人気

前走 1000万下条件戦・本栖湖特別(東京2000m)9人気1着

 

第44回のアルゼンチン共和国2着馬のアイポッパーは、目黒記念の2着馬です。

 

また、1着馬のトウショウナイトは、2500m以上の札幌日経オープンで1着になっていて、目黒記念(17頭立て)でもアイポッパーの平行配置になっていました。

 

今年の目黒記念で1着になったフェイムゲーム、2着になったヴォルシェーブは、アルゼンチン共和国杯2017に登録がありません。

 

しかし、目黒記念で1着同枠のマイネルサージュの登録があります。

目黒記念とアルゼンチン共和国

同じ東京競馬場の2500mで行われる目黒記念とアルゼンチン共和国杯は、ハンデ戦であることも共通しています。

 

この2レースの関係を調べてみました。

 

2014年目黒記念(16頭立て)

1着 マイネルメダリスト 7枠14番(逆3番) 蛯名正義騎手 8人気

同枠 タマモベストプレイ  C.ウィリアムズ騎手 3人気

2着  ラブイズブーシェ 5枠9番(逆8番) 古川吉洋騎手 12人気

同枠 アスカクリチャン  北村宏司騎手 11人気

 

2014年アルゼンチン共和国(18頭立て)

1着 フェイムゲーム 2枠3番(逆16番)北村宏司騎手 2人気

2着 クリールカイザー 5枠9番(逆10番)吉田豊騎手 4人気

 

 

2015年目黒記念(18頭立て)

1着 ヒットザターゲット 1枠1番(逆18番) 小牧太騎手 11人気

2着 レコンダイト 1枠2番(逆17番) M.デムーロ騎手 4人気

 

2015年アルゼンチン共和国杯(18頭立て)

1着 ゴールドアクター 7枠15番(逆4番)吉田隼人騎手 1人気

2着 メイショウカドマツ 7枠14番(逆5番)蛯名正義騎手 4人気

 

2015年は目黒記念・アルゼンチン共和国杯ともぞろ目決着

 

 

2016年目黒記念(18頭立て)

1着 クリプトグラム 7枠15番(逆4番) 福永祐一騎手 3人気

2着  マリアライト 3枠6番(逆13番) 蛯名正義騎手 1人気

 

2016年アルゼンチン共和国杯(15頭立て)

1着  シュヴァルグラン 6枠11番(逆5番) 福永祐一騎手 2人気

2着  アルバート 3枠5番(逆11番) 戸崎圭太騎手 4人気

 

このように、近3年間だけでも関係が深いことがわかります。

 

そして2017年の目黒記念の結果は以下のとおりです

 

2017年目黒記念(18頭立て)

1着 フェイムゲーム 6枠12番(逆7番) ルメール騎手 8人気

2着 ヴォルシェーブ 1枠2番(逆17番) 戸崎圭太騎手騎手 1人気

スポンサーリンク

最後に

目黒記念が指定交流競走になっているのに対し、アルゼンチン共和国杯は特別指定交流競走になっています。

 

この違いが、2つのレースの違いであるなら、連対馬のいずれかに特別指定交流競走の連対歴を求めてくるのではないでしょうか。

 

枠順の発表を待ちましょう。

スポンサーリンク