キタサンブラック、コパノリッキー、イスラボニータ、今年は功労馬に有終の美を飾らせる年だったようです。

 

役目を終えた馬は引退し、種牡馬として新しい仕事が待っています。

 

でも、種牡馬になれる馬も限られています。

 

キタサンブラック、コパノリッキー、イスラボニータは幸せな方なんでしょうね。

 

今回は、阪神カップ2017、有馬記念2017、ホープフルステークス2017の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

阪神カップ2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 2 イスラボニータ  C.ルメール 2
2着 6 12 ダンスディレクター  武豊  7
3着 5 10 サングレーザー  福永祐一 3

 

阪神カップと開催回数が同じキーランドカップで、前年4着のソルヴェイグが2着に入っていたため、阪神カップでは前年4着のダンスディレクターは相手にいれていました。

 

軸に据えたのはキーランドカップ1着馬のせん馬エポワスの同枠モズアスコットでしたが、モズアスコットは4着と馬券圏外に消えました。

 

勝ったのは、引退レースだったイスラボニータ。

 

キタサンブラックが有馬記念を最後に引退することから、3着以内には入ると思いましたが、ここで1着とは驚きました。

 

3着にはマイルチャンピオンシップ3着の3歳馬サングレーザー。

 

来年への布石でしょうか。

有馬記念2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 2 キタサンブラック 武豊  1
2着 2 3 クイーンズリング C.ルメール  8
3着 5 10 シュヴァルグラン H.ボウマン  3

 

キタサンブラックとサトノクラウン、迷った末にサトノクラウンを軸にして大失敗。

 

今年、キタサンブラックにG2歴がないことが釈然とせずに、サトノクラウンを選びましたが、10Rから11Rへの変更の理由はこれだったと思います。

 

2着に入ったクイーンズリングは今年の成績から考えたら買えない馬。

 

しかし、せん馬のカレンミロティックの出走に意味がありました。

 

阪神カップ2017ではせん馬のエポワスが出走、中山大障害ではせん馬のユウキビバワンダーが出走していました。

 

阪神カップ2017ではエポワスを起点に5番目のダンスディレクターが2着に、中山大障害ではユウキビバワンダーを起点に5番目のアップトゥデイトが2着になっていました。

 

有馬記念2017でもカレンミロティックを起点に5番目のクイーンズリングが2着になっています。

 

結局、騎手だけを考えれば、昨年と同じ組み合わせでしたね。

 

3着は阪神カップ2017と同じ10番のシュヴァルグラン。

 

連対はできなくても、しっかりと3着を確保しているのは見事です。

ホープフルステークス2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 4 7 タイムフライヤー C.デムーロ 1
2着 8 15 ジャンダルム 武豊 4
3着 7 13 ステイフーリッシュ 中谷雄太 8

 

ホープフルステークス2017が行われた12月28日に行われていたヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド。

 

当然、ホープフルステークス2017に出走している騎手はヤングジョッキーズシリーズには出ませんが、ホープフルステークス2017に騎乗していた騎手の中で、横山和生騎手に次いで、2番目に若いC.デムーロ騎手が1着騎手となっています。

 

また、同じ2歳G1レースの朝日杯フューチュリティステークスで1着となったダノンプレミアムの同枠フロンティアは、朝日杯フューチュリティステークスのステップレースのデイリー杯2歳ステークスで1人気を取っていた馬でした。

 

朝日杯フューチュリティステークスでも、デイリー杯2歳ステークス1着馬は不在でしたが、しっかりとフロンティアは役目を果たしていたことになります。

 

そして、ホープフルステークス2017でも、 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス1人気のタイムフライヤーは、しっかりと1着になっています。

 

2着に入ったジャンダルムは距離不安から4人気に甘んじていた馬でした。

 

私もジャンダルムは ナスノシンフォニーのサポート馬だと思っていましたが、直接連対されてしまいました。

 

やはり、武豊騎手騎乗とマル外ということが大きかったと思います。

 

3着は1勝馬のステイフーリッシュ。

 

鞍上が不安と思われ、8人気の低評価でしたが、むしろ、直線では、この馬は伸びていました。

 

この馬は期待できそうです。

スポンサーリンク

最後に

拙い私のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

来年は、もう少し役に立つような記事を書いていければと感じています。

 

よいお年をお迎えください。

スポンサーリンク