有馬記念2017の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

有馬記念2017のG1ヘッドラインは、「時代の象徴、感動の祭典。」

 

今年は短いG1ヘッドラインが多いですが、有馬記念2017のG1ヘッドラインも短いですね。

 

今回はG1ヘッドラインを中心に有馬記念2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

有馬記念2017の出馬表

出典 JRA

 

有馬記念2017は16頭が登録して、全頭出走となりました。

 

キタサンブラックは1枠2番、サトノクラウンは6枠12番、シュヴァルグランは5枠10番、スワーヴリチャードは7枠14番に配置されました。

1枠 1番 ヤマカツエース 牡5 57.0kg 池添 謙一 池添 兼雄
2番 キタサンブラック 牡5 57.0kg 武 豊 清水 久詞
2枠 3番 クイーンズリング 牝5 55.0kg C.ルメール 吉村 圭司
4番 ブレスジャーニー 牡3 55.0kg 三浦 皇成 佐々木 晶三
3枠 5番 トーセンビクトリー 牝5 55.0kg 田辺 裕信 角居 勝彦
6番 サトノクロニクル 牡3 55.0kg 戸崎圭太 池江 泰寿
4枠 7番 シャケトラ 牡4 57.0kg 福永 祐一 角居 勝彦
8番 レインボーライン 牡4 57.0kg 岩田 康誠 浅見 秀一
5枠 9番 サクラアンプルール 牡6 57.0kg 蛯名 正義 金成 貴史
10番 シュヴァルグラン 牡5 57.0kg H.ボウマン 友道 康夫
6枠 11番 ルージュバック 牝5 55.0kg 北村 宏司 大竹 正博
12番 サトノクラウン 牡5 57.0kg R.ムーア 堀 宣行
7枠 13番 ミッキークイーン 牝5 55.0kg 浜中 俊 池江 泰寿
14番 スワーヴリチャード 牡3 55.0kg M.デムーロ 庄野 靖志
8枠 15番 カレンミロティック せん9 57.0kg 川田 将雅 平田 修
16番 サウンズオブアース 牡6 57.0kg C.デムーロ 藤岡 健一

出走馬情報からのサイン

出走馬情報にはキタサンブラック、シュヴァルグラン、サトノクラウン、スワーヴリチャード、ミッキークイーン、ルージュバック、レインボーライン、サクラアンプルールの8頭が載っていました。

 

この8頭の中から1着馬が出そうですね

過去の有馬記念のG1ヘッドラインからのサイン

有馬記念2017のG1ヘッドラインは、「時代の象徴、感動の祭典。」ですが、過去の有馬記念のG1ヘッドラインで有馬記念2017と同じフレーズが使われていたでしょうか。

 

2016年有馬記念のG1ヘッドライン

時代を映す夢の祭典、超越した才能が永遠の感動を生む。

 

2015年有馬記念のG1ヘッドライン

遡る歴史に輝くそれぞれの夢、記念すべき祭典を笑顔で締める。

 

2014年有馬記念のG1ヘッドライン

感謝を込めて送る声援、信じ続けた想いに夢はかなう。

 

2013年有馬記念のG1ヘッドライン

至上の夢を知る終幕、自身の矜持と共に想いを遂げる。

 

2012年有馬記念のG1ヘッドライン

誇るべき勇者が集う祭典、時代を象徴する夢が描かれる。

 

2011年有馬記念のG1ヘッドライン

特別な一年を想う神聖な心、夢を楽しめる瞬間は永遠であれ。

 

2016年から2011年までさかのぼりましたが、一番近いのは2012年でしょうか。

 

「時代」「象徴」「祭典」と有馬記念2017のG1ヘッドラインと同じ言葉が並んでいます。

 

2012年の有馬記念は3歳馬のゴールドシップが優勝した年ですね。

 

ゴールドシップは1人気でしたので、1人気が予想されるキタサンブラックは気になります。

 

また、有馬記念2017のG1ヘッドラインで使われている「感動」を有馬記念以外のG1ヘッドラインで探してみると、2011年ジャパンカップのG1ヘッドライン「最高の興奮と感動、日本から世界へ届ける夢がある。」と2014年天皇賞(秋)のG1ヘッドライン「研ぎ澄ます渾身の瞬間、強さで感動を生む王者がいる。」で使われています。

 

2011年ジャパンカップはブエナビスタが、2014年はスピルバーグが勝っています。

 

2011年ジャパンカップは前年のジャパンカップで降着したブエナビスタが1着になったレース、2014年天皇賞秋はスピルバーグがG1で初勝利した時のレースで、両馬とも5歳馬でした。

有馬記念2017は初の11レース

今年の有馬記念は11レースに 行われるそうです。

 

過去に有馬記念が11レースで行われたことはありません。

 

初めてのケースになります。

 

そこで、有馬記念と同じファン投票が行われる宝塚記念を考えてみました。

 

宝塚記念が10レースから11レースに変わった年は1998年と2011年。

 

流れをみるため、前年も見てみます。

 

1997年宝塚記念(12頭立て)

1着 マーベラスサンデー 6枠8番(逆5番)武豊騎手 1人気

2着 バブルガムフェロー 5枠6番(逆7番)蛯名正義騎手 3人気

3着 ダンスパートナー 5枠5番(逆8番)河内洋騎手 4人気

 

1998年宝塚記念(13頭立て)

1着 サイレンススズカ 8枠13番(逆1番)南井克巳騎手 1人気

2着 ステイゴールド  4枠4番(逆10番)熊沢重文騎手 9人気

3着 エアグルーヴ 4枠5番(逆9番)武豊騎手 3人気

 

 

2010年宝塚記念(18頭立て・取消戦)

1着 ナカヤマフェスタ 8枠17番(逆2番) 柴田善臣騎手 8人気

2着 ブエナビスタ 4枠8番(逆11番)横山典弘騎手 1人気

3着 アーネストリー 1枠2番(逆17番)佐藤哲三騎手 3人気

 

2011年宝塚記念(16頭立て)

1着 アーネストリー 1枠2番(逆15番)佐藤哲三騎手 6人気

2着 ブエナビスタ 4枠8番(逆9番)岩田康誠騎手 1人気

3着 エイシンフラッシュ 2枠4番(逆13番)安藤勝己騎手 3人気

 

1999年は前年1着騎手だった武豊騎手が3着騎手になり、2011年は前年3着だったアーネストリーが1着、騎手を考えれば、前年3着騎手だった佐藤哲三騎手が1着騎手に変わっています、

 

また、1997年の宝塚記念はワイドぞろ目でしたが、2016年の有馬記念もワイドぞろ目で決着しています。

スポンサーリンク

最後に

有馬記念2017のG1ヘッドラインを見ると、いかにもキタサンブラックが優勝するかのようなコピーとなっています。

 

でも、キタサンブラックの今年の戦歴が気になります。

 

3着内には入ってくるとは思いますが、G1のみを重ねた戦歴が怖いと感じています。

スポンサーリンク