阪神カップではラストランのイスラボニータが勝ちました。

 

中山大障害では単勝1.1倍のオジュウチョウサンが勝っています。

 

いかにも、有馬記念2017はキタサンブラックが勝つ流れです。

 

今回はグランプリ有馬記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには2004年有馬記念に優勝したゼンノロブロイの記事が載っていました。

 

ゼンノロブロイは1人気1番の馬番でペリエ騎手騎乗で勝っています。

1月6日に開催される金杯からのサイン

来年、 日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯は、1月6日に行われることになっています。

 

通常の年は1月5日に行われる金杯が1月6日に行われるわけです。

 

日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯が1月6日に行われたのは2007年です。

 

ということで、前年の2006年の有馬記念を見てみます。

 

2006年の有馬記念は有馬記念2017と同じクリスマスイブとなる12月24日開催でした。

 

2006年有馬記念(14頭立て)

1着 ディープインパクト 牡4 3枠4番(逆11番)武豊騎手 1人気

前走 ジャパンカップ1人気1着

前々走 凱旋門賞 失格

2006年天皇賞春・宝塚記念・ジャパンカップ優勝馬

2005年有馬記念1人気2着

同枠 ドリームパスポート 牡3 内田博幸騎手 2人気

前走 ジャパンカップ5人気2着

前々走 菊花賞2人気2着

2着 ポップロック 牡5 1枠1番(逆14番)ペリエ騎手 6人気

前走 メルボルンカップ2着

前々走 コーフィールドカップ7着

3着 ダイワメジャー   牡5 4枠5番(逆10番)安藤勝己騎手 3人気

前走 マイルチャンピオンシップ1人気1着

前々走 天皇賞秋4人気1着

同枠 スイープトウショウ 牝5 池添謙一騎手 5人気

前走 エリザベス女王杯2人気2着

前々走 天皇賞秋4人気5着

 

2006年有馬記念で1着となったディープインパクトは有馬記念制覇で2006年G1は4勝目。

 

また、ディープインパクトは有馬記念がラストランでしたので、キタサンブラックは似ています。

 

ただし、ディープインパクトは2006年G1の他にG2の阪神大賞典を走り、1着になっています。

 

ここが、キタサンブラックとディープインパクトの違いです。

 

2着となったポップロックは2006年1000万下条件戦の白川特別(京都2400m)を勝った後に、目黒記念をぞろ目で勝ち、海外のメルボルンカップを2着してきた馬。

 

ポップロックに近い馬といえばスワーヴリチャードになるのでしょうか。

 

2500mのアルゼンチン共和国杯1着、日本ダービー2着の実績はポップロックに似ています。

 

しかし、ポップロックは条件戦を経てきた馬ですが、スワーヴリチャードは条件戦への出走歴すらない馬です。

中山G1からのサイン

中山で行われるG1は皐月賞、スプリンターズステークス、有馬記念、そして今年からG1化されたホープフルステークス。

 

2017年皐月賞(18頭立て)

1着 アルアイン 6枠11番(逆8番)松山弘平騎手 9人気

同枠 アメリカズカップ 松若風馬騎手 15人気

2着 ペルシアンナイト 4枠7番(逆12番)M.デムーロ騎手 4人気

同枠 ファンディーナ 岩田康誠騎手 1人気

 

2017年スプリンターズステークス(16頭立て)

1着 レッドファルクス 4枠8番(逆9番)M.デムーロ騎手 1人気

同枠 ダイアナヘイロー 武豊騎手 4人気

2着 レッツゴードンキ 1枠2番(逆16番)岩田康誠騎手 5人気

同枠 スノードラゴン 大野拓弥騎手 最下位人気

 

皐月賞とスプリンターズステークスを見ると、正逆8番が1着となっています。

 

また、M.デムーロ騎手が両レースで連対しています。

 

そして、1人気の枠が連対、岩田騎手の枠が連対しています。

スポンサーリンク

有馬記念2017の予想の結論

サインで考えれば、キタサンブラックに流れは傾いています。

 

有馬記念が9Rから10Rに変わった2008年の覇者はダイワスカーレット。

 

前年の有馬記念2着馬でした。

 

でも、ダイワスカーレットは産経大阪杯1着というG2での1着歴がありました。

 

今年のキタサンブラックにG2歴がないので、この馬を軸にすることはできません。

 

軸はサトノクラウンにします。

 

相手はルージュバック、サトノクロニクル、サクラアンプルール、ヤマカツエース、ブレスジャーニーにします。

 

抑えに、キタサンブラックとサクラアンプルール。

スポンサーリンク