NHKマイルカップの前哨戦となったアーリントンカップですが、このレースで3着までに入ると、NHKマイルカップの優先出走権がもらえます。

 

前年まで特別指定交流競走の別定戦で行われていたアーリントンカップが、指定交流競走の馬齢戦に変わったことですが、明らかに斤量で得しているのはタワーオブロンドンです。

 

前年までの設定なら1㎏増ですもんね。

 

今回は、アーリントンカップ2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

アーリントンカップ2018の出馬表

出典 JRA

 

アーリントンカップ2018には15頭が登録し、アドマイヤアルバとニシノベースマンが回避し、13頭立てとなっています。

 

地方馬のリュウノユキナは共同通信杯に出走した時は斉藤敏厩舎でしたが、転厩したのでしょうか?

1枠 1番 パクスアメリカーナ 牡3 56.0kg 川田 将雅 中内田 充正
2枠 2番 インディチャンプ 牡3 56.0kg 岩田 康誠 音無 秀孝
3枠 3番 リュウノユキナ 牡3 56.0kg 五十嵐 冬樹 川島 洋人
4枠 4番 ラブカンプー 牝3 54.0kg 松山 弘平 森田 直行
5番 ピースユニヴァース 牡3 56.0kg 武 豊 尾形 和幸
5枠 6番 タワーオブロンドン 牡3 56.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
7番 アリア 牝3 54.0kg 幸 英明 沖 芳夫
6枠 8番 イルルーメ 牡3 56.0kg 松田 大作 高市 圭二
9番 ウォーターパルフェ 牡3 56.0kg 酒井 学 田所 秀孝
7枠 10番 エアアルマス 牡3 56.0kg 福永 祐一 池添 学
11番 レッドヴェイロン 牡3 56.0kg M.デムーロ 石坂 正
8枠 12番 ラセット 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 庄野 靖志
13番 ダノンスマッシュ 牡3 56.0kg 北村 友一 安田 隆行

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報にはインディチャンプ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ラセット、レッドヴェイロン、パクスアメリカーナ、ピースユニヴァースの7頭の記載がありました。

 

この7頭の中に優勝馬がいそうですね。

連覇騎手からのサイン

アーリントンカップは2016年・2017年とデムーロ騎手が連覇しています。

 

過去のアーリントンカップを調べると、2001年・2002年の武豊騎手、2004年・2005年の武豊騎手が連覇を達成しています。

 

では、その翌年のアーリントンカップの結果はどうだったのでしょうか?

 

2003年アーリントンカップ(16頭立て)

1着 ウインクリューガー 2枠4番(逆13番)武幸四郎騎手 7人気

前走 3歳500万下条件戦・平場(京都ダート1400m)2人気1着

前々走 3歳500万下条件戦・こぶし賞(京都1600m)1人気11着(1着平行)

2着 エコルプレイス マル外 1枠2番(逆15番)M.デムーロ騎手 4人気

前走 バイオレットステークス(京都ダート1400m)3人気1着

前々走 3歳500万下条件戦・平場(京都ダート1400m)1人気1着

3着 ニシノシタン 6枠11番(逆6番)吉田豊騎手 5人気

前走 ジュニアカップ(中山1600m)7人気1着

前々走 クリスマスローズステークス(中山1200m)2人気5着

7着 ゴールデンキャスト 7枠13番(逆4番)武豊騎手 1人気

前走 ききょうステークス(阪神1400m)1人気1着

前々走 2歳未勝利戦(小倉1200m)1人気1着

 

2006年アーリントンカップ(15頭立て)

1着 ステキシンスケクン マル外 5枠9番(逆7番)ペリエ騎手 3人気

前走 クロッカスステークス(東京1400m)2人気2着

前々走 クリスマスローズステークス(中山1200m)1人気2着

2着 ロジック 4枠6番(逆10番)武豊騎手 5人気

前走 日刊スポーツ賞シンザン記念(京都1600m)2人気3着

前々走 さざんかステークス(阪神1400m)2人気2着

3着 アマノトレンディー 3枠4番(逆12番)秋山真一郎騎手 6人気

前走 3歳500万下条件戦・白梅賞(京都1600m)5人気1着

前々走 ラジオたんぱ杯2歳ステークス(阪神2000m)11人気6着

 

2003年アーリントンカップは、前年優勝騎手である武豊騎手の対角馬が優勝し、2006年アーリントンカップは、前年優勝騎手である武豊騎手が2着に入っています。

 

また、1着馬は前走が1400mで連対していた馬でした。

 

前年優勝騎手であるデムーロ騎手の騎乗馬及び筋に配置された馬には注意が必要でしょう。

スポンサーリンク

アーリントンカップ2018の予想の結論

地方馬が出走したG1の馬齢前哨戦は報知杯フィリーズレビューとフジテレビ賞スプリングステークスです。

 

報知杯フィリーズレビューでは地方馬を起点としてマイナス3のリバティハイツが1着。

 

フジテレビ賞スプリングステークスでは地方馬を起点としてプラス3のステルヴィオが1着。

 

この流れで考えれば、アーリントンカップ2018では、地方馬のリュウノユキナが3枠3番配置になっているので、リュウノユキナを起点にマイナス3のパクスアメリカーナかプラス3のピースユニヴァースが連対することになります。

 

そこでピースユニヴァースを軸にします。

 

相手はデムーロ騎手騎乗のレッドヴェイロンと同枠のエアアルマス、そしてタワーオブロンドンにしてみます。

 

抑えにインディチャンプからタワーオブロンドン。

スポンサーリンク