今年で第6回を迎えるアルテミスステークスは、阪神ジュベナイルフィリーズのステップレースです。

 

また、地方馬はアルテミスステークスで2着以内に入れば、阪神ジュベナイルフィリーズへの優先出走権を得られることになっています。

 

そんなアルテミスステークスに、今年は地方馬のミスマンマミーアが出走を予定しています。

 

今回はアルテミスステークス2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

アルテミスステークス2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

アルテミスステークス2017の出走予定(特別登録)には地方馬のミスマンマミーアを加え、16頭が登録してきました。

 

アルテミスステークス2017の出走可能頭数は18頭なので、登録段階でフルゲート割れとなっています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アリア 牝2 54.0kg  丸山元気 沖 芳夫
2 ウラヌスチャーム 牝2 54.0kg  戸崎圭太 斎藤 誠
3 グランドピルエット 牝2 54.0kg  田辺裕信 田村 康仁
4 サヤカチャン 牝2 54.0kg  松岡正海 田所 秀孝
5 シスターフラッグ 牝2 54.0kg 西村 真幸
6 シンデレラメイク 牝2 54.0kg  中谷雄太 鮫島 一歩
7 スカーレットカラー 牝2 54.0kg  太宰啓介 高橋 亮
8 タイドオーバー 牝2 54.0kg  柴田大知 勢司 和浩
9 ダノングレース 牝2 54.0kg  蛯名正義 国枝 栄
10 トロワゼトワル 牝2 54.0kg  福永祐一 安田 隆行
11 トーセンブレス 牝2 54.0kg  C.ルメール 加藤 征弘
12 ハイヒール 牝2 54.0kg  内田博幸 清水 久詞
13 パッセ 牝2 54.0kg 蛯名 利弘
14 ラッキーライラック 牝2 54.0kg  石橋脩 松永 幹夫
15 ラテュロス 牝2 54.0kg  秋山真一郎 高野 友和
16 ミスマンマミーア 牝2 54.0kg  宮崎光行 松本 隆宏

参考 netkeiba

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、ウラヌスチャーム、ミスマンマミーア、トーセンブレス、シスターフラッグ、ダノングレース、アリア、ラッキーライラック、グランドピルエットの8頭の記載がありました。

 

この8頭のうち、少なくとも1頭は連対しそうですね。

地方馬が出走したアルテミスステークスの年は?

アルテミスステークスは、2012年から始まった牝馬限定のレースです。

 

過去5年で地方馬が出走したのは、2014年の第3回のみです。

 

2014年のアルテミスステークスは、9人気のココロノアイという馬が1着になっています。

 

2014年アルテミスステークス(18頭立て・除外戦)

1着 ココロノアイ 8枠16番(逆3番)  横山典弘騎手 9人気

前走 2歳未勝利戦(新潟1600m・土曜日開催))1人気1着

前々走 新馬戦(福島1800m)1人気2着

同枠  スマートプラネット  田辺裕信騎手 7人気

前走 500万下条件戦・サフラン賞(新潟1400m)1人気1着

同枠 テンダリーヴォイス  北村宏司騎手 8人気

前走 500万下条件戦・アスター賞(新潟1600m)1人気2着

2着  レッツゴードンキ 2枠3番(逆16番) 岩田康誠騎手 1人気

前走 札幌2歳ステークス(札幌1800m・土曜日開催))7人気3着

前々走 新馬戦(混合・札幌1800m)3人気1着

同枠  ナイアガラモンロー 柴田善臣騎手

前走 500万下条件戦・サフラン賞(新潟1400m)3人気6着

3着 トーセンラーク 5枠9番(逆10番) 吉田隼人騎手 11人気

前走 クローバー賞(札幌1500m)1人気1着

前々走 函館2歳ステークス(函館1200m)12人気4着

同枠  ロゾヴァドリナ  地方馬 石崎駿騎手 15人気

前走  ジュニアグランプリ(盛岡 芝1600m)3人気2着

 

1着となったココロノアイの前走は18頭立ての新潟1600mの未勝利戦でした。

 

2着となったレッツゴードンキは新馬勝ちの後、重賞の札幌2歳ステークスに出走し3着ですね。

 

1着が未勝利勝ちに対し、2着が新馬勝ちとなっていますね。

 

1着同枠のスマートプラネットは、アルテミスステークスの前走まで東京・新潟と左回りの1400mを走っていた馬で、前々走、前走で新潟で1人気1着を重ねていた馬でした。

 

また、同じく1着同枠のテンダリーヴォイスは、アルテミスステークスの前走まで東京・新潟と左回りの1600mを走り、前々走で1人気1着、前走で1人気2着になっていた馬でした。

 

地方馬は3着同枠でしたが、2着馬の騎乗騎手が元地方騎手の岩田騎手というのが意味ありそうです。

スポンサーリンク

最後に

唯一の地方馬であるミスマンマミーアは、中央競馬のコスモス賞と札幌2歳ステークスに出走し、コスモス賞で2着、札幌2歳ステークスで7着ながら、1着対角に配置されていました。

 

この馬の同枠、対角、平行配置の馬には注意が必要でしょう。

スポンサーリンク