馬券の種類は10種類

あなたは、競馬って当たらないと思っていませんか?

 

当たっても、儲からないと考えていませんか?

 

初心者の方でも、馬券を絞ることで利益を出すことは可能です。

 

競馬の馬券の種類は、10種類。

 

それでは、現在JRAで販売されている馬券の種類を紹介しましょう。

スポンサーリンク

単勝(たんしょう)

1着の馬を当てる馬券です。

 

馬番号で指定します。

 

簡単のようで、案外むずかしい馬券です。

複勝(ふくしょう)

3着以内に入る馬を当てる馬券です。

 

出走する馬が5頭以上のときに発売し、7頭以内の場合は2着までが的中となります。

 

比較的当てやすいですが、配当は低いです。

 

競馬を投資として考えるならば、この券種が一番無難です。

応援馬券(おうえんばけん)(単+複)

あなたが好きな馬がレースに出走したときに、文字通り応援する馬券です。

 

1頭の馬の単勝と複勝がセットになった記念馬券ですね。

 

「がんばれ」の文字が馬券に印字されています。

 

電話・インターネットでは購入できません。

枠連(わくれん)

1着と2着になる馬が入った枠番号の組み合わせを当てる馬券です。

 

1着と2着の着順は関係ありません。

 

出走する馬が9頭以上の場合に発売されます。

スポンサーリンク

馬連(うまれん)

1着と2着になる馬の馬番号を当てる馬券です。

 

1着と2着の着順は関係ありません。

 

出走する馬が3頭以上の場合に発売されます。

馬単(うまたん)

1着と2着になる馬の馬番号を当てる馬券ですが、1着と2着の着順を当てなければいけないため、馬連と比べ難易度が上がります。

 

出走する馬が3頭以上の場合に発売されます。

ワイド

3着以内に入る馬のうち2頭を馬番号で当てる馬券です。

 

人気がない馬が3着に飛び込むケースもありますので、そこそこ配当がつくということも考えられます。

 

このワイドは初心者の方におすすめです。

3連複(さんれんぷく)

3着以内に入る馬すべてを当てなければいけませんが、1着と2着と3着の着順は関係ありません。

 

出走する馬が4頭以上のときに発売されます。

3連単(さんれんたん)

3着以内に入る馬すべてを当てるだけでなく、1着・2着・3着の着順通りに当てなければいけないため、難易度が非常に高い馬券です。

 

出走する馬が4頭以上のときに発売されます。

WIN5(ういんふぁいぶ)

JRAが指定する5レースすべての1着馬を当てる馬券です。

 

インターネット投票のみで扱っていますが、自分で予想するだけでなく、コンピューターにお任せするという選択肢もあります。

以上の10種類の券種がJRAで販売されています。

 

初心者の方におすすめな券種はワイドと複勝です。

 

複勝は配当があまりつきませんが、着実にお金を増やせる券種です。

 

また、ワイドは配当面でも妙味があるため、初心者だけでなく中級者以上でも戦略の1つとして考えてもおもしろいと思います。

馬券の購入は2種類

馬券の購入方法は大きく分けて2つに分かれます。

競馬場・エクセル・ウインズで購入

開催されている競馬場やエクセル・ウインズで馬券を購入することができます。

 

開催されている競馬場の入場料は、東京・中山・中京・京都・阪神競馬場で200円、札幌・函館・福島・新潟・小倉競馬場が100円となっています。

 

また、15歳未満は入場料が必要ありませんし、開催中の競馬場では各種イベントを実施しているので、家族で行くのも有りでしょう。

 

そして、開催されていない競馬場(パークウインズ)では、入場料がかかりません。

電話・インターネットで購入

A-PAT

JRA指定の銀行にA-PAT専用の口座を新規に開設し利用するJRA投票サービスです。

 

パソコン・スマートフォン・携帯電話・プッシュホン電話で馬券を購入することができます。

 

申し込んでから開通するまで1ヶ月から2ヶ月かかるといわれており、競馬開催日と翌日はロックがかかり、入出金できなくなります。

 

ただし、手数料はかかりますが、ペイジー入金は可能です。

 

JRA指定銀行

以下は口座開設手数料不要で郵送で対応してもらえます。

・みずほ銀行

・三菱東京UFJ銀行

・三井住友銀行

・りそな銀行

・東邦銀行

 

以下は口座開設手数料(1000円+税)がかかり、店頭対応となります。

※福岡銀行の口座開設手数料(700円+税)です。

・第四銀行

・広島銀行

・福岡銀行

・北洋銀行

即PAT

以下の銀行に口座があれば、即日登録が可能なJRAインターネット投票サービスです。

・ジャパンネット銀行

・楽天銀行

・三井住友銀行(SMBCダイレクト)

・三菱東京UFJ銀行

・住信SBIネット銀行

・ゆうちょ銀行

 

パソコン・スマートフォン・携帯電話から投票することができます。

 

便利な即PATですが、デメリットは1日に3回以上入金すると3回目から1回15円の手数料が発生します。

 

こちらも手数料はかかりますが、ペイジー入金は可能です。

JRAダイレクト

JRA指定のクレジットカードを持っていれば、パソコンから登録して馬券を購入できるJRAインターネット投票サービスです。

 

JRA指定のクレジットカード

・JCBカード

・三井住友カード

・UCカード

・MUFGカード(UCカード含む)

・DCカード

・NICOSカード(JAカード含む)

・楽天カード

 

ただし、以下の場合は登録できないようです。

・各カード会社のインターネットサービスに登録できない場合

・利用する方が未成年の場合

・「家族カード」や「法人カード」「一部の提携カード」等の場合

・「クレジットカードの名義」と「クレジットカードのご利用代金お支払い口座(=払戻金の振込先金融機関口座)の名義」が一致していないカード等

スポンサーリンク

また、システム利用料として1回あたり100円(税込)、購入回数は1日3回、1回あたりの最低購入金額1000円、1ヶ月の利用限度が50000円までと利用制限もあるので、使いづらいですね。

 

総合的に見ると、即PATが使いやすいようですね。