サマースプリントシリーズ第2弾となるCBC賞。

 

昨年は、フルゲート割れの13頭の出走でしたが、今年はフルゲートぎりぎりの18頭が登録してきました。

 

昨年は1頭もいなかった3歳馬がアリンナ、タイムトリップ、メイソンジュニアと3頭登録してきたのが気になります。

スポンサーリンク

CBC賞2017の出走予定馬(特別登録)

出典 JRA

 

昨年のCBC賞はレッドファルクスが勝ちましたが、その後、レッドファルクスはスプリンターズステークスを制しています。

 

今年も、昨年の1着馬レッドファルクスのような馬が現れるのでしょうか?

 

また、CBC賞2017の出走予定馬を見ると、昨年の出馬表にはいなかった高松宮記念敗退馬のメラグラーナとラインスピリット、NHKマイルカップ敗退馬のタイムトリップの名前があります。

 

人気を集めるのはメラグラーナやシャイニングレイあたりでしょうか。

 

馬 名 斤量 性齢 想定騎手 調教師
1  アクティブミノル  56.0kg  牡5  酒井学  北出 成人
2  アリンナ  50.0kg  牝3  高倉稜  松元 茂樹
3  アルティマブラッド  53.0kg  牝5  福永祐一  音無 秀孝
4  マル外 エイシンスパルタン  56.0kg  牡6  藤岡佑介  藤岡 健一
5  マル地オウノミチ  54.0kg  牡6  佐々木 晶三
6  オメガヴェンデッタ  56.0kg  せん6  安田 隆行
7  シャイニングレイ  56.0kg  牡5  北村友一  高野 友和
8  スノードラゴン  58.0kg  牡9  大野拓弥  高木 登
9  セカンドテーブル  56.0kg  牡5  水口優也  崎山 博樹
10  タイムトリップ  52.0kg  牡3  幸英明  菊川 正達
11  ティーハーフ  57.0kg  牡7  国分優作  西浦 勝一
12  トウショウドラフタ  56.0kg  牡4  横山典弘  萱野 浩二
13  トーセンデューク  55.0kg  牡6  武豊  藤原 英昭
14  ナリタスターワン  55.0kg  牡5 和田竜二  高橋 亮
15  メイソンジュニア  53.0kg  牡3  菱田裕二  渡辺 薫彦
16  マル外 メラグラーナ  55.0kg  牝5  戸崎圭太  池添 学
17  ラインスピリット  56.0kg  牡6  森一馬  松永 昌博
18  ラヴァーズポイント  52.0kg  牝7  川須栄彦  高橋 康之

参考 netkeiba

 

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報に載っていたのは、シャイニングレイ、メラグラーナ、ティーハーフ、スノードラゴン、メイソンジュニア、アリンナ、トウショウドラフタ、エイシンスパルタンの8頭。

 

この8頭の中に、少なくとも1頭は連対する馬がいそうです。

CBC賞2017の表彰式プレゼンターからのサイン

出典 JRA

 

CBC賞2017の表彰式プレゼンターは、アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーの大川藍さんが務めるそうです。

 

大川藍さんは、1993年7月17日生まれのファッションモデル、タレント、グラビアアイドル。

 

兵庫県尼崎出身でレプロエンタテインメントに所属しています。

 

2012年に「JJ」の専属モデルとしてデビューし、デビュー2ヶ月で表紙を飾り、話題となったそうです。

 

2015年に「アイドリング!!!」を卒業し、現在は日本テレビ「Goiong Sports & News」にお天気キャスターとして出演しています。

 

大川藍さんの誕生日である7月17日生まれの調教師は伊藤伸一氏がいますが、CBC賞2017の出走予定馬の調教師に名前はありません。

 

女性のプレゼンターということは牝馬でしょうか。

 

牝馬を見てみると、アリンナ、アルティマブラッド、メラグラーナ、ラヴァーズポイントと4頭います。

 

昨年いなかった3歳馬のアリンナ、そしてハンデ戦であることから高松宮記念敗退馬の救済でメラグラーナあたりが候補になります。

スポンサーリンク

最後に

ニュージーランドトロフィーで2着となり、NHKマイルカップの優先出走権を取りながら、NHKマイルカップに出走しなかったメイソンジュニアがCBC賞2017の出走予定馬にいます。

 

また、今年からG1化されるホープフルステークスの2014年の覇者であるシャイニングレイもCBC賞2017の出走予定馬に名を連ねています。

 

彼らが、CBC賞2017でどんな馬と同枠になるのか楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク