サマースプリント第2戦となるCBC賞ですが、今年は第54回の閉幕戦となります。

 

昨年は、2人気のシャイニングレイが1着、13人気のセカンドテーブルが2着、8人気のアクティブミノルが3着に入り、荒れた結果となっています。

 

今回のCBC賞はどうなるのでしょうか?

 

今回はCBC賞2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

CBC賞2018の出馬表

出典 JRA

 

CBC賞2018には18頭が登録し、18頭全頭が出走してきました。

 

現在のところ、1人気はダイメイフジ、2人気はペイシャフェリシタ、3人気はアサクサゲンキとなっています。

1枠 1番 トーキングドラム 牡8 55.0kg 松若 風馬 斎藤 誠
2番 トウショウピスト 牡6 56.0kg 幸 英明 角田 晃一
2枠 3番 レーヴムーン 牡5 53.0kg 荻野 極 藤岡 健一
4番 コウエイタケル 牡7 54.0kg 小牧 太 山内 研二
3枠 5番 グレイトチャーター 牡6 54.0kg 鮫島 克駿 鮫島 一歩
6番 アクティブミノル 牡6 56.0kg 福永 祐一 北出 成人
4枠 7番 ダイメイプリンセス 牝5 54.0kg 秋山 真一郎 森田 直行
8番 アレスバローズ 牡6 54.0kg 川田 将雅 角田 晃一
5枠 9番 セカンドテーブル 牡6 56.0kg 水口 優也 崎山 博樹
10番 ナガラフラワー 牝6 52.0kg 高倉 稜 高橋 亮
6枠 11番 スノードラゴン 牡10 58.0kg 和田 竜二 高木 登
12番 ダイメイフジ 牡4 56.0kg M.デムーロ 森田 直行
7枠 13番 ナリタスターワン 牡6 55.0kg 太宰 啓介 高橋 亮
14番 フミノムーン 牡6 55.0kg 国分 優作 西浦 勝一
15番 ワンスインナムーン 牝5 54.0kg 浜中 俊 斎藤 誠
8枠 16番 ペイシャフェリシタ 牝5 54.0kg 三浦 皇成 高木 登
17番 トシザキミ 牝7 48.0kg 畑端 省吾 鮫島 一歩
18番 アサクサゲンキ 牡3 53.0kg 武 豊 音無 秀孝

2007年CBC賞からのサイン

CBC賞2018は第54回の閉幕戦として開催されます。

 

では、前回の第43回に当たる2007年CBC賞の結果はどうだったのでしょうか?

 

2007年CBC賞(18頭立て)

1着 ブラックバースピン マル外 牡4 55㎏ 3枠5番(逆14番)四位洋文騎手 10人気

前走 京王杯スプリングカップ(東京1400m)8人気12着

前々走 東京新聞杯(東京1600m)3人気12着

4走前 キャピタルステークス(東京1600m・別定)2人気2着

2着 ナカヤマパラダイス 牡4 54㎏ 6枠11番(逆8番)木幡初広騎手 7人気

前走 1600万下条件戦・駿風ステークス(新潟1000m)2人気1着(ゾロ目)

前々走 1000万下条件戦・平場(中山ダート1200m)3人気1着

3着 アグネスラズベリ マル地 牝6 54㎏ 3枠6番(逆13番)角田晃一騎手 8人気

前走 ヴィクトリアマイル(東京1600m)11人気11着

前々走 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(阪神1400m・別定)3人気2着

2006年CBC賞(中京1200m)1人気8着

 

2007年CBC賞で1着になったのは、前年のCBC賞で1人気だったアグネスラズベリの同枠馬のブラックバースピン。

 

2着は、条件戦を勝ってきたナカヤマパラダイスでした。

 

2017年のCBC賞で1人気だったのはメラグラーナですが、CBC賞2018に出走していません。

 

ただし、2017年のCBC賞でメラグラーナの同枠だったアクティブミノルとCBC賞で1着だったシャイニングレイと同枠だったナリタスターワンは、CBC賞2018に出走します。

白川郷ステークスからのサイン

3回中京1日に行われた白川郷ステークスは、マル外1頭の出走構成。

 

これは、CBC賞2018と同じです。

 

白川郷ステークスは16頭立てのレースで、マル外のディープオーパスは1枠2番配置、同枠の1枠1番には最下位人気のエンキンドルが配置されていました。

 

白川郷ステークスで勝ったのは、1人気の武豊騎手が騎乗した4歳牡馬のミキノトランペット。

 

ミキノトランペットは2枠3番に配置されていました。

 

CBC賞 2018では、マル外のアサクサゲンキが8枠18番に配置され、現在最下位人気は8枠17番のトシザキミになっています。

 

白川郷ステークスの結果からCBC賞 2018を考えると、7枠か1枠に連対馬がいそうです。

スポンサーリンク

CBC賞2018の予想の結論

森田直行厩舎のダイメイプリンセスとダイメイフジが対角配置で、7枠にアドマイヤムーン産駒のフミノムーンと
ワンスインナムーンが並んでいます。

 

ワンスインナムーンは、昨年いなかった函館スプリントステークス出走馬。

 

今回はこのワンスインナムーンから入りたいと思います。

 

相手はアクティブミノル、ダイメイプリンセス、アレスバローズ、ダイメイフジ、ナガラフラワーにします。

スポンサーリンク