大阪杯がG1化されたことに伴い、産経賞の名前を譲り受けたセントウルステークス。

 

阪神で行われているG2だから、大阪杯から産経賞を贈られたのでしょうか?

 

産経賞セントウルステークスはサマースプリントシリーズの最終戦にして、スプリンターズステークスの前哨戦でもあります。

 

今回は、産経賞セントウルステークス2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

産経賞セントウルステークス2017の出馬表

​出典 JRA

 

産経賞セントウルステークス2017は17頭の登録があり、ナガラオリオン、ヒルノデイバロー、ミッキージョイの3頭が回避し、14頭立てになりました。

 

気になるのは、藤岡兄弟が同居した3枠ですね。

 

確か、藤岡兄弟が同居した金鯱賞でも、藤岡佑介騎手が騎乗したスズカデヴィアスが13人気で3着になっていますね。

1枠 1番 アドマイヤゴッド 牡5 56.0kg 北村 友一 須貝 尚介
2枠 2番  メラグラーナ 牝5 54.0kg 戸崎 圭太 池添 学
3枠 3番 アルティマブラッド 牝5 54.0kg 藤岡 康太 音無 秀孝
4番 ツィンクルソード 牡6 56.0kg 藤岡 佑介 松永 昌博
4枠 5番 プレイズエターナル 牡7 56.0kg 池添 謙一 安田 隆行
6番 ラインミーティア 牡7 56.0kg 西田 雄一郎 水野 貴広
5枠 7番 ファインニードル 牡4 56.0kg M.デムーロ 高橋 義忠
8番 ワキノブレイブ 牡7 56.0kg 小牧 太 清水 久詞
6枠 9番 ミッキーラブソング 牡6 56.0kg 和田 竜二 橋口 慎介
10番 ワキノヒビキ 牡5 56.0kg 荻野 極 清水 久詞
7枠 11番  スノードラゴン 牡9 57.0kg 大野 拓弥 高木 登
12番  ラヴァーズポイント 牝7 54.0kg 川須 栄彦 高橋 康之
8枠 13番  ダンスディレクター 牡7 56.0kg 浜中 俊 笹田 和秀
14番  マル外フィドゥーシア 牝5 54.0kg 石橋 脩 松元 茂樹

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、フィドゥーシア、メラグラーナ、ファインニードル、ダンスディレクター、ラインミーティア、スノードラゴン、アルティマブラッド、ミッキーラブソングの8頭が載っていました。

 

この8頭のうち、少なくとも1頭は連対しそうですね。

阪神2日のサイン

産経賞セントウルステークス2017は4回阪神2日に行われます。

 

では、1回阪神2日、2回阪神2日、3回阪神2日の11レースはどうだったのでしょうか?

 

1回阪神2日 阪急杯

1着  トーキングドラム

対角  ダイシンサンダー 浜中騎手

 

2回阪神2日  六甲ステークス

1着 アスカビレン 浜中騎手

 

3回阪神2日 グリーンステークス

1着  シホウ 浜中騎手

 

2回阪神2日の六甲ステークスと3回阪神2日のグリーンステークスは浜中騎手が1着で、1回阪神2日の阪急杯は浜中騎手の騎乗馬の対角馬が1着となっています。

 

産経賞セントウルステークス2017で浜中騎手の騎乗馬であるダンスディレクター自身、同枠、対角、平行に配置された馬は気を付けたいですね。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには2012年のセントウルステークスを勝ったエピセアロームの記事がありました。

 

エピセアロームは当時3歳牝馬で、武豊騎手が騎乗し、6人気の馬でした。

 

2枠4番に配置されていた馬で吉田勝己氏が所有していた馬。

産経大阪杯からの継承

2016 年で終了した産経大阪杯。

 

後を託された産経賞セントウルステークス2017。

 

この2つのレースに共通するものがあります。

 

2016年産経大阪杯(11頭立て)

1着  アンビシャス  7枠9番(逆3番) 音無秀孝厩舎

2着 キタサンブラック 6枠7番(逆5番) 清水久詞厩舎

 

産経賞セントウルステークス2017(14頭立て)

3枠3番(逆12番) アルティマブラッド 音無秀孝厩舎

5枠8番(逆7番) ワキノブレイブ 清水久詞厩舎

 

正逆3番に音無秀孝厩舎、正逆7番に清水久詞厩舎を配しています。

 

囮かも知れませんが、乗っかってみようと思います。

スポンサーリンク

まとめ

産経賞セントウルステークス2017は軸を決めません。

 

アルティマブラッドとワキノブレイブの組み合わせと6人気の馬(おそらくラインミ-ティア)からフィドゥーシア、メラグラーナ、ダンスディレクターに流します。

スポンサーリンク