大阪杯がG1化されたことにともない、今年から産経賞という副題がついた産経賞セントウルステークス。

 

サマースプリントシリーズの最終戦であり、スプリンターズステークスの前哨戦でもあります。

 

産経賞という副題が付いたことで、新しい局面を迎えるのでしょうか?

 

今回は、産経賞セントウルステークスのサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

産経賞セントウルステークス2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

産経賞セントウルステークス2017の出走予定(特別登録)は17頭。

 

産経賞セントウルステークス2017の出走可能頭数は16頭なので、現時点では回避馬が出なければ、除外が発生することになります。

馬 名 斤量 性齢 想定騎手 調教師
1  アドマイヤゴッド  56.0kg  牡5  北村友一  須貝 尚介
2  アルティマブラッド  54.0kg  牝5  藤岡康太  音無 秀孝
3  スノードラゴン  57.0kg  牡9  大野拓弥  高木 登
4  ダンスディレクター  56.0kg  牡7  浜中俊  笹田 和秀
5  ツィンクルソード  56.0kg  牡6  藤岡佑介  松永 昌博
6  ナガラオリオン  56.0kg  牡8  四位洋文  大根田 裕之
7  マル地ヒルノデイバロー  56.0kg  牡6  昆 貢
8  ファインニードル  56.0kg  牡4  M.デムーロ  高橋 義忠
9  フィドゥーシア  54.0kg  牝5  石橋脩  松元 茂樹
10  プレイズエターナル  56.0kg  牡7  安田 隆行
11  ミッキージョイ  56.0kg  牡5  萩原 清
12  ミッキーラブソング  56.0kg  牡6  和田竜二  橋口 慎介
13  メラグラーナ  54.0kg  牝5  戸崎圭太  池添 学
14  ラインミーティア  56.0kg  牡7  西田雄一郎  水野 貴広
15  ラヴァーズポイント  54.0kg  牝7  川須栄彦  高橋 康之
16  ワキノヒビキ  56.0kg  牡5  清水 久詞
17  ワキノブレイブ  56.0kg  牡7  小牧太  清水 久詞

参考 netkeiba

セントウルステークストークショーからのサイン

出典 JRA

 

セントウルステークス当日の阪神競馬場には、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している麒麟と藤崎マーケットがトークショーで出演します。

 

麒麟と藤崎マーケットが、産経賞セントウルステークス2017のサインとなっている可能性があるので、調べてみることにしました。

 

麒麟はボケ担当の川島明とツッコミ担当の田村裕のコンビ。

 

川島明は1979年2月3日生まれ、田村裕は1979年9月3日生まれ。

 

藤崎マーケットはツッコミ担当の田崎佑一とボケ担当のトキのコンビ。

 

田崎佑一は1981年01月29日生まれ、トキは1984年12月06日生まれ。

 

誕生日で見ると、田崎佑一と同じ誕生日である城戸義政騎手がいますが、騎乗はあるのでしょうか。

 

また、出走予定馬には、麒麟と藤崎マーケットと同じ誕生日はいませんでした。

 

あとは、川島騎手が騎乗するかどうかでしょう。

 

他では、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しているので、松元茂樹調教師のフィドゥーシアでしょうか。

 アイビスサマーダッシュ1着馬の出走

産経賞セントウルステークス2017には、アイビスサマーダッシュ1着馬のラインミーティアが出走予定となっています。

 

ラインミーティアの現在のポイントは10ポイントで、他のレースでの加算がない馬です。

 

アイビスサマーダッシュ1着馬で10ポイントの馬が、セントウルステークスに出走したのは2008年だけです。

 

2008年セントウルステークス(18頭立て)

1着  カノヤザクラ 4歳牝馬 2枠4番  小牧太騎手 3人気

前走 アイビスサマーダッシュ1着

2着 シンボリグラン マル外 6歳牡馬 8枠16番 福永祐一騎手 11人気

前走 キーランドカップ6着

前々走 アイビスサマーダッシュ2着

3着  スプリングソング 3歳牡馬 6枠12番 武幸四郎騎手 9人気

前走 NHKマイルカップ6着

 

2008年セントウルステークスでは、アイビスサマーダッシュ1・2着馬が、そのままセントウルステークスでも1・2着になっています。

 

産経賞セントウルステークス2017でも、アイビスサマーダッシュ1着馬のラインミーティア、2着馬のフィドゥーシア自身及び同枠には注意したいですね。

スポンサーリンク

最後に

最近、副題が付いたレースに2014年の朝日杯セントライト記念があります。

 

2014年の朝日杯セントライト記念で1着になった馬はイスラボニータ。

 

イスラボニータは重賞になる前の最後のオープンレースのいちょうステークスの1着馬でした。

 

イスラボニータから考えると、産経賞セントウルステークスの最初の覇者は特殊な戦歴を持った馬なのかも知れません。

スポンサーリンク