昨年のチャレンジカップは、1人気の3歳馬サトノクロニクルが勝ちましたが、2着には5人気のデニムアンドルビーが入りました。

 

サトノクロニクルは兄のM.デムーロ騎手が騎乗し、デニムアンドルビーには弟のC.デムーロが騎乗していたので、兄弟騎手が昨年のチャレンジカップで連対したことになります。

 

今年も、外国人騎手が独占してしまうのでしょうか?

 

今回は、チャレンジカップ2018のサインを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

チャレンジカップ2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

チャレンジカップ2018の出走予定(特別登録)は14頭。

 

昨年は地方馬のスーパーマックスが出走していましたが、今年の登録馬に地方馬はいません。

 

代わりにいるのが、マル地とマル外ですね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アメリカズカップ 牡4 56.0kg 音無 秀孝
2 エアウィンザー 牡4 56.0kg M.デムーロ 中竹 和也
3 ケントオー 牡6 56.0kg 松若 風馬 西橋 豊治
4 サイモンラムセス 牡8 56.0kg 小牧 太 梅田 智之
5 ステイフーリッシュ 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 矢作 芳人
6 ダッシングブレイズ 牡6 56.0kg C.デムーロ 斉藤 崇史
7 ダンビュライト 牡4 57.0kg 北村 友一 音無 秀孝
8 トリコロールブルー 牡4 56.0kg 岩田 康誠 友道 康夫
9 ハートレー せん5 56.0kg 川田 将雅 手塚 貴久
10 マイネルフロスト 牡7 56.0kg 丹内 祐次 高木 登
11 マウントゴールド 牡5 56.0kg 武 豊 池江 泰寿
12 マルターズアポジー 牡6 56.0kg 堀井 雅広
13 レイエンダ 牡3 55.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
14 ロードヴァンドール 牡5 56.0kg 横山 典弘 昆 貢

参考 netkeiba

うまDOKIスペシャル「チャレンジカップ(GIII)」ドキドキ予想からのサイン

チャレンジカップ2018が行われる12月1日には、阪神競馬場で『うまDOKIスペシャル「チャレンジカップ(GIII)」ドキドキ予想』が行われます。

 

昨年も、このイベントは行われていますが、今年は出演者が変更されています。

 

今年の『うまDOKIスペシャル「チャレンジカップ(GIII)」ドキドキ予想』のゲストは八田亜矢子!

 

八田亜矢子から8番や8枠が気になります。

 

でも、もっと気になるのは、昨年はGIIIが入っていなかったことです。

 

3番は気になります。

鳴尾記念からのサイン

昨年、チャレンジカップは1800mから2000mに、ハンデ戦から別定戦に生まれ変わりました。

 

しかし、特別指定交流競走から指定交流競走への変更は行いませんでした。

 

チャレンジカップと同じ設計の鳴尾記念は夏季と秋季の違いだけで、似ています。

 

昨年の鳴尾記念とチャレンジカップを比較してみます。

 

2017年鳴尾記念(10頭立て)

1着 ステイインシアトル 牡6 56㎏ 8枠9番(逆2番)武豊騎手 3人気

前走 福島民報杯(福島2000m)2人気6着(1着同枠)

前々走 1600万下条件戦・尼崎ステークス(阪神2200m)2人気1着

2着 スマートレイアー 牝7 54㎏ 7枠8番(逆3番)M.デムーロ騎手 1人気

前走 ヴィクトリアマイル(東京1600m)4人気4着

前々走 京都記念(京都2200m・指定・別定)5人気2着

 

2017年チャレンジカップ(12頭立て)

1着  サトノクロニクル 牡3 55㎏ 3枠3番(逆10番)M.デムーロ騎手 1人気

前走 菊花賞(京都3000m)6人気10着

前々走 朝日杯セントライト記念(中山2200m)3人気3着

4走前 白百合ステークス(京都1800m・特指・別定)1人気1着

2着 デニムアンドルビー 牝7 54㎏ 6枠8番(逆5番)C.デムーロ騎手 5人気

前走 アルゼンチン共和国杯(東京2500m)4人気8着

前々走 産経賞オールカマー(中山2200m)8人気8着

 

M.デムーロ騎手が1人気で共に連対しています。

 

また、2着には牝馬の実績馬が入っていますね。

 

そして、2017年チャレンジカップで、サトノクロニクルが1着になったのは、白百合ステークス1着が効いていますね。

 

では、2018年の鳴尾記念の結果はどうだったのでしょう?

 

2018年鳴尾記念(11頭立て)

1着 ストロングタイタン マル外 牡5 56㎏ 7枠8番(逆4番)M.デムーロ騎手 4人気

前走 都大路ステークス(京都1800m)3人気9着(2着対角)

前々走 ディセンバーステークス(中山1800m)2人気7着

4走前 オクトーバーステークス(東京2000m・特指・別定)2人気2着

2着 トリオンフ せん4 56㎏ 2枠2番(逆10番)ルメール騎手 1人気

前走 新潟大賞典(新潟2000m)1人気4着

前々走 大阪杯(阪神2000m)7人気8着

 

2018年鳴尾記念はマル外とせん馬の組み合わせ。

 

ストロングタイタンは4走前のオクトーバーステークス2着が効いています。

 

マウントゴールドは、2018年のオクトーバーステークス1着馬。

 

気になります。

スポンサーリンク

最後に

1人気が予想されるレイエンダは、朝日杯セントライト記念2着馬ですが、朝日杯セントライト記念は馬齢戦なので、チャレンジカップの番組設計を考えると、違和感を感じます。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク