ジャパン・オータムインターナショナル最終戦のチャンピオンズカップが行われます。

 

中央競馬のダートG1がフェブラリーステークスとチャンピオンズカップの2レースしかありません。

 

今年のチャンピオンズカップは東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス1着馬が不在の年ですね。

 

今回は、チャンピオンズカップ2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

名馬の肖像からのサイン

出典 JRA

名馬の肖像はトランセンド。

 

トランセンドは2010年と2011年のジャパンカップダートを連覇している馬ですね。

 

画像は2011年のものでしょうか。

 

2011年のトランセンドは8枠16番で1人気、藤田伸二騎手が騎乗していました。

 

また、前走はJBCクラシック2着でした。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックは2014年チャンピオンズカップ1着馬のホッコータルマエ。

 

ホッコータルマエは4枠8番、2人気、幸英明騎乗で勝っています。

 

前走はJBCクラシック4人気4着でした。

 

また、ホッコータルマエは前年にチャンピオンズカップの前身のジャパンカップダートに出走し1人気3着になっていました。

2017G1カップレースからのサイン

G1でカップが付くレースはNHKマイルカップとジャパンカップ、そしてチャンピオンズカップの3レース。

 

2017年NHKマイルカップ(18頭立て)

1着 アエロリット 8枠16番(逆3番) 横山典弘騎手 2人気

2着 リエノテソーロ 7枠14番(逆5番)吉田隼人騎手 13人気

 

2017年ジャパンカップ(17頭立て)

1着 シュヴァルグラン 1枠1番(逆17番)ボウマン騎手 5人気

2着 レイデオロ 1枠2番(逆16番)ルメール騎手 2人気

 

NHKマイルカップとジャパンカップの共通点は正逆16番と2人気です。

2017年ジャパン・オータムインターナショナルからのサイン

ここで、2017年ジャパン・オータムインターナショナルを振り返ってみます。

 

2017年エリザベス女王杯(18頭立て)

1着 モズカッチャン 3歳 3枠5番(逆14番)M.デムーロ騎手 5人気

オークス2着馬

2着 クロコスミア 4歳 2枠4番(逆15番)和田竜二騎手 9人気

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス1着馬

 

2017年マイルチャンピオンシップ(18頭立て)

1着 ペルシアンナイト 3歳 8枠18番(逆1番)M.デムーロ騎手 4人気

皐月賞2着馬

2着 エアスピネル 4歳 6枠11番(逆8番)ムーア騎手 2人気

富士ステークス1着馬

 

2017年ジャパンカップ(17頭立て・ぞろ目)

1着 シュヴァルグラン 5歳 1枠1番(逆17番)ボウマン騎手 5人気

天皇賞春2着

2着 レイデオロ 3歳 1枠2番(逆16番)ルメール騎手 2人気

 

終了した3レースで1着となった馬は1年以内のG1で2着に入り、その後G1に出走するも1着になっていなかった馬です。

 

この流れが続くならばアウォーディーは気になります。

 

また、ジャパンカップはステップレースがないレースだから、ぞろ目決着にしたと考えられるとスッキリします。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップ2017予想の結論

来年、京都で開催されるJBC競走ですが、今年前倒しで連対馬が起用される可能性はありますが、今回は軸にしません。

 

やはり、軸は来年休止されるみやこステークス1着馬のテイエムジンソクにしたいと思います。

 

相手はアウォーディー、アポロケンタッキー、ローズプリンスダム、メイショウスミトモ、グレンツェントにしてみます。

スポンサーリンク