フルゲートで行われると思われたチャンピオンズカップですが、まさかのフルゲート割れになっています。

 

20頭も登録したというのに、意図があるのでしょうか?

 

また、G1ヘッドラインも発表されましたね。

 

今回は、チャンピオンズカップ2018のG1ヘッドラインなどからサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップ2018の出馬表

出典 JRA

 

チャンピオンズカップ2018には20頭が登録し、クインズサターン、ゴールドドリーム、ダノングッド、チュウワウィザード、メイショウスミトモが回避し、15頭立てとなっています。

 

2枠2番にルヴァンスレーヴ、5枠8番にケイティブレイブ、6枠11番にオメガパフュームが配置されました。

1枠 1番 アンジュデジール 牝4 55.0kg 横山 典弘 昆 貢
2枠 2番 ルヴァンスレーヴ 牡3 56.0kg M.デムーロ 萩原 清
3番 パヴェル 牡4 57.0kg M.グティエレス L.モラ
3枠 4番 アポロケンタッキー 牡6 57.0kg 小牧 太 山内 研二
5番 ノンコノユメ せん6 57.0kg 内田 博幸 加藤 征弘
4枠 6番 アスカノロマン 牡7 57.0kg 太宰 啓介 川村 禎彦
7番 サンライズノヴァ 牡4 57.0kg 戸崎 圭太 音無 秀孝
5枠 8番 ケイティブレイブ 牡5 57.0kg 福永 祐一 杉山 晴紀
9番 サンライズソア 牡4 57.0kg J.モレイラ 河内 洋
6枠 10番 センチュリオン 牡6 57.0kg 吉田 隼人 田村 康仁
11番 オメガパフューム 牡3 56.0kg C.デムーロ 安田 翔伍
7枠 12番 ウェスタールンド せん6 57.0kg 藤岡 佑介 佐々木 晶三
13番 ミツバ 牡6 57.0kg 松山 弘平 加用 正
8枠 14番 ヒラボクラターシュ 牡3 56.0kg 四位 洋文 大久保 龍志
15番 インカンテーション 牡8 57.0kg 三浦 皇成 羽月 友彦

G1 ヘッドラインからのサイン

チャンピオンズカップ2018のG1 ヘッドラインは「闘魂の激突、砂界の頂点。」

 

闘魂というと、「燃える闘魂 アントニオ猪木」を思い出します(笑)

 

燃える闘魂から赤の3枠という考えもありますね。

 

また、闘魂から連想されるのが、メイショウトウコンという馬。

 

メイショウトウコンは2008年ジャパンカップダートで、3枠5番に配置され2着になった馬。

 

そして、その時の1着馬はカネヒキリ。

 

ミツバの父親です。

15頭立てのチャンピオンズカップからのサイン

ジャパンカップダート時代を含め、チャンピオンズカップで15頭立てとなったのは2006年と2016年。

 

2006年のジャパンカップダートと2016年のチャンピオンズカップの結果を見てみます。

 

2006年ジャパンカップダート(東京2100m)

1着  アロンダイト 牡3 55㎏ 3枠4番(逆12番)後藤浩輝騎手 7人気

前走 1600万下条件戦・銀蹄ステークス(東京2100m)1人気1着

前々走 1000万下条件戦・魚沼特別(新潟1800m)1人気1着

2着 シーキングザダイヤ マル外 牡5 57㎏ 4枠7番(逆9番)武豊騎手 1人気

前走 JBCクラシック(川崎2100m)1人気2着

前々走 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡1600m)1人気4着

2006年フェブラリーステークス(東京1600m)2人気2着

2005年ジャパンカップダート(東京2100m)11人気2着

3着 フィールドルージュ 牡4 57㎏ 8枠15番(逆1番)吉田豊騎手 8人気

前走 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(東京1600m)8人気3着

前々走 マリーンステークス(函館1700m)1人気2着

 

2016年チャンピオンズカップ(中京1800m)

1着  サウンドトゥルー せん6 57㎏ 5枠8番(逆8番)大野拓弥騎手 6人気

前走  JBCクラシック(川崎2100m)5人気3着

前々走 日本テレビ盃(船橋1800m)2人気3着

2015年チャンピオンズカップ(中京1800m)5人気3着(2着同枠)

2着 アウォーディー マル外 牡6 57㎏ 2枠2番(逆14番)武豊騎手 1人気

前走 JBCクラシック(川崎2100m)2人気1着

前々走 日本テレビ盃(船橋1800m)1人気1着

3着  アスカノロマン 牡5 57㎏ 3枠4番(逆12番)和田竜二騎手 10人気

前走 みやこステークス(京都1800m)2人気14着

前々走 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡1600m)3人気4着

 

2006年ジャパンカップダートは3歳牡馬のアロンダイトが1着。

 

2着には、前年ジャパンカップダート2着馬のシーキングザダイヤが入っています。

 

2016年チャンピオンズカップは、せん馬のサウンドトゥルーが勝っています。

 

サウンドトゥルーは、2015年チャンピオンズカップの2着同枠馬。

 

また、2着には、1人気で武豊騎手騎乗のマル外アウォーディーが入っていて、2006年ジャパンカップダートのシーキングザダイヤと似ています。

 

チャンピオンズカップ2018で考えると、マル外のアポロケンタッキー、1人気、2017年チャンピオンズカップ2着対角のノンコノユメは気になります。

スポンサーリンク

最後に

JRAの崎山博樹調教師が、11月29日に13時25分、病気のため亡くなられたそうです。

 

2003年アルゼンチン共和国杯優勝馬のアクティブバイオ、2014年京王杯2歳ステークス1着のセカンドテーブルなどを管理されていました。

 

謹んで、哀悼の意を表したいと思います。

スポンサーリンク