通常、チャンピオンズカップのトライアルレースは、 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスとみやこステークスが行われますが、今年はみやこステークスを中止にして、JBC競走3レースが行われました。

 

案の定、チャンピオンズカップ2018の登録馬を見ると、JBCクラシック1着馬のケイティブレイブ、JBCレディスクラシック優勝のアンジュデジールの名前があります。

 

JBC競走を受け入れるチャンピオンズカップ2018の結果はどうなるのでしょうね。

 

今回は、チャンピオンズカップ2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップ2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

チャンピオンズカップ2018の出走予定(特別登録)は外国馬のパヴェルを加えて20頭。

 

昨年のチャンピオンズカップ優勝のゴールドドリームの登録もあります。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アスカノロマン 牡7 57.0kg 太宰 啓介 川村 禎彦
2 アポロケンタッキー 牡6 57.0kg 山内 研二
3 アンジュデジール 牝4 55.0kg 横山 典弘 昆 貢
4 インカンテーション 牡8 57.0kg 三浦 皇成 羽月 友彦
5 ウェスタールンド せん6 57.0kg 佐々木 晶三
6 オメガパフューム 牡3 56.0kg C.デムーロ 安田 翔伍
7 クインズサターン 牡5 57.0kg 野中 賢二
8 ケイティブレイブ 牡5 57.0kg 福永 祐一 杉山 晴紀
9 ゴールドドリーム 牡5 57.0kg C.ルメール 平田 修
10 サンライズソア 牡4 57.0kg J.モレイラ 河内 洋
11 サンライズノヴァ 牡4 57.0kg 戸崎 圭太 音無 秀孝
12 センチュリオン 牡6 57.0kg 吉田 隼人 田村 康仁
13 ダノングッド 牡6 57.0kg 村山 明
14 チュウワウィザード 牡3 56.0kg 大久保 龍志
15 ノンコノユメ せん6 57.0kg 内田 博幸 加藤 征弘
16 ヒラボクラターシュ 牡3 56.0kg 大久保 龍志
17 ミツバ 牡6 57.0kg 松山 弘平 加用 正
18 メイショウスミトモ 牡7 57.0kg 南井 克巳
19 ルヴァンスレーヴ 牡3 56.0kg M.デムーロ 萩原 清
20 パヴェル 牡4 57.0kg M.グティエレス L.モラ

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

チャンピオンズカップ2018のゲストプレゼンターは、「JRA年間プロモーションキャラクター」の高畑充希!

 

高畑充希は、2017年のエリザベス女王杯と2018年の皐月賞でもゲストプレゼンターとして来場しています。

 

2017年のエリザベス女王杯はデムーロ騎手が騎乗した モズカッチャンで優勝!

 

2018年の桜花賞はルメール騎手が騎乗したアーモンドアイが優勝していますが、アーモンドアイの同枠にはデムーロ騎手が騎乗したレッドレグナントがいました。

 

デムーロ騎手が、チャンピオンズカップ2018で騎乗予定のルヴァンスレーヴは気になります。

取消戦の翌年からのサイン

昨年のチャンピオンズカップは出走取消戦!

 

では、過去のチャンピオンズカップ(ジャパンカップダート)で出走取消があった翌年の結果はどうだったのでしょうか?

 

調べてみたら、ジャパンカップダート時代の2008年に出走取消がありました。

 

ということは2008年の翌年の2009年の結果を見てみます。

 

2009年ジャパンカップダート(16頭立て)

1着 エスポワールシチー 牡4 57㎏ 1枠1番(逆16番)佐藤哲三騎手 1人気

前走 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡1600m)2人気1着

前々走 かしわ記念(船橋1600m)2人気1着

2着 シルクメビウス 牡3 56㎏ 6枠12番(逆5番)田中博康騎手 5人気

前走 トパーズステークス(京都1800m)4人気1着

前々走 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(東京1600m)7人気8着

3着 ゴールデンチケット 牡3 56㎏ 5枠9番(逆8番)ルメール騎手 12人気

前走 ブラジルカップ(東京2100m)2人気2着

前々走 シリウスステークス(阪神2000m)4人気3着

 

2009年ジャパンカップダートは、マイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったエスポワールシチーが優勝。

 

エスポワールシチーの同枠にはフェブラリーステークスを勝ったサクセスブロッケンが配置されていました。

 

今年のフェブラリーステークスを勝ったノンコノユメ、マイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったルヴァンスレーヴは気になりますね。

スポンサーリンク

最後に

2011年、東京競馬場でマイルチャンピオンシップ南部杯が行われました。

 

2011年のマイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったトランセンドは、その年のジャパンカップダートを制しています。

 

JBCクラシック1着馬のケイティブレイブ、JBCレディスクラシック優勝のアンジュデジールはどんな着順になるのでしょうね。

スポンサーリンク