第65回の閉幕戦で行われるトヨタ賞中京記念2017。

 

今年も短期騎手免許が交付されたホワイト騎手が騎乗します。

 

今年の出走馬の注目はダービー馬のワンアンドオンリーの出走があることです。

 

いつまで、この馬は現役を続けるのでしょうね。

 

ダービー馬がG3のハンデ戦に出走してくる意味とは何でしょうか?

 

今回は、トヨタ賞中京記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

 トヨタ賞中京記念2017の出馬表

トヨタ賞中京記念2017には18頭の登録があり、クリノラホールとサンマルホームが除外となっています。

 

現在のところ、1人気はブラックムーン、2人気はグランシルク、3人気は ダノンリバティとなっています。

出典 JRA

1枠 1番  マル外レッドレイヴン  57.0kg  牡7 D.ホワイト 藤沢 和雄
2番  ケントオー  56.0kg  牡5 太宰 啓介 西橋 豊治
2枠 3番  ウインガニオン  57.0kg  牡5 津村 明秀 西園 正都
4番  ピンポン  53.0kg  牡7 荻野 極 寺島 良
3枠 5番  ピークトラム  56.0kg  牡6 武 豊 橋口 慎介
6番  グランシルク  56.0kg  牡5 福永 祐一 戸田 博文
4枠 7番  ワンアンドオンリー  58.0kg  牡6 横山 典弘 橋口 慎介
8番  アスカビレン  54.0kg  牝5 松山 弘平 中尾 秀正
5枠 9番  スーサンジョイ  57.0kg  牡5 和田 竜二 岩元 市三
10番  ダノンリバティ  56.0kg  牡5 松若 風馬 音無 秀孝
6枠 11番  マイネルアウラート  57.0kg  牡6 川田 将雅 高橋 裕
12番  トウショウピスト  54.0kg  牡5 幸 英明 角田 晃一
7枠 13番  ムーンクレスト  55.0kg  牡5 中谷 雄太 本田 優
14番  グァンチャーレ  55.0kg  牡5 古川 吉洋 北出 成人
8枠 15番  ブラックムーン  57.0kg  牡5 M.デムーロ 西浦 勝一
16番  サンライズメジャー  57.0kg  牡8 秋山 真一郎 浜田 多実雄

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックに載っていたのは2013年にトヨタ賞中京記念を連覇したフラガラッハの記事。

 

フラガラッハは2012年にトヨタ賞中京記念を勝ってから、賞金を加算しなかった馬です。

 

このため、2013年のトヨタ賞中京記念では、2012年と同じく57㎏で出走しています。

 

フラガラッハからは16番ゼッケン、5人気、前年優勝騎手が浮かびます。

ワンアンドオンリーの出走

 

出典 JRA

 

ワンアンドオンリーがトヨタ賞中京記念2017に出走してきました。

 

過去にダービー馬がトヨタ賞中京記念に出走してきたことはありません。

 

でも、ここで終わっては面白くありませんから、違う方向から考えてみます。

 

ワンアンドオンリーが出走したハンデ戦重賞は2017年の目黒記念と2016年のアルゼンチン共和国杯。

 

2017年目黒記念(18頭立て)

1着 フェイムゲーム 6枠12番(逆7番) ルメール騎手 8人気 58㎏

2着 ヴォルシェーブ 1枠2番(逆17番) 戸崎圭太騎手 1人気 56.5㎏

3着 ハッピーモーメント 5枠9番(逆10番) 川田将雅騎手 13人気 54㎏

10着 ワンアンドオンリー 7枠15番(逆4番) 横山典弘騎手 7人気 58㎏

 

2016年アルゼンチン共和国杯(15頭立て)

1着 シュヴァルグラン 6枠11番(逆5番)  福永祐一騎手 2人気 58㎏

2着 アルバート  3枠5番(逆11番) 戸崎圭太騎手 4人気 57㎏

3着 ヴォルシェーブ 7枠13番(逆3番) デムーロ騎手 3人気 55㎏

8着 ワンアンドオンリー 2枠3番(逆13番) 柴山雄一騎手 7人気 58㎏

 

2つのレースの共通項はワンアンドオンリーと同じ斤量の馬が1着。

 

6枠が1着で、戸崎圭太騎手が2着になっています。

 

また、比較的斤量の重い馬が連対しています。

スポンサーリンク

まとめ

トヨタ賞中京記念2017で戸崎騎手の騎乗はありませんし、ワンアンドオンリーと同じ斤量の馬もいません。

 

裏開催の福島テレビオープンの出馬表を見ると、逆3番にウインインスパイアの名前があります。

 

そして、トヨタ賞中京記念2017の出馬表を見ると、3番にウインガニオンがいます。

 

昨年の2着馬であるピークトラムは、新潟の谷川岳ステークスを1着してきた馬。

 

同じように、ウインガニオンも新潟の谷川岳ステークスを1着してきた馬です。

 

でも、軸は昨年の優勝ジョッキーである福永騎手が騎乗するグランシルクにします。

 

相手は、ウインガニオン、同枠のピンポン、 グァンチャーレ、ワンアンドオンリー、マイネルアウラートへ。

スポンサーリンク