中日新聞杯は今年、2回中京1日から4回中京3日に日程変更され、指定交流競走から特別指定交流競走に変更されました。

 

昨年までは、ハンデが重い馬が上位に来ていましたが、特別指定交流競走に変わり、ハンデが軽い馬が連対するレースに変貌するかも知れません。

 

今回は中日新聞杯2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

中日新聞杯2017の出馬表

出典 JRA

 

中日新聞杯2017には22頭が登録し、グァンチャーレとメイケイレジェンドが回避し、フェイマスエンド 、 マイネルディーンが除外となっています。

 

出馬表を見ると、最内枠のフルーキーと大外枠のレコンダイトが金子真人HDと同じ馬主になっています。

 

また、6番のフェルメッツァと逆6番のメートルダールがキャロットファームの馬です。

 

裏番組の師走ステークスで、同じくキャロットファームのピオネロが逆6番配置になっていることから、フェルメッツァ周辺の馬は要注意ですね。

1枠 1番 フルーキー 牡7 57.0kg 吉田 隼人 角居 勝彦
2番 スズカデヴィアス 牡6 56.5kg 藤岡 康太 橋田 満
2枠 3番 タイセイサミット 牡4 56.0kg 丸田 恭介 矢作 芳人
4番 マウントロブソン 牡4 57.5kg 石橋 脩 堀 宣行
3枠 5番 バンドワゴン 牡6 54.0kg 浜中 俊 石坂 正
6番 フェルメッツァ 牡6 55.0kg 北村 友一 松永 幹夫
4枠 7番 ヴォージュ 牡4 54.0kg 国分 恭介 西村 真幸
8番 パドルウィール 牡6 54.0kg 松山 弘平 中尾 秀正
5枠 9番 ストーンウェア 牡5 54.0kg 丸山 元気 吉田 直弘
10番 ミッキーロケット 牡4 57.5kg 和田 竜二 音無 秀孝
6枠 11番 マキシマムドパリ 牝5 55.0kg 藤岡 佑介 松元 茂樹
12番 ロードヴァンドール 牡4 56.0kg 横山 典弘 昆 貢
7枠 13番 メートルダール 牡4 55.0kg C.デムーロ 戸田 博文
14番 ケントオー 牡5 56.0kg 菱田 裕二 西橋 豊治
15番 サラトガスピリット 牡5 53.0kg 川須 栄彦 友道 康夫
8枠 16番 クィーンチャーム 牝5 52.0kg 中谷 雄太 池江 泰寿
17番 ショウナンバッハ 牡6 54.0kg 木幡 初也 上原 博之
18番 レコンダイト 牡7 55.0kg 松若 風馬 音無 秀孝

出走馬情報からのサイン

出走馬情報にはマウントロブソン、ミッキーロケット、スズカデヴィアス、メートルダール、マキシマムドパリ、ロードヴァンドール、バンドワゴン、フェルメッツァの8頭が記載されていました。

 

この8頭から、1着馬が出そうですね。

スズカデヴィアスからのサイン

中日新聞杯2017の出馬表に名を連ねるスズカデヴィアスですが、今年スズカデヴィアスが出走したハンデ戦を見ると、面白いことになっています。

 

七夕賞(福島2000mハンデ戦・12頭立て)

スズカデヴィアス 2枠2番

 

2着のマイネルフロストは8枠11番に配置され、スズカデヴィアスの対角配置になっています。

 

福島記念(福島2000mスズカデヴィアス・16頭立て)

スズカデヴィアス 2着

 

スズカデヴィアスは今年2000mのレースしか出走していない馬ですが、2000mのハンデ戦に出走すると自身が連対か対角配置された馬が連対しています。

 

スズカデヴィアス自身、同枠、対角、平行配置の馬は注意が必要です。

スポンサーリンク

中日新聞杯2017の予想の結論

3頭出しの金子真人HDの1頭のマウントロブソンが前走出走して1着となったオクトーバーステークスは、今年から1600万下条件からオープン化したレースで特別指定交流競走です。

 

やはり、この馬を軸としたいと思います。

 

相手はスズカデヴィアス、フェルメッツァ、ショウナンバッハ、ストーンウェア、ミッキーロケットにします。

スポンサーリンク