日程変更により、3月から12月に移動させられた中日新聞杯。

 

おまけに、指定交流競走から特別指定交流競走に変更となっています。

 

でもハンデ戦はそのままです。

 

今回は日程移動により12月に開催されることになった中日新聞杯2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

中日新聞杯2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

中日新聞杯2017の出走予定(特別登録)は22頭。

 

中日新聞杯2017の出走可能頭数は18頭なので、現時点では除外が発生しそうです。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 ヴォージュ 牡4 54.0kg 国分 恭介 西村 真幸
2 グァンチャーレ 牡5 55.0kg 北出 成人
3 クィーンチャーム 牝5 52.0kg 中谷 雄太 池江 泰寿
4 ケントオー 牡5 56.0kg 西橋 豊治
5 サラトガスピリット 牡5 53.0kg 友道 康夫
6 ショウナンバッハ 牡6 54.0kg 木幡 初也 上原 博之
7 スズカデヴィアス 牡6 56.5kg 藤岡 康太 橋田 満
8 ストーンウェア 牡5 54.0kg 丸山 元気 吉田 直弘
9 タイセイサミット 牡4 56.0kg 矢作 芳人
10 パドルウィール 牡6 54.0kg 松山 弘平 中尾 秀正
11 バンドワゴン 牡6 54.0kg 浜中 俊 石坂 正
12 フェイマスエンド 牡6 53.0kg 鮫島 一歩
13 フェルメッツァ 牡6 55.0kg 北村 友一 松永 幹夫
14 フルーキー 牡7 57.0kg 吉田 隼人 角居 勝彦
15 マイネルディーン 牡8 53.0kg 丸田 恭介 鹿戸 雄一
16 マウントロブソン 牡4 57.5kg 石橋 脩 堀 宣行
17 マキシマムドパリ 牝5 55.0kg 藤岡 佑介 松元 茂樹
18 ミッキーロケット 牡4 57.5kg 和田 竜二 音無 秀孝
19 メイケイレジェンド 牡4 51.0kg 木原 一良
20 メートルダール 牡4 55.0kg C.デムーロ 戸田 博文
21 レコンダイト 牡7 55.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
22 ロードヴァンドール 牡4 56.0kg 横山 典弘 昆 貢

参考 netkeiba

中日新聞杯2017のプレゼンターからのサイン

中日新聞杯2017のプレゼンターは俳優の田中圭。

 

田中圭が中日新聞杯2017のサインを発信しているかも知れませんので、調べてみます。

 

田中圭は1984年7月10日生まれでトライストーン・エンタテイメントに所属しています。

 

7月10日生まれの調教師は奥村武氏がいますが、中日新聞杯2017の出走予定にはいませんね。

 

単純に7番や10番が使われる可能性もありますね。

 

また、タイセイサミットの馬主が田中成奉氏となっていることから、タイセイサミットが出走してきたら、タイセイサミット自身および同枠馬に注意が必要かも知れません。

愛知杯からのサイン

中京競馬場で行われる2000mの重賞は愛知杯、金鯱賞、そして中日新聞杯の3レースです。

 

このうち、金鯱賞は別定戦ですが、愛知杯と中日新聞杯はハンデ戦になります。

 

愛知杯と中日新聞杯で関係性を探ってみました。

 

2014年中日新聞杯(3月開催・18頭立て)

1着  マーティンボロ 8枠17番(逆2番)バルジュー騎手 10人気

2着  ラキシス 3枠6番(逆13番)川田将雅騎手 3人気

 

2014年愛知杯(12月開催・18頭立て)

1着 ディアデラマドレ 7枠13番(逆6番)藤岡康太騎手 1人気

2着 キャトルフィーユ 1枠2番(逆17番)ムーア騎手 2人気

 

 

2015年中日新聞杯(3月開催・18頭立て)

1着 ディサイファ 1枠1番(逆18番)四位洋文騎手 5人気

2着 デウスウルト 5枠10番(逆9番)川田将雅騎手 2人気

 

2015年愛知杯 開催なし

 

 

2016年愛知杯(1月開催・18頭立て)

1着 バウンスシャッセ 2枠4番(逆15番) 田辺裕信騎手 8人気

2着 リーサルウェポン 7枠15番(逆4番) 川島信二騎手 5人気

 

2016年中日新聞杯(3月開催・18頭立て)

1着 サトノノブレス 3枠5番(逆14番)川田将雅騎手 1人気

2着  ファントムライト 7枠15番(逆4番) 戸崎圭太騎手 9人気

 

このように愛知杯と中日新聞杯は関連がありました。

 

2017年愛知杯(1月開催・15頭立て)

1着 マキシマムドパリ 6枠11番(逆5番) 岩田康誠騎手 1人気

2着 サンソヴール 3枠4番(逆12番)津村明秀騎手 10人気

 

昨年までの流れが続くのであれば、正逆11番、5番、4番、12番が連対しそうです。

スポンサーリンク

最後に

中日新聞杯2017に登録しているマウントロブソンですが、前走1着となったオクトーバーステークスは昨年までは1600万下の条件戦で行われていたレースです。

 

オクトーバーステークスの設計は特別指定交流競走の別定戦です。

 

現在のところ、この馬が最も気になっています。

スポンサーリンク