11月11日から12月24日まで日本での短期騎手免許が交付されたムーア騎手とアッゼニ騎手。

 

11月11日の重賞であるデイリー杯2歳ステークスにはアッゼニ騎手、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスにはムーア騎手が出走します。

 

そして、アッゼニ騎手の身元引受調教師は中内田充正調教師、契約馬主は吉澤克己氏がなっています。

 

でも、デイリー杯2歳ステークス2017には、中内田充正調教師の所属馬であるフロンティアがいるにもかかわらず、アッゼニ騎手の騎乗馬はジャンダルムなんですよね。

 

ここに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

 

今回は、デイリー杯2歳ステークス2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

デイリー杯2歳ステークス2017の出馬表

出典 JRA

 

デイリー杯2歳ステークス2017には10頭が登録し、オーデットエールが回避して、9頭立てとなりました。

 

オーデットエールは、萩ステークス2着の実績があった馬です。

 

オーデットエールが回避したことで、オープン以上で連対している馬はフロンティアだけになりました。

 

また、裏番組の東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスで逆3番にマル外のモーニンがいますが、デイリー杯2歳ステークス2017の正3番にマル外のジャンダルムがいるのは気になります。

1枠 1番 ロードイヒラニ 牡2 55.0kg A.シュタルケ 千田 輝彦
2枠 2番 フロンティア 牡2 55.0kg 岩田 康誠 中内田 充正
3枠 3番 ジャンダルム 牡2 55.0kg A.アッゼニ 池江 泰寿
4枠 4番 メガリージョン 牡2 55.0kg M.デムーロ 野中 賢二
5枠 5番 ケイアイノーテック 牡2 55.0kg 川田 将雅 平田 修
6枠 6番 ヒシコスマー 牡2 55.0kg 浜中 俊 清水 久詞
7枠 7番 カクリョウ 牡2 55.0kg 岩崎 翼 加藤 敬二
8枠 8番 カツジ 牡2 55.0kg 松山 弘平 池添 兼雄
9番 ナムラアッパレ 牡2 55.0kg 国分 優作 目野 哲也

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、カツジ、フロンティア、ケイアイノーテック、ジャンダルム、メガリージョン、ロードイヒラニ、オーデットエール、ヒシコスマーの8頭の記載がありました。

 

この8頭のうち、少なくとも1頭は連対しそうですね。

9頭立てのデイリー杯2歳ステークス

9頭立てのデイリー杯2歳ステークスは2014年にありますね。

 

2014年デイリー杯2歳ステークス(9頭立て)

1着  タガノエスプレッソ 8枠8番(逆2番)岩田康誠騎手 5人気

前走 2歳未勝利戦(京都1800m)1人気1着

2着  アッシュゴールド 8枠9番(逆1番) 池添謙一騎手 2人気

前走 2歳未勝利戦(京都1600m)1人気1着

3着  ナヴィオン 2枠2番(逆8番) 福永祐一騎手 1人気

前走 ききょうステークス(阪神1400m)1人気1着

 

2014年のデイリー杯2歳ステークスはぞろ目決着。

 

2着のアッシュゴールドが京都1600mの未勝利戦を1人気で勝ち上がっているのが、この結果に反映されているのではないでしょうか。

 

前走で京都1600mで1着だった馬は新馬戦1着だったカツジと未勝利戦1着のメガリージョン。

 

どちらも1人気でした。

2歳1600mのオープン以上の競走からのサイン

2歳戦で1600mで行われた1600mのレースは報知杯中京2歳ステークス、新潟2歳ステークス、サウジアラビアロイヤルカップ、アルテミスステークスの4レース。

 

このうち、新潟2歳ステークスは日曜日に行われたことから、アルテミスステークスは牝馬限定のレースであることから除きます。

 

残ったのは、報知杯中京2歳ステークスとサウジアラビアロイヤルカップ。

 

報知杯中京2歳ステークス(7頭立て)

1着  アマルフィコースト 3枠3番(逆5番) 浜中俊騎手 1人気

2着  アドマイヤアルバ 6枠6番(逆2番) 福永祐一騎手 2人気

 

サウジアラビアロイヤルカップ(18頭立て)

1着 ダノンプレミアム 1枠2番(逆17番) 川田将雅騎手 2人気

2着 ステルヴィオ 8枠16番(逆3番) ルメール騎手 1人気

 

ここから、正逆2番、正逆3番が浮かび上がります。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには、1992年のデイリー杯3歳ステークスで優勝したビワハヤヒデの記事がありました。

 

1992年のデイリー杯3歳ステークスも9頭立て。

 

ビワハヤヒデからは8枠8番、1人気、2勝馬あたりが浮かびますね。

スポンサーリンク

結論

 

メガリージョンを軸にしてみます。

 

ただし、この馬は2着のような気がします。

 

相手はカツジ、ジャンダルム、フロンティアにします。

スポンサーリンク