ダービー卿チャレンジトロフィーの出馬表が出ましたね。

 

ダービー卿チャレンジトロフィーに出走予定だった大本命のグレーターロンドンが回避して、安田記念に直行するそうですね。

 

頑張ってほしいものです。

 

さて、今回はダービー卿チャレンジトロフィー2017の予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ダービー卿チャレンジトロフィー2017の出馬表

https://search.yahoo.co.jp/から引用

 

 1枠  1番 シェルビー 54.0キロ 田辺 裕信
 2番 クラリティシチー 55.0キロ 松岡 正海
 2枠  3番 ロジチャリス 56.0キロ 内田 博幸
 4番 ショウナンアデラ 53.0キロ 蛯名 正義
 3枠  5番 マル外キャンベルジュニア 55.0キロ A.シュタルケ
 6番 コスモソーンパーク 54.0キロ 丹内 祐次
 4枠  7番 ガリバルディ 57.0キロ 池添 謙一
 8番 グランシルク 55.0キロ 戸崎 圭太
 5枠  9番  マル地シベリアンスパーブ 54.0キロ 田中 勝春
 10番 ダイワリベラル 56.0キロ 北村 宏司
 6枠  11番 マイネルアウラート 57.0キロ 柴田 大知
 12番 ロイカバード 55.0キロ 横山 典弘
 7枠  13番 マル地ショウナンバッハ 54.0キロ 柴山 雄一
 14番 サンライズメジャー 56.5キロ 柴田 善臣
 8枠  15番 ダンツプリウス 56.0キロ 丸山 元気
16番 クラレント 57.5キロ 岩田 康誠

ダービー卿チャレンジトロフィー2017の出馬表を見て、正逆4番にショウナン馬名の馬が入っています。

 

またショウナン馬名の隣には、ダイワメジャー産駒が正逆3番に配置されています。

 

昨年の出馬表と比べると、昨年は1着馬のインパルスヒーローしかいなかった東風ステークスの出走馬が多いですね。

 

そして、昨年と同じ馬番に配置されたのがマル地馬のシベリアンスパーブの田中勝春騎手。

 

現在の1人気はマル外のキャンベルジュニア、2人気はグランシルク、3人気はマイネルアウラートになっています。

フェアリーステークスと夕刊フジ賞オーシャンステークス

2017年の中山3日は、1回中山3日のフェアリーステークス、2回中山3日の夕刊フジ賞オーシャンステークス、そして3回中山3日のダービー卿チャレンジトロフィーと3回連続重賞となっています。

 

フェアリーステークス(16頭立て)

1着 ライジングリーズン 丸田恭介騎手 8枠15番(逆2番) 10人気

同枠 キャスパリーグ 戸崎騎手 2人気

2着 アエロリット  横山典弘騎手 2枠3番(逆14番) 1人気

同枠 ブラックオニキス(増量馬) 黛弘人騎手 9人気

3着 モリトシラユリ 吉田豊騎手 4枠8番(逆9番) 7人気

同枠 キュイキュイ 津村明秀騎手 6人気

 

夕刊フジ賞オーシャンステークス(16頭立て)

1着 メラグラーナ マル外 54キロ 戸崎圭太騎手 5枠9番(逆8番) 1人気

同枠 スノードラゴン 57キロ(最重量馬) 大野拓弥騎手 6人気

2着 ナックビーナス  54キロ 石川裕紀人騎手 1枠2番(逆15番) 3人気

同枠 ペイシャフェリス  54キロ 内田博幸騎手 13人気

3着 クリスマス  54キロ 勝浦正樹騎手 2枠4番(逆13番) 4人気

同枠 ブレイブスマッシュ 56キロ 横山典弘騎手 2人気

 

フェアリーステークスと夕刊フジ賞オーシャンステークスの1着枠には戸崎騎手がいます。

 

フェアリーステークスでは増量馬のブラックオニキスが2着同枠に、夕刊フジ賞オーシャンステークスでは最重量馬のスノードラゴンが1着同枠にいます。

 

ダービー卿チャレンジトロフィー2017のトップハンデは8枠16番のクラレントです。

 

クラレントと同枠のダンツプリウスは注意したいと思います。

 

また、フェアリーステークスと夕刊フジ賞オーシャンステークスから、正逆2番と正逆8番は3着内に入る可能性があります。

ダービー卿チャレンジトロフィーが日曜開催から土曜開催に変わったことを示す馬は?

http://keiba-news.tv/から引用

 

2017年、ダービー卿チャレンジトロフィーは日曜開催から土曜開催に変わりました。

 

1着馬は、この変化を明確に表現する馬ではないでしょうか。

 

それは、ダービー卿チャレンジトロフィーと同じ中山1600mで行われる土曜日開催のG2ニュージーランドトロフィーの勝ち馬ダンツプリウスだと思います。

 

ダンツプリウスは、2016年に行われたジュニアカップの勝ち馬ですが、2015年のジュニアカップは日曜日に行われていました。

スポンサーリンク

まとめ

ダンツプリウスを軸に相手は1人気のグランシルク、前年のダービー卿チャレンジトロフィーの1人気馬であるキャンベルジュニア、そしてG1馬のショウナンアデラにしたいと思います。

 

そして抑えにグランシルクからショウナンアデラです。

スポンサーリンク