競馬のレース名というのは、予想に非常に大切なファクターです。

 

それをつくづく思い知らされました。

 

エリザベス女王杯は、牝馬のレースで2200mの距離で行われるG1レースです。

 

でも、それだけではありませんでした。

 

気付いていたけれど、本当には分かっていなかったというのが正直なところ。

 

今回は、エリザベス女王杯2017、福島記念2017、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス2017、デイリー杯2歳ステークス2017の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

エリザベス女王杯2017の後検証(回顧)

 

 

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 5 モズカッチャン M.デムーロ 5
2着 2 4 クロコスミア 和田竜二 9
3着 5 10 ミッキークイーン 浜中俊 3

エリザベス女王杯2017は、前評判で3世代の秋華賞馬の対決といわれていました。

 

しかし、結果は5歳馬のミッキークイーンが3着に入っただけ。

 

今年の秋華賞馬のディアドラ、前年の秋華賞馬のヴィブロスには連対できない戦歴があったと思います。

 

ヴィブロスの場合は ドバイターフ1着が、エリザベス女王杯にふさわしくなかったと思いますし、ディアドラの場合は紫苑ステークス1着の前に、1000万円以下の条件戦であるHTB賞で1着になったことがいけなかったのではと思います。

 

あるいは、HTB賞で1着になって、紫苑ステークスで1着になっても、秋華賞で1着になっていなければ良かったかも知れません。

 

1着になったモズカッチャンは18頭だての5番というスペシャルゲートでの勝利でした。

 

もちろん、 M.デムーロ騎手の騎乗が大きかったことは間違いないところです。

 

2着に入ったクロコスミアは、すっかり忘れていましたが、日・アイルランド外交関係樹立60周年記念という記念大会で優勝した馬でした。

 

ここが1つ目のポイントです。

 

レース名が変わったことだけを気にしていて、こちらに気付いていませんでした。

 

そして、2つ目のポイントがレース名です。

 

今年、大阪杯というレースがG1化されました。

 

つまり、杯という名前の付いたレースがG1レースで2つになったわけです。

 

おそらく、主催者の中では明確にカップレースと杯レースは違うレースと位置付けられているのでしょうね。

 

そして、大阪杯の決着は5番が1着、4番が2着という、まさしくエリザベス女王杯と同じ馬番を使い、1着と2着の着順を正確どおりに馬番を使用しています。

 

関連性はあると思っていましたが、ここまで来ると笑うしかありません。

 

3着に入ったミッキークイーンは、プレゼンターの高畑充希からもありますが、宝塚記念からも来ていることは間違いないところですね。

福島記念2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 2 3 ウインブライト 松岡正海 2
2着 7 13 スズカデヴィアス A.シュタルケ 3
3着 3 6 ヒストリカル 田中勝春 10

 

こちらは、予想どおりにウインブライトが1着、2着にスズカデヴィアスがきましたね。

 

やはり、中山金杯1着馬のツクバアズマオーの筋(平行)のウインブライトですね。

 

2着のスズカデヴィアスも同じ福島競馬場で行われた七夕賞で2着対角配置になっていたことから、ピックアップしました。

 

3着に入ったヒストリカルはツクバアズマオーの対角配置の馬。

 

ローカルの小倉大賞典2着が効いているのかも知れませんが、ちょっと分かりませんね。

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 7 13 インカンテーション 三浦皇成 6
2着 5 9 サンライズソア 吉田豊 8
3着 4 7 アキトクレッセント 荻野極 15

 

こういうレースを当てると非常に気分が良くなりますが、予想は真逆の方向を向いていました。

 

同じチャンピオンズカップのトライアルレースのみやこステークスと真逆のことを行ってきました。

 

みやこステークスで地方競馬出走歴を否定し、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス2017で、みやこステークスと逆に、前走で地方競馬1着馬を1着に採用しています。

 

だからこそ、インカンテーションは金沢の白山大賞典1着、同枠のモーニンも船橋の日本テレビ盃と、この枠は前走で地方競馬出走で固められています。

 

2着に入ったサンライズソアは大井のジャパンダートダービー2着が効いているのではないでしょうか。

 

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスで1人気だったサンライズノヴァがジャパンダートダービー6着に対し、サンライズソアは2着なので、真逆の関係となります。

 

それが、このレースには作用したというだけです。

 

3着に入ったアキトクレッセントは、明らかに同枠馬のノンコノユメのサポートがあったのでしょうね。

 

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスは東京1600mのダート戦。

 

インカンテーションの同枠モーニンは2016年フェブラリーステークス(東京1600m)1着。

 

サンライズソアは2017年青竜ステークス(東京1600m)1着

 

アキトクレッセントの同枠ノンコノユメは2016年フェブラリーステークス(東京1600m)2着。

 

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスと青竜ステークスは別定戦。

デイリー杯2歳ステークス2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 3 ジャンダルム A.アッゼニ 5
2着 8 8 カツジ 松山弘平 4
3着 5 5 ケイアイノーテック 川田将雅 3

 

このレースは残念な結果でした。

 

当たらないことよりも、軸としたメガリージョンが競走中止のうえ、右第1趾骨粉砕骨折のため予後不良というニュースを見たからです。

 

こういうニュースを見ると、競馬というのは残酷なスポーツだと思います。

 

未勝利勝ちの馬の中で、もっとも可能性の高い馬を選びましたが、結果はこんな結果でしたね。

 

ジャンダルムにしても、カツジにしても、もっと人気を集めてもいい馬なんですが、結果的に5人気と4人気でしたね。

 

ジャンダルムは関西圏の阪神競馬場の新馬戦の2人気の1着馬。

 

カツジは、デイリー杯2歳ステークス2017と同じ舞台の京都1600mの新馬戦で1人気1着だった馬です。

 

この2頭が強いから1・2着したわけではなく、舞台が合っていたから選ばれているわけです。

スポンサーリンク

最後に

この後検証(回顧)というのは、予想なんかよりも大事なことを書いている場合があります。

 

今回も大事なことを書きます。

 

ジャパンカップのポスターは大事ですよ!

 

そして、今回のエリザベス女王杯で、イギリスの国旗は確かに使われていました。

 

モズカッチャンの父親であるハービンジャーはイギリス生産の馬です。

スポンサーリンク