エリザベス女王杯2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

昨年のエリザベス女王杯優勝馬のモズカッチャンは4枠7番、ノームコアは7枠13番、リスグラシューは6枠12番に配置されました。

 

今回はG1ヘッドラインなどからサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

エリザベス女王杯2018の出馬表

出典 JRA

 

エリザベス女王杯2018には18頭が登録し、キンショーユキヒメが回避し、17頭立てとなっています。

 

エリザベス女王杯が17頭立てになったのは、2000年以来ですね。

1枠 1番 ハッピーユニバンス 牝6 56.0kg 松若 風馬 平田 修
2番 フロンテアクイーン 牝5 56.0kg 蛯名 正義 国枝 栄
2枠 3番 レイホーロマンス 牝5 56.0kg 福永 祐一 橋田 満
4番 プリメラアスール 牝6 56.0kg 幸 英明 鈴木 孝志
3枠 5番 レッドジェノヴァ 牝4 56.0kg 池添 謙一 小島 茂之
6番 アドマイヤリード 牝5 56.0kg 藤岡 康太 須貝 尚介
4枠 7番 モズカッチャン 牝4 56.0kg M.デムーロ 鮫島 一歩
8番 カンタービレ 牝3 54.0kg C.デムーロ 中竹 和也
5枠 9番 クロコスミア 牝5 56.0kg 岩田 康誠 西浦 勝一
10番 ヴァフラーム 牝6 56.0kg 川又 賢治 吉村 圭司
6枠 11番 スマートレイアー 牝8 56.0kg 武 豊 大久保 龍志
12番 リスグラシュー 牝4 56.0kg J.モレイラ 矢作 芳人
7枠 13番 ノームコア 牝3 54.0kg C.ルメール 萩原 清
14番 ワンブレスアウェイ 牝5 56.0kg 津村 明秀 古賀 慎明
8枠 15番 エテルナミノル 牝5 56.0kg 四位 洋文 本田 優
16番 コルコバード 牝5 56.0kg 浜中 俊 木村 哲也
17番 ミスパンテール 牝4 56.0kg 横山 典弘 昆 貢

G1ヘッドラインからのサイン

エリザベス女王杯2018のG1ヘッドラインは、「女王の夢を描け、進化する強さにこそ品格が漂う。」

 

まずは、過去のエリザベス女王杯のG1ヘッドラインから、似た言葉を探してみます。

 

2017年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

品格が伝統を築き艶やかな女王の歴史を紡ぐ。

 

2016年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

語り継がれる女王降臨、華麗に可憐に古都を染める。

 

2015年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

鍛え抜かれた美の結晶、女王の品格が晩秋に煌めく。

 

2014年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

美しきアスリートの時代、女王は颯爽と笑顔で駈け抜ける。

 

2013年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

選ばれし淑女の華やぎ、女王と呼ばれる格調を知る。

 

2012年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

世代を超えた美の競演、戴冠の輝きは永遠に語られる。

 

2011年エリザベス女王杯のG1ヘッドライン

永遠の美を誇る女王、品格あり、威厳あり、笑顔あり。

 

エリザベス女王杯だけあって、「女王」という言葉は2012年以外は使われていますね。

 

エリザベス女王杯2018でも使われている「品格」があるのは、2017年、2015年、2011年。

 

2017年はモズカッチャン、2015年はマリアライトが、2011年はスノーフェアリーが勝った年ですが、いずれもオークス連対馬が連対しています。

17頭立てのエリザベス女王杯からのサイン

17頭立てのエリザベス女王杯は、2000年のみ。

 

2000年エリザベス女王杯の結果を見てみます。

 

2000年エリザベス女王杯(17頭立て)

1着 ファレノプシス 牝6 56kg 1枠2番(逆16番)松永幹夫騎手 3人気

前走 札幌記念(札幌2000m)1人気7着(1着同枠)

前々走 読売マイラーズカップ(阪神1600m)5人気10着

1999年エリザベス女王杯(京都2200m)1人気6着

2着 フサイチエアデール 牝5 56kg 1枠1番(逆17番) 横山典弘騎手 1人気

前走 府中牝馬ステークス(東京1800m)2人気3着(1着平行)

前々走 マーメイドステークス(阪神2000m)5人気1着

1999年エリザベス女王杯(京都2200m)7人気2着

3着 エイダイクイン 牝6 56kg 7枠14番(逆4番)二本柳壮騎手 10人気

前走 府中牝馬ステークス(東京1800m)3人気6着

前々走 クイーンステークス(札幌1800m)7人気2着

 

2000年エリザベス女王杯1着馬のファレノプシスは、前年のエリザベス女王杯を1人気6着に敗れた後、牝馬戦に出走していなかった馬。

 

また、2着馬のフサイチエアデールは、前年のエリザベス女王杯を2着した後、牝馬戦はマーメイドステークスと府中牝馬ステークスに出走していました。

 

モズカッチャンは、前年のエリザベス女王杯を1着した後、牝馬戦に足を踏み入れていない馬。

 

連対できるのでしょうか?

スポンサーリンク

最後に

現在、モズカッチャンに騎乗するM.デムーロ騎手は、エリザベス女王杯を連覇しています。

 

エリザベス女王杯を今回制すると3連覇になりますが、過去に同一騎手がエリザベス女王杯を3連覇以上達成したのは、2001年から2004年のエリザベス女王杯を4連覇した武豊騎手が該当します。

 

しかし、武豊騎手の3連覇した馬は連覇した馬と異なる馬でした。

 

もう少し考えてみたいと思います。

スポンサーリンク