第22回のぞろ目開催を迎えるエルムステークス。

 

昨年は1頭だった地方馬が、今年はオヤコダカとタマモホルンの2頭出馬表に名を連ねています。

 

そして、しっかりと昨年のエルムステークス1~3着馬が揃って出走していますね。

 

今回はエルムステークス2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

エルムステークス2017の出馬表

出典 JRA

 

エルムステークス2017には17頭の登録があり、マイティティーが回避し、サングラスとヨヨギマックが除外となっています。

 

現在のところ、1人気はテイエムジンソク、2人気はピオネロ、3人気はロンドンタウンとなっています。

 

エルムステークス2017と裏番組の関屋記念の出馬表を比べると、関屋記念2017の6番にキャロットファーム、エルムステークスの逆6番にキャロットファームが馬主の馬がいますね。

1枠 1番 コスモカナディアン  56.0kg 牡4 丹内祐次 金成 貴史
2枠 2番 ロンドンタウン 57.0kg 牡4 岩田康誠 牧田 和弥
3枠 3番 マル外 ドリームキラリ 56.0kg 牡5 三浦 皇成 矢作 芳人
4番 テイエムジンソク 56.0kg 牡5 古川吉洋 木原 一良
4枠 5番 シカク地 オヤコダカ 56.0kg 牡5 石川倭 米川 昇
6番 リッカルド  57.0kg せん6  黛弘人 黒岩 陽一
5枠 7番 シカク地タマモホルン 56.0kg 牡6 左海誠二 小久保 智
8番 ラインハート 54.0kg 牝6 丸山 元気 上原 博之
6枠 9番 ピオネロ 56.0kg 牡6 C.ルメール 松永 幹夫
10番 モンドクラッセ 56.0kg 牡6 勝浦正樹 清水 英克
7枠 11番 クリノスターオー 56.0kg 牡7 幸英明 高橋 義忠
12番 リーゼントロック 56.0kg 牡6 坂井 瑠星 矢作 芳人
8枠 13番 メイショウスミトモ 56.0kg 牡6  四位洋文 南井 克巳
14番 ショウナンアポロン 56.0kg 牡7 横山 和生 古賀 史生

出走馬情報からのサイン

出走馬情報には、テイエムジンソク、クリノスターオー、ピオネロ、モンドクラッセ、コスモカナディアン、ロンドンタウン、リッカルド、ショウナンアポロンの8頭が記載されていました。

 

この中の1頭は連対しそうですね。

出走可能頭数の違いからのサイン

何気にエルムステークスの番組表を見ていたら、ちょっと気になることがありました。

 

 

エルムステークスの昨年と今年の違いなんですが、出走可能頭数が今年増えているんですよね。

 

微妙なところなんですが、主催者はこんなところを突いてくることがあります。

 

正逆14番には注意したいですね。

 

また、ラインハートは本来除外対象でしたが、マイティティーが回避したことで、抽選対象となり、出走することが可能になったため、注意が必要な馬となりました。

前回のぞろ目回からの考察

今年のエルムステークスは第22回のぞろ目開催となりますので、前回のぞろ目開催となった2006年を見てみたいと思います。

 

2006年エルムステークス(第11回・13頭立て)

1着 ヒシアトラス 7枠10番(逆4番) 牡6 57㎏ 横山典弘騎手 5人気

前走 東海テレビ杯東海ステークス5着

前々走 アンタレスステークス(第11回)(指定別定戦)2着

同枠 ワイルドワンダー 牡4 56㎏ 後藤浩輝騎手 3人気

前走 サウジアラビアカップ(東京ダート1600m・ハンデ)1着

2着 ジンクライシス 3枠3番(逆11番)地方馬・マル外 牡5  山口竜一騎手 7人気

前走 ブリーダーズゴールドカップ(旭川2300m)3着

前年エルムステークス2着馬(前年エルムステークス出走時はJRA所属)

3着 オーガストバイオ 1枠1番(逆13番) 牡5 56㎏ 勝浦正樹騎手 10人気

前走 しらかばステークス(OP・札幌ダート1700m・特指ハンデ)1着

 

2006年エルムステークスの1着馬のヒシアトラスの戦歴で注目したいのは、前々走のアンタレスステークス2着歴。

 

同じ催行回数で指定別定戦のアンタレスステークスを2着しているのは、非常に気になります。

 

今年のアンタレスステークスで2着になっているのはロンドンタウン。

 

また、2着となったジンクライシスは、前年に引き続き2着となっているのが、ぞろ目開催らしいところです。

 

今年でいえばクリノスターオーですが、昨年のエルムステークスは、2着と3着が同枠のワイドぞろ目決着。

 

3着のモンドクラッセも気になります。

WIN5からの考察

2015年まではWIN5の3レースに行われていたエルムステークスが、2016年からはWIN5の1レース目に変更されました。

 

昨年の優勝馬のリッカルドは、WIN5の1レース目の2015フェアウェルステークスで2着連対していた馬。

 

一方、2着となったクリノスターオーは、前年のエルムステークスに出走し4着と馬券対象外になっていた馬でした。

 

ただし、2015年のエルムステークスはぞろ目決着だったので、枠としては3番目に入着しています。

 

今年のエルムステークスで、WIN5の1レース目で連対していた馬は西湖特別で1着のコスモカナディアン、初夢ステークス2着のテイエムジンソク、前年のエルムステークス1着のリッカルド、2着のクリノスターオー、 御陵ステークス2着のリーゼントロックがいます。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには、2003年優勝のアドマイヤドンの記事がありました。

 

アドマイヤドンのヒントは1人気、ゼッケン10番、4歳馬、フェブラリーステークス以来の休み明けあたりでしょうか。

 

また、アドマイヤドンは芝で勝っている実績がある馬で、同枠にいたブリリアントロードも芝で勝った実績がありました。

スポンサーリンク

まとめ

WIN5の1レース目に設定されているレースは条件戦が多いですよね。

 

ということは、条件馬が良く見えます。

 

この中で条件馬だった馬はコスモカナディアンです。

 

もし、この馬でなければ、ラインハートでしょう。

 

そこで、今回はボックスにします。

 

この2頭にテイエムジンソク、ロンドンタウン、ピオネロを絡めます。

スポンサーリンク