8月13日には、ダートの重賞・エルムステークスが行われます。

 

エルムって何と思って調べてみたら、ニレ科ニレ属の植物の中のハレニレのことらしいのですが、何でこんな名前のレースを設置したのか不思議です。

 

大体、1700mの重賞レースなんて、エルムステークスしかないし、何から何まで変わっています。

 

今回は、そんなエルムステークス2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

エルムステークス2017の出走予定(特別登録)

エルムステークス2017の出走予定(特別登録)は地方馬を含めて17頭。

 

裏番組の関屋記念と合わせてきたのでしょうか。

馬名 斤量 性齢 想定騎手 調教師
1 クリノスターオー 56.0kg 牡7  幸英明  高橋 義忠
2 コスモカナディアン 56.0kg 牡4  丹内祐次  金成 貴史
3 サングラス 56.0kg 牡6  谷 潔
4 ショウナンアポロン 56.0kg 牡7  柴山雄一  古賀 史生
5 テイエムジンソク 56.0kg 牡5  古川吉洋  木原 一良
6 マル外 ドリームキラリ 56.0kg 牡5  矢作 芳人
7 ピオネロ 56.0kg 牡6  C.ルメール  松永 幹夫
8 マイティティー 54.0kg 牝5  本田 優
9 メイショウスミトモ 56.0kg 牡6  四位洋文  南井 克巳
10 モンドクラッセ 56.0kg 牡6  勝浦正樹  清水 英克
11 ヨヨギマック 56.0kg 牡6  菱田裕二  岡田 稲男
12 ラインハート 54.0kg 牝6  上原 博之
13 リッカルド 57.0kg せん6  黛弘人  黒岩 陽一
14 リーゼントロック 56.0kg 牡6  三浦皇成  矢作 芳人
15 ロンドンタウン 57.0kg 牡4  岩田康誠  牧田 和弥
16  シカク地オヤコダカ 56.0kg 牡5  石川倭  米川 昇
17  シカク地タマモホルン 56.0kg 牡6  左海誠二  小久保 智

参考 netkeiba

エルムステークス2017の当日の出演者からのサイン

出典 JRA

エルムステークス2017当日には、芸人の銀シャリ&尼神インターが来場し、札幌競馬場を盛り上げるそうです。

 

もしかして、銀シャリ&尼神インターがエルムステークス2017のサインになっているかも知れませんので、調べてみます。

 

銀シャリは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の漫才コンビ。

 

ボケ担当の鰻和弘は、1983年08月31日生まれ。

 

ツッコミ担当の橋本直は、1980年09月27日生まれ。

 

尼神インターも、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。

 

ボケ担当の狩野誠子は1988年12月4日生まれ。

 

ツッコミ担当の鹿島渚は1984年8月6日生まれ。

 

まずは、4人の生年月日と同じ騎手・調教師を探してみましたが、見つかりませんでした。

 

4人いるから四位騎手や4番というのもありえますね。

 

また、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属から、古川吉洋騎手というサインかも知れません。

JRAカレンダーからのサイン

出典 JRA

 

先週行われた小倉記念では、新冠町で生産されたタツゴウゲキが1着、レパードステークスでは登別市で生産されたローズプリンスダムが優勝しましたが、同枠には新冠町で生産されたイブキが配置されていました。

 

この結果からみても、撮影場所が新冠町の8月のJRAカレンダーがサインを発しているということになります。

 

エルムステークス2017の出走予定を見ると、新冠町で生産された馬は、ロンドンタウンと地方馬のオヤコダカしかいませんでした。

 

ロンドンタウンとオヤコダカ自身及び同枠には注意が必要ですね。

スポンサーリンク

最後に

エルムステークス2017は第22回のぞろ目開催となります。

 

前回のぞろ目開催であった第11回は2006年に行われています。

 

その2006年のエルムステークスで2着に入ったのは地方馬のジンクライシスでした。

 

今回、出走する2頭の地方馬には注意が必要かも知れません。

スポンサーリンク