G1の安田記念ではプレゼンターがいなかったのに、G3のエプソムカップではプレゼンターがいるそうです。

 

プレゼンターを務めるのはテラスハウスに出演していた筧美和子さん。

 

エプソムカップへのサインと思うのは私だけでしょうか?

 

今回は、筧美和子さんがプレゼンターを務めるエプソムカップ2017を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

エプソムカップ2017の出走予定馬(特別登録)

https://blogs.yahoo.co.jp/から引用

 

エプソムカップ2017の出走予定馬(特別登録)は19頭。

 

エプソムカップの出走可能頭数は18頭なので、回避がなければ1頭除外になります。

馬名 斤量 性齢 想定騎手 調教師
 1  アストラエンブレム  56.0kg 牡4  M.デムーロ 小島 茂之
 2  カムフィー  56.0kg 牡8  吉田隼人 池上 昌和
 3  クラリティシチー  56.0kg 牡6 上原 博之
 4  クラリティスカイ  56.0kg 牡5  田辺裕信 斎藤 誠
 5  タイセイサミット  56.0kg 牡4  戸崎圭太 矢作 芳人
 6  マル外ダッシングブレイズ  56.0kg 牡5  浜中俊 吉村 圭司
 7  デンコウアンジュ  54.0kg 牝4  蛯名正義 荒川 義之
 8  トーセンレーヴ  57.0kg 牡9  石川裕紀人 池江 泰寿
 9  ナスノセイカン  56.0kg 牡5  丸山元気 矢野 英一
 10  パドルウィール  56.0kg 牡6  池添謙一 中尾 秀正
 11  バーディーイーグル  56.0kg 牡7  吉田豊 国枝 栄
 12  ヒストリカル  57.0kg 牡8  横山典弘 音無 秀孝
 13  フルーキー  58.0kg 牡7  北村宏司 角居 勝彦
 14  ベルーフ  56.0kg 牡5  大野拓弥 池江 泰寿
 15  マイネルハニー  56.0kg 牡4  柴田大知 栗田 博憲
 16  マイネルミラノ  58.0kg 牡7  丹内祐次 相沢 郁
 17  メドウラーク  56.0kg 牡6  石橋脩 橋田 満
 18  リーサルウェポン  54.0kg 牡6 武市 康男
 19  マル外レッドレイヴン  56.0kg 牡7  内田博幸 藤沢 和雄

参考 netkeiba

筧美和子さんのプロフィール

出典 JRA

 

筧美和子さんは、1994年3月6日生まれの23歳のモデル、女優、バラエティタレント。

 

高校3年生の時に友達と行ったファッションショーでスカウトされ、芸能界入りしています。

 

東京都出身で、JJの専属モデル、プラチナムプロダクションに所属しています。

 

2013年、フジテレビ系バラエティ番組「テラスハウス」に出演し、注目を集めます。

 

2013年9月、「ワンライフモデルオーディション」で準グランプリ。

 

現在、競馬関係ではグリーンチャンネルweb 2017年イメージキャラクターを務めているそうです。

筧美和子さんからのサインは?

http://mkoichi.com/から引用

 

筧美和子さんの誕生日と同じ3月6日生まれの騎手・調教師はいませんでした。

 

また、出走予定馬にも3月6日生まれの馬はいませんでした。

 

もしかすると、3枠6番の馬が連対するかも知れませんね。

 

そして、筧美和子さんから牝馬も連想できますね。

 

出走予定馬には、デンコウアンジュと リーサルウェポンの2頭の牝馬がいます。

 

グリーンチャンネルから6枠も考えられます。

 

それから、筧美和子さんは2016年に行われた有馬記念の予想トークを小倉競馬場で行っています。

 

有馬記念は6枠11番のサトノダイヤモンドが優勝していますね。

スポンサーリンク

最後に

今年のエプソムカップは第34回の開幕戦にあたります。

 

第23回のエプソムカップは、4歳のトップガンジョーがゾロ目で勝っています。

 

トップガンジョーは、前年に条件戦を走っていた馬で、重賞を勝ったのは、エプソムカップが初でした。

 

また、第12回のエプソムカップは5歳のカネツクロスが、1人気に応えて勝っています。

 

カネツクロスも、4月まで条件戦を走っていた馬で、エプソムカップで重賞に初出走し、優勝しています。

 

そして2着は、第23回・第12回のエプソムカップいずれも7枠が起用されています。

 

 

エプソムカップ2017の出走予定馬の中で、条件戦を最近まで走っていた馬はアストラエンブレムかタイセイサミットあたりになります。

 

また、出馬表が出たら、再度検討したいと思います。

スポンサーリンク