ソウルスターリングが出馬表確定後に出走取消を行ったエプソムカップは、5人気のレイエンダが1着となり、2着には牝馬のサラキアが入りました。

 

一方、ハンデ戦のマーメイドステークスは、7人気のサラスが勝ち、10人気のレッドランディーニが2着に入り、今年も荒れた結果となっています。

 

今回は、エプソムカップ2019とマーメイドステークス2019の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

エプソムカップ2019の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 6 9 レイエンダ C.ルメール 5
2着 4 6 サラキア 丸山 元気 7
3着 3 4 ソーグリッタリング 浜中 俊 1

 

エプソムカップ2019で1着となったレイエンダは、別定戦の連対歴のない馬。

 

したがって、エプソムカップ2019では相手にも入れていない馬でした。

 

ただし、出馬表には、同枠となったソウルスターリングと共に、藤沢和雄厩舎が並んだ形になっているので、気になる存在ではありました。

 

結果から考えると、ソウルスターリングが出走取消となったことで、13頭立てでゴドルフィンが馬主のカラビナと逆枠同枠になったと考えるのが自然かと思います。

 

また、レイエンダは、特別指定交流競走の別定戦であるチャレンジカップで2着平行配置だったのも効いているのでしょうね。

 

2着に入ったサラキアは、阪神1800mの関西テレビ放送賞ローズステークスで2着だった馬。

 

夏季競馬で要注意の牝馬であり、相手の1番手に考えていましたが、G2の関西テレビ放送賞ローズステークス2着馬のサラキアを残すなら、同じG2の 朝日杯セントライト記念2着馬のレイエンダも考えるべきだったのでしょうね。

 

3着に入ったソーグリッタリングは、リステッド競走を連勝したことで、斤量がトップとなる57キロになっていた馬。

 

夏季競馬は弱者救済なので、リステッド競走を連勝することは、連対禁止ということなのかも知れません。

マーメイドステークス2019の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 2 3 サラス 松若 風馬 7
2着 8 16 レッドランディーニ 池添 謙一 10
3着 8 15 スカーレットカラー 岩田 康誠 5

 

マーメイドステークス2019の予想でも書きましたが、但馬ステークス1着馬がマーメイドステークスに出走した2012年は、1000万下条件戦の糺の森特別を2着し、前走で1000万下条件戦の御室特別を1着だったクリスマスキャロルが2着となっていました。

 

この戦歴に近いレッドランディーニが、2012年のマーメイドステークスでも2着となっています。

 

ただし、相手を間違えてしまいました。

 

マーメイドステークス2019で1着となったのは、1人気のセンテリュオと同枠となったサラスなんですが、海外レースのベルモントステークスで、日本のマスターフェンサーが3番に配置されていたことから、逆3番のクィーンズベストの方を上位に考えてしまいました。

 

サラスが3着に敗れた1600万下条件戦のパールステークスは、ゾロ目決着だったので、もう少し考えるべきだったのでしょうね。

スポンサーリンク

最後に

情報が多いということは、良いことでもあり、悪いことでもあります。

 

情報が多すぎることで、判断に迷いが生じてしまうデメリットがあります。

 

このため、ブログ更新を今週は抑えてみました。

 

令和になってからの夏季競馬はむずかしいですが、地道にやっていくしかないですね。

スポンサーリンク