2回中京3日に開催される中日スポーツ賞ファルコンステークスですが、 出走資格が変更されています。

 

といっても、指定交流競走が特別指定交流競走に変わったということです。

 

でも、わざわざ競馬番組一覧およびルールの出走資格を変更する競走として載っているということは大きな変更ということです。

 

今回は、中日スポーツ賞ファルコンステークス2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

中日スポーツ賞ファルコンステークス2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

中日スポーツ賞ファルコンステークス2018の出走予定(特別登録)は19頭。

 

中日スポーツ賞ファルコンステークス2018の出走可能頭数は18頭なので、回避馬が出なければフルゲートで行われそうです。

 

中日スポーツ賞ファルコンステークス2018の出走予定(特別登録)を見ると、昨年いなかったマル外が3頭います。

 

また、増量馬も昨年はいませんでした。

 

昨年との違いはこのあたりかな。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アサクサゲンキ 牡3 57.0kg 武 豊 音無 秀孝
2 アシャカデッシュ 牡3 56.0kg 鈴木 伸尋
3 アンブロジオ 牡3 56.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
4 エールショー 牡3 56.0kg 鈴木 孝志
5 カイザーメランジェ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 中野 栄治
6 クリノイダテン 牡3 56.0kg 谷 潔
7 タイセイアベニール 牡3 56.0kg 北村 友一 西村 真幸
8 タイセイプライド 牡3 57.0kg 岩田 康誠 西村 真幸
9 ダノンスマッシュ 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 安田 隆行
10 ダークリパルサー 牡3 56.0kg 丸山 元気 金成 貴史
11 テンクウ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 奥村 武
12 ドラグーンシチー 牡3 56.0kg 藤岡 康太 北出 成人
13 トロワゼトワル 牝3 54.0kg 安田 隆行
14 ヒシコスマー 牡3 56.0kg 荻野 極 清水 久詞
15 フロンティア 牡3 57.0kg 川田 将雅 中内田 充正
16 ミスターメロディ 牡3 56.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
17 ムスコローソ 牡3 56.0kg 津村 明秀 手塚 貴久
18 モズスーパーフレア 牝3 54.0kg 中谷 雄太 音無 秀孝
19 ヤマニンルネッタ 牝3 54.0kg 浅見 秀一

参考 netkeiba

中日スポーツ賞ファルコンステークス2018のプレゼンターからのサイン

中日スポーツ賞ファルコンステークス2018のプレゼンターはグラビアアイドルの都丸紗也華。

 

もしかしたら、都丸紗也華が中日スポーツ賞ファルコンステークス2018のサインを発信しているかも知れません。

 

都丸紗也華を調べてみました。

 

都丸紗也華は1996年9月26日生まれ。

 

プラチナムプロダクションに所属しています。

 

9月26日生まれは古川吉洋騎手がいますが、中日スポーツ賞ファルコンステークス2018の騎乗はあるのでしょうか?

 

また、女性なので牝馬でしょうか?

 

それとも、都とついているので東京都出身の騎手や調教師の馬でしょうか?

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスからの連動サイン

中日スポーツ賞という冠が付いている中日スポーツ賞ファルコンステークスですが、姉妹紙の東京中日スポーツの冠がついた東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスと連動があるのでしょうか?

 

2015年東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(14頭立て)

1着 ノンコノユメ 6枠10番(逆5番)

2着 タガノトネール 8枠13番(逆2番)

 

2016年中日スポーツ賞ファルコンステークス(18頭立て)

1着 トウショウドラフタ 3枠5番(逆14番)

2着 ブレイブスマッシュ 7枠15番(逆4番)

 

 

2016年東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(16頭立て)

1着 タガノトネール 6枠11番(逆6番)

2着 ゴールドドリーム 4枠8番(逆9番)

 

2017年中日スポーツ賞ファルコンステークス(16頭立て)

1着 コウソクストレート 5枠9番(逆8番)

2着 ボンセルヴィーソ 5枠10番(逆7番)

 

ここまでは連動していますね。

 

2017年東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(16頭立て)

1着 インカンテーション 7枠13番(逆4番)

2着 サンライズソア 5枠9番(逆8番)

 

今までの流れが継続されれば、正逆13番、正逆4番、正逆9番、正逆8番が連動することになります。

スポンサーリンク

最後に

中日スポーツ賞ファルコンステークスは2006年に6月から3月に移動していますが、その2006年から特別指定交流競走から指定交流競走に変更されています。

 

2005年の中日スポーツ賞ファルコンステークスは1200mで行われていましたが、1着となったカズサラインは57kgの増量馬でした。

 

カズサラインは2歳7月のマリーゴールド賞を勝利した後、8連敗を喫していた馬で、勝利したのは2歳未勝利戦とマリーゴールド賞の2勝馬。

 

57kgの増量馬は、中日スポーツ賞ファルコンステークス2018にアサクサゲンキ、タイセイプライド、フロンティアの3頭登録していますが、1400mを連勝したタイセイプライドが気になります。

スポンサーリンク