今年のKBS京都賞ファンタジーステークスは文化の日の祝日に開催されます。

 

そして、22回のぞろ目開催となっています。

 

昨年、KBS京都賞ファンタジーステークスで優勝したミスエルテは、朝日杯フューチュリティステークスで1人気になるほどの人気を集めましたが、その朝日杯フューチュリティステークスで4着敗退。

 

その後は勝利を収めることなく、現在に至っています。

 

今年のKBS京都賞ファンタジーステークスの勝者はどの馬になるのでしょうか?

 

今回は、KBS京都賞ファンタジーステークス2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

KBS京都賞ファンタジーステークス2017の出走予定(特別登録)

http://keiba-news.tv/から引用

 

KBS京都賞ファンタジーステークス2017の出走予定(特別登録)は14頭。

 

KBS京都賞ファンタジーステークス2017の出走可能頭数は18頭なので、登録段階でフルゲート割れとなっています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アマルフィコースト 牝2 54.0kg  浜中俊 牧田 和弥
2 アルモニカ 牝2 54.0kg  松若風馬 西村 真幸
3 アーデルワイゼ 牝2 54.0kg  C.ルメール 池添 学
4 コーディエライト 牝2 54.0kg  津村明秀 佐々木 晶三
5 スズカフェラリー 牝2 54.0kg  福永祐一 橋田 満
6 スノーガーデン 牝2 54.0kg  水口優也 吉田 直弘
7 ダイシンステルラ 牝2 54.0kg  勝浦正樹 牧田 和弥
8 トンボイ 牝2 54.0kg  酒井学 西園 正都
9 ニシノウララ 牝2 54.0kg  幸英明 伊藤 大士
10 ペイシャルアス 牝2 54.0kg  石橋脩 坂口 正則
11 ベルーガ 牝2 54.0kg  J.モレイラ 中内田 充正
12 ボウルズ 牝2 54.0kg  小牧太 小崎 憲
13 モズスーパーフレア 牝2 54.0kg  松若風馬 音無 秀孝
14 レグルドール 牝2 54.0kg  高倉稜 杉山 晴紀

参考 netkeiba

ぞろ目開催のKBS京都賞ファンタジーステークス

今年のKBS京都賞ファンタジーステークスは第22回のぞろ目開催となっています。

 

前回のぞろ目開催の第11回KBS京都賞ファンタジーステークスは2006年に行われていました。

 

では、2006年のKBS京都賞ファンタジーステークスの結果はどうだったのでしょうか?

 

2006年KBS京都賞ファンタジーステークス(14頭立て)

1着 アストンマーチャン 7枠12番(逆3番)  武豊騎手 3人気

前走 小倉2歳ステークス(小倉1200m)3人気1着

前々走  2歳未勝利戦(小倉1200m)1人気1着

2着 イクスキューズ 6枠9番(逆5番) 藤田伸二騎手 2人気

前走 札幌2歳ステークス(札幌1800m)2人気3着

前々走 クローバー賞(札幌1500m)1人気1着

3着 ハロースピード 8枠13番(逆2番) 吉田隼人騎手 1人気

前走 マリーゴールド賞(新潟1400m)1人気1着

 

2006年KBS京都賞ファンタジーステークスは1~3着までを2勝馬が占めました。

 

1着となったアストンマーチャンは小倉競馬場での連勝歴が効いているのでしょうか。

文化の日に行われたKBS京都賞ファンタジーステークス

文化の日に行われたKBS京都賞ファンタジーステークスは2002年。

 

ただし、2002年のKBS京都賞ファンタジーステークスは、今年と異なる日曜日開催でもありました。

 

2002年KBS京都賞ファンタジーステークス(12頭立て)

1着 ピースオブワールド 8枠11番(逆2番) 福永祐一騎手 1人気

前走 500万下条件戦・かえで賞(京都1400m)1人気1着

前々走 2歳新馬戦(京都ダート1400m)1人気1着

2着 シーイズトウショウ 6枠8番(逆5番) 池添謙一騎手 5人気

前走 500万下条件戦・りんどう賞(京都1400m)1人気3着

前々走 野菊路ステークス(阪神1600m)4人気2着

3着 トーホウアスカ  6枠7番(逆6番) 四位洋文騎手 4人気

前走 函館2歳ステークス(函館1200m)6人気2着

前々走 2歳新馬戦(阪神ダート1200m)2人気1着

 

1着となったピースオブワールドはKBS京都賞ファンタジーステークスまで1人気1着を継続していた馬で2勝馬です。

 

2着となったシーイズトウショウはデビュー戦と2戦目に小倉競馬場で走り、連続連対していた馬でした。

スポンサーリンク

最後に

KBS京都賞ファンタジーステークス2017の出走予定で、2勝馬はアマルフィコースト、ペイシャルアス、レグルドールの3頭です。

 

この3頭の中で小倉連続連対歴があるのは、ペイシャルアス、レグルドールの2頭です。

 

特に、レグルドールは小倉を3回走り、3回連続連対している馬です。

 

この馬に現段階では注目しています。

スポンサーリンク