チューリップ賞は、阪神ジュベナイルフィリーズ1着馬のソウルスターリングが制しました。

 

報知杯弥生賞は、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス1着馬のカデナが勝ちました。

 

今週は、桜花賞の前哨戦の報知杯フィリーズレビューとアネモネステークスがあります。

 

報知杯フィリーズレビューとアネモネステークスのダブル登録している馬も、ちらほらいますがどうなるのでしょうね。

 

今回は、報知杯フィリーズレビューについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

報知杯フィリーズレビュー2017の出走予定馬(特別登録)

報知杯フィリーズレビュー2017の出走予定馬(特別登録)は25頭います。

1  アカカ 54.0キロ
2  アズールムーン 54.0キロ
3  アルミューテン 54.0キロ
4  アンジュデジール 54.0キロ
5  ヴィルデローゼ 54.0キロ
6  エンゲルヘン 54.0キロ
7  カラクレナイ 54.0キロ
8  クインズサリナ 54.0キロ
9  ゴールドケープ 54.0キロ
10  シグルーン 54.0キロ
11  ジューヌエコール 54.0キロ
12  ステラルージュ 54.0キロ
13  スリーミスヨハネス 54.0キロ
14  スリーランディア 54.0キロ
15  タガノカトレア 54.0キロ
16  デスティニーソング 54.0キロ
17  ドロウアカード 54.0キロ
18  ビップキャッツアイ 54.0キロ
19  ビーカーリー 54.0キロ
20  フラウティスタ 54.0キロ
21  ベルカプリ 54.0キロ
22  モズカッチャン 54.0キロ
23  ヤマカツグレース 54.0キロ
24  ラーナアズーラ 54.0キロ
25  レーヌミノル 54.0キロ

1人気は、阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬のレーヌミノルになるのではないでしょうか。

阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬の参戦

阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬のレーヌミノルが、報知杯フィリーズレビューに出走予定となっていますが、阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬が報知杯フィリーズレビューに出走した年を見ていくと、2009年が気になります。

 

2008年の阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬のミクロコスモスは、デイリー杯クイーンカップ4着の後に報知杯フィリーズレビューに出走しています。

 

レーヌミノルも阪神ジュベナイルフィリーズ3着の後、デイリー杯クイーンカップ4着と同じ着順を刻んでいます。

 

2009年報知杯フィリーズレビュー

1着 ワンカラット 4枠7番 藤岡佑介騎手 6人気

前走 阪神ジュベナイルフィリーズ12着

前々走 KBS京都賞ファンタジーステークス2着

同枠 アンジュアイル 吉田隼人騎手 7人気

前走 デイリー杯クイーンカップ5着

対角 アイレンベルク 5枠10番

1400m連勝歴有り

2着 アイアムカミノマゴ  3枠6番 福永祐一騎手 3人気

前走 エルフィンステークス4着

同枠 スイリンカ

前走 500万下条件戦・こぶし賞(京都1600m)1着

4着 ミクロコスモス 6枠11番 武豊騎手 1人気

前走 デイリー杯クイーンカップ4着

阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬

 

ミクロコスモスは2着馬の対角配置になっていることから、不足馬であるといえます。

 

ミクロコスモスとレーヌミノルの違いは500万下条件の有無と重賞勝利歴です。

 

果たして、レーヌミノルはミクロコスモスとの違いを表現してくるのでしょうか。

デイリー杯2歳ステークス1着馬の参戦

報知杯フィリーズレビュー2017にデイリー杯2歳ステークス1着馬のジューヌエコールが参戦します。

 

報知杯フィリーズレビューにデイリー杯2歳ステークス1着馬が出走してくるケースは、ほとんどありませんが、デイリー杯3歳ステークスを含めると2回ありました。

 

2013年報知杯フィリーズレビュー(16頭立て)

1着 ベルカント     1枠1番 武豊騎手 2人気

前走 朝日杯フューチュリティステークス10着

前々走 KBS京都賞ファンタジーステークス1着

同枠 ダンスアミーガ デムーロ騎手 5人気

前走 500万下条件戦・平場(1400m)1人気1着

全戦1人気所持馬

2着 ニホンピロアンバー  6枠12番 秋山真一郎騎手 13人気

前走 500万下条件戦・秋明菊賞(1200m)1着

同枠 ホッコーサラスター 池添謙一騎手 4人気

前走 500万下条件戦・平場(京都1400m)1着

3着 エスメラルディーナ  7枠14番 ペドロサ騎手 6人気

前走 ジュニアカップ1着

同枠 リアルヴィーナス

前走 500万下条件戦・つわぶき賞(中京1400m)1着

前々走 KBS京都賞ファンタジーステークス5着

5着 ホウライアキコ 4枠7番 和田竜二騎手 1人気

前走 阪神ジュベナイルフィリーズ7着

前々走 デイリー杯2歳ステークス1着

 

ホウライアキコは1400mの出走がなかった馬で、ホウライアキコの同枠馬のフクノドリームはKBS京都賞ファンタジーステークスで8着に敗れていました。

 

1995年報知杯4歳牝馬特別(現 報知杯フィリーズレビュー)(16頭立て)

1着 ライデンリーダー    1枠2番 安藤勝己騎手 2人気 地方馬

前走 うぐいす特別(ダート1600m)1着

ダート1400m4勝

2着 エイユーギャル  8枠16番 四位洋文騎手 1人気

前走 バイオレットステークス(1400m)1着

3着 タニノルション  1枠1番 河内洋騎手 5人気

前走 4歳未出走1着(芝1200m)

9着 マキシムシャレード 5枠10番 4人気

前走 アネモネステークス(1400m)5着

デイリー杯3歳ステークス(1400m)1着馬

 

やはり、報知杯フィリーズレビューは1400mだけあって、1400mで実績のある馬が強いレースです。

 

2着馬も、自身か同枠に1400m勝利歴があります。

 

報知杯フィリーズレビュー2017に、KBS京都賞ファンタジーステークス1着馬のミスエルテの名前はありませんが、1400m実績馬に注意は必要です。

スポンサーリンク

最後に

報知杯フィリーズレビューは桜花賞の前哨戦になりますが、桜花賞に直結するのはチューリップ賞ばかりです。

 

格はG2だから、報知杯フィリーズレビューの方が上なのに、なぜかあまり連対馬が出ません。

 

報知杯フィリーズレビュー2017に出走予定している馬も、あまり実績馬が見当たりません。

 

1400mという距離が問題なのでしょうか。

スポンサーリンク