地方馬を含めた18頭で争われる報知杯フィリーズレビューは、上位3着までに入れば優先出走権が与えられるレースです。

 

先日行われたチューリップ賞は地方馬の出走はありませんでした。

 

そういえば、昨年のレースで地方馬が出走したレースがありましたよね。

 

あのレースです。

 

今回は報知杯フィリーズレビュー2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

報知杯フィリーズレビュー2018の出馬表

出典 JRA

 

報知杯フィリーズレビュー2018には27頭が登録し、キャッチミーアップ、クリノフラッシュ、シグナライズ、ダンシングチコ、ラテュロス、レッドレグナントが回避し、キープシークレット 、 トロワゼトワル 、 ミトノレインボーが抽選で外れ18頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はモルトアレグロ、2人気はアンコールプリュ、3人気はアンヴァルとなっています。

1枠 1番 アンヴァル 牝3 54.0kg 藤岡 佑介 藤岡 健一
2番 デルニエオール 牝3 54.0kg 岩田 康誠 池江 泰寿
2枠 3番 マドモアゼル 牝3 54.0kg 松田 大作 斎藤 誠
4番 レッドシャーロット 牝3 54.0kg 横山 典弘 庄野 靖志
3枠 5番 イサチルルンルン 牝3 54.0kg 国分 恭介 竹内 正洋
6番 アマルフィコースト 牝3 54.0kg 浜中 俊 牧田 和弥
4枠 7番 モルトアレグロ 牝3 54.0kg 田辺 裕信 武井 亮
8番 ビリーバー 牝3 54.0kg 杉原 誠人 石毛 善彦
5枠 9番 アンコールプリュ 牝3 54.0kg 藤岡 康太 友道 康夫
10番 リバティハイツ 牝3 54.0kg 北村 友一 高野 友和
6枠 11番 ナディア 牝3 54.0kg 鮫島 克駿 笹田 和秀
12番 スウォナーレ 牝3 54.0kg 大山 真吾 坂本 和也
7枠 13番 メイショウコゴミ 牝3 54.0kg 秋山 真一郎 飯田 祐史
14番 アルモニカ 牝3 54.0kg 川田 将雅 西村 真幸
15番 コーディエライト 牝3 54.0kg 和田 竜二 佐々木 晶三
8枠 16番 ギンコイエレジー 牝3 54.0kg 古川 吉洋 南井 克巳
17番 ラブカンプー 牝3 54.0kg 松山 弘平 森田 直行
18番 アリア 牝3 54.0kg 丸山 元気 沖 芳夫

2017年報知杯弥生賞からのサイン

昨年の3歳牡馬路線で、報知杯弥生賞には地方馬の出走、フジテレビ賞スプリングステークスには地方馬の出走がありませんでした。

 

では、まず地方馬の出走のなかったフジテレビ賞スプリングステークスから見てみます。

 

2017年フジテレビ賞スプリングステークス(11頭立て)

1着 ウインブライト 8枠10番(逆2番) 松岡正海騎手 5人気

2着 アウトライアーズ 7枠8番(逆4番) 田辺裕信騎手 2人気

3着 プラチナヴォイス 6枠7番(逆5番)和田竜二騎手 6人気

 

では、次に地方馬の出走のなかった2018年チューリップ賞の結果を見てみます。

 

2018年チューリップ賞(10頭立て)

1着 ラッキーライラック 5枠5番(逆6番)石橋脩騎手 1人気

2着 マウレア 4枠4番(逆7番)武豊騎手 3人気

3着 リリーノーブル 8枠9番(逆2番)川田将雅騎手 2人気

 

着順こそ異なりますが、連動していることが分かります。

 

そして、2017年の報知杯弥生賞の結果を見てみます。

 

2017年報知杯弥生賞(12頭)

1着 カデナ 8枠11番(逆2番)福永祐一騎手 1人気

2着 マイスタイル 7枠10番(逆3番)横山典弘騎手  8人気

3着 ダンビュライト 4枠4番(逆9番)ルメール騎手 5人気

12着 キャッスルクラウン 地方馬 5枠6番(逆7番)

 

報知杯フィリーズレビュー2018でも、地方馬のスウォナーレが逆7番で一致しています。

2018年チューリップ賞からのサイン

2018年チューリップ賞で馬券圏内に入った3頭は着順こそ違いますが、阪神ジュベナイルフィリーズの1~3着馬です。

 

チューリップ賞は阪神ジュベナイルフィリーズと同じ阪神1600mのレースであることが大事であると思います。

 

2018年チューリップ賞(10頭立て)

1着 ラッキーライラック 5枠5番(逆6番)石橋脩騎手 1人気

前走 阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神1600m)2人気1着

2着 マウレア 4枠4番(逆7番)武豊騎手 3人気

前走 デイリー杯クイーンカップ(東京1600m)1人気5着

前々走 阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神1600m)4人気3着

ディープインパクト産駒

3着 リリーノーブル 8枠9番(逆2番)川田将雅騎手 2人気

前走 阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神1600m)3人気2着

 

では、報知杯フィリーズレビュー2018はどうでしょうか?

 

報知杯フィリーズレビュー2018は阪神1400mのレースです。

 

阪神1400mという距離を考えた場合、3着歴のある馬はリバティハイツ、2着歴のある馬はラブカンプー、1着歴のある馬はデルニエオール、アマルフィコースト、メイショウコゴミ、アルモニカの4頭です。

 

そして、気になっているのは、チューリップ賞のマウレアがディープインパクト産駒であることです。

 

ディープインパクト産駒はアンコールプリュだけです。

スポンサーリンク

報知杯フィリーズレビュー2018の予想の結論

報知杯フィリーズレビュー2018が開催される3月11日が東日本大震災が起きた日であることが、やはり気になります。

 

そして、もう1つ気になることがあります。

 

先週行われた報知杯弥生賞で、初出走で重賞に出走し、最下位に沈み引退した ヘヴィータンクです。

 

この馬はクロフネ産駒でした。

 

昨日行われたローレル競馬場賞中山牝馬ステークスではカワキタエンカが勝っていますが、カワキタエンカの母カワキタラブポップの父はクロフネでした。

 

1着馬の特定ができないので、2着型のアンコールプリュから入ります。

 

相手はコーディエライト、アルモニカ、1人気のモルトアレグロ、デルニエオール、ラブカンプーにします。

スポンサーリンク