昨年のサンケイスポーツ賞フローラステークスは、阪神2400mの条件戦を勝ちあがってきたサトノワルキューレが、1人気に応え優勝しました。

 

2着に入ったのは、中山2000mの3歳未勝利戦を勝ったばかりのパイオニアバイオが入りました。

 

サトノワルキューレは、オークスでも3人気に支持されましたが6着に敗れ、パイオニアバイオもオークスでは7着に終わり、サンケイスポーツ賞フローラステークス組はオークスでの活躍はありませんでした。

 

今年のサンケイスポーツ賞フローラステークスはどんな結果となるのでしょう?

 

今回は、サンケイスポーツ賞フローラステークス2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ賞フローラステークス2019の出走予定(特別登録)

サンケイスポーツ賞フローラステークス2019の出走予定(特別登録)は19頭。

 

ウィクトーリア、シャドウディーヴァあたりが人気を集めそうです。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アモレッタ 牝3 54.0kg 三浦 皇成 藤原 英昭
2 イノセントミューズ 牝3 54.0kg 蛯名 正義 笹田 和秀
3 ヴィエナブロー 牝3 54.0kg 藤田 菜七子 林 徹
4 ウィクトーリア 牝3 54.0kg 戸崎 圭太 小島 茂之
5 ウインゼノビア 牝3 54.0kg 松岡 正海 青木 孝文
6 エアジーン 牝3 54.0kg M.デムーロ 堀 宣行
7 エトワール 牝3 54.0kg 牧 光二
8 クラサーヴィツァ 牝3 54.0kg 秋山 真一郎 武井 亮
9 グランデストラーダ 牝3 54.0kg 横山 典弘 友道 康夫
10 シャドウディーヴァ 牝3 54.0kg 岩田 康誠 斎藤 誠
11 ジョディー 牝3 54.0kg 武藤 雅 戸田 博文
12 セラピア 牝3 54.0kg 藤岡 康太 藤岡 健一
13 ネリッサ 牝3 54.0kg 勢司 和浩
14 パッシングスルー 牝3 54.0kg 石橋 脩 黒岩 陽一
15 フェアリーポルカ 牝3 54.0kg 和田 竜二 西村 真幸
16 フォークテイル 牝3 54.0kg 田辺 裕信 中川 公成
17 ペレ 牝3 54.0kg 大野 拓弥 奥村 武
18 レオンドーロ 牝3 54.0kg 柴田 大知 伊藤 大士
19 ローズテソーロ 牝3 54.0kg 黛 弘人 金成 貴史

参考 netkeiba

春の3歳重賞馬連からのサイン

サンケイスポーツ賞フローラステークス2019も、春の3歳重賞馬連で指定されたレース。

 

最初から記載すると長くなるので、アーリントンカップから見てみます。

 

アーリントンカップ(18頭立て)

1着 イベリス 牝3 54kg 5枠9番(逆10番)浜中俊騎手 12人気

2着 カテドラル 牡3 56kg 5枠10番(逆9番)シュタルケ騎手 7人気

 

皐月賞(18頭立て)

1着 サートゥルナーリア 牡3 57kg 6枠12番(逆7番)ルメール騎手 1人気

2着 ヴェロックス 牡3 57kg 4枠7番(逆12番) 川田将雅騎手 4人気

 

アーリントンカップの人気歴を皐月賞で馬番に置き換えています。

 

主催者は、こうしたことが好きですね。

 

サンケイスポーツ賞フローラステークス2019が何頭立てになるかは分かりませんが、正逆12番と7番、1人気、4人気には注意したいと思います。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスからのサイン

サンケイスポーツの冠が付いたレースは、サンケイスポーツ賞フローラステークスとサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの2レース。

 

昨年も取り上げましたが、結果を見てみます。

 

2016年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(13頭立て)

1着 スマートレイアー 5枠7番(逆7番)M.デムーロ騎手 2人気

2着 ミッキークイーン 5枠6番(逆8番ルメール騎手 1人気

 

2016年サンケイスポーツ賞フローラステークス(18頭立て)

1着 チェッキーノ 8枠18番(逆1番)ルメール騎手 3人気

2着 パールコード 6枠11番(逆8番)川田将雅騎手 2人気

 

 

2017年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(16頭立て)

1着 ミッキークイーン 3枠6番(逆11番)浜中俊騎手 1人気

2着 アドマイヤリード 8枠16番(逆1番)ルメール騎手 3人気

 

2017年サンケイスポーツ賞フローラステークス(18頭立て)

1着 モズカッチャン 1枠1番(逆18番)和田竜二騎手 12人気

2着 ヤマカツグレース 4枠7番(逆12番)横山典弘騎手 10人気

 

 

2018年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(13頭立て)

1着 ミスパンテール 7枠11番(逆3番)横山典弘騎手 4人気

2着 レッドアヴァンセ 7枠10番(逆4番)北村友一騎手 11人気

 

2018年サンケイスポーツ賞フローラステークス(16頭立て)

1着 サトノワルキューレ 2枠4番(逆13番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 パイオニアバイオ 8枠15番(逆2番)柴田善臣騎手 13人気

 

ここまでは連動しています。

 

2019年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(14頭立て)

1着  ミッキーチャーム 5枠8番(逆7番) 川田将雅騎手 4人気

2着 アマルフィコースト 8枠14番(逆1番)坂井瑠星騎手 12人気

スポンサーリンク

最後に

昨年のサンケイスポーツ賞フローラステークス2着馬のパイオニアバイオは、初勝利を挙げるまでに8戦を要した馬でしたが、13人気の低評価にかかわらず、2着を確保しています。

 

パイオニアバイオが2着に来れた要因は、初勝利が2000mであったこともありますが、東京競馬場での連続連対も大きいと思います。

 

東京競馬場での連続連対歴のあるエトワール、クラサーヴィツァ、シャドウディーヴァは注意が必要かも知れません。

スポンサーリンク