2017年から正式名称が、「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス」という長いレース名になった府中牝馬ステークス!

 

2014年から、このレースの1着馬にはエリザベス女王杯の優先出走権が与えられるようになりました。

 

エリザベス女王杯の裏ルートである秋華賞とともに、エリザベス女王杯のステップ競走として重要なレースとして位置づけられています。

 

今回は、エリザベス女王杯のステップ競走のアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス2018の出走予定(特別登録)は13頭。

 

3歳馬の登録はありません。

 

2017年のオークス馬のソウルスターリング、秋華賞馬のディアドラ、ヴィクトリアマイル1着馬のジュールポレールなどの名前がありますね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アドマイヤリード 牝5 55.0kg 田辺裕信 須貝 尚介
2 カワキタエンカ 牝4 54.0kg 池添謙一 浜田 多実雄
3 キョウワゼノビア 牝5 54.0kg 田中勝春 角田 晃一
4 キンショーユキヒメ 牝5 54.0kg 戸崎圭太 中村 均
5 クロコスミア 牝5 55.0kg 岩田康誠 西浦 勝一
6 ジュールポレール 牝5 56.0kg 幸英明 西園 正都
7 ソウルスターリング 牝4 55.0kg 北村宏司 藤沢 和雄
8 ディアドラ 牝4 56.0kg C.ルメール 橋田 満
9 フロンテアクイーン 牝5 54.0kg 蛯名正義 国枝 栄
10 ミスパンテール 牝4 55.0kg 横山典弘 昆 貢
11 メイズオブオナー 牝4 54.0kg 福永祐一 藤原 英昭
12 リスグラシュー 牝4 54.0kg 矢作 芳人
13 ワンブレスアウェイ 牝5 54.0kg 古賀 慎明

参考 netkeiba

ぐでたまスペシャルイベントからのサイン

第4回東京競馬開催日イベントをみると、10月13日から14日にかけて、東京競馬場で「ぐでたまスペシャルイベント」が行われるようです。

 

「ぐでたまスペシャルイベント」の詳細をクリックしてみると、第1話「ぐでたまレース観戦」が見ることができます。

 

レースで勝ったのは、ショウユという馬なんですが、ゼッケン5番を付けていました。

 

また、2着に入ったのはゼッケン7番の馬。

 

案外、主催者は遊び感覚でやってきますので、片隅に入れておくのがいいかも?

ゾロ目回からのサイン

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス2018は、第66回開催のゾロ目回になります。

 

では、前回のゾロ目開催の府中牝馬ステークスの結果はどうだったのでしょうか?

 

第55回(2007年)府中牝馬ステークス(16頭立て)

1着 デアリングハート  牝5 55kg 4枠8番(逆9番)藤田伸二騎手 4人気

前走 北海道新聞杯クイーンステークス(札幌1800m・別定)4人気7着

前々走 エプソムカップ(東京1800m・別定)3人気9着

2006年府中牝馬ステークス1着馬

2着 アサヒライジング  牝4 55kg 8枠15番(逆2番)北村宏司騎手 1人気

前走 北海道新聞杯クイーンステークス(札幌1800m・別定)2人気1着

前々走 ヴィクトリアマイル(東京1600m)9人気2着

3着 アドマイヤキッス  牝4 55kg 1枠1番(逆16番)岩田康誠 騎手 2人気

前走 北海道新聞杯クイーンステークス(札幌1800m・別定)1人気4着

前々走 安田記念(東京1600m)15人気4着

 

第55回府中牝馬ステークスの覇者は、前年の府中牝馬ステークスの1着馬のデアリングハート!

 

デアリングハートは、前年の府中牝馬ステークスを勝った後、賞金未加算だった馬でした。

 

一方、2着になったのは、秋華賞・ヴィクトリアマイル2着馬のアサヒライジングでした。

 

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス2018には、前年のアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス1着馬のクロコスミアがいます。

 

また、リスグラシューは、秋華賞・ヴィクトリアマイル2着馬です。

 

ただし、2017年アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスは、日・アイルランド外交関係樹立60周年記念の副題がついていました。

スポンサーリンク

最後に

産経賞オールカマー、毎日王冠の流れを考えると、関西テレビ放送賞ローズステークス2着馬のカワキタエンカは気になる馬です。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク