マイルチャンピオンシップのトライアルレースとして行われる富士ステークスって、結構3歳馬が勝っているレースなんですね。

 

エアジハードやステファノス、ダノンプラチナなどが3歳時に勝っています。

 

今年の富士ステークスにも、 朝日杯フューチュリティステークス1着馬のサトノアレスを筆頭に、4頭の3歳馬が登録されています。

 

今回は、朝日杯フューチュリティステークス1着馬のサトノアレス、皐月賞2着馬のペルシアンナイトが出走予定の富士ステークス2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

富士ステークス2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

富士ステークス2017の出走予定(特別登録)は15頭。

 

富士ステークス2017の出走可能頭数は18頭なので、登録段階でフルゲート割れです。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1  イスラボニータ  牡6  58.0kg  C.ルメール  栗田 博憲
2  エアスピネル  牡4  57.0kg  武豊  笹田 和秀
3  ガリバルディ  牡6  56.0kg  岩田康誠  藤原 英昭
4  クラリティシチー  牡6  56.0kg  吉田隼人  上原 博之
5  グランシルク  牡5  57.0kg  田辺裕信  戸田 博文
6  クルーガー  牡5  57.0kg  高野 友和
7  サトノアレス  牡3  54.0kg  V.シュミノー  藤沢 和雄
8  ジョーストリクトリ  牡3  56.0kg  荻野極  清水 久詞
9  ダイワリベラル  牡6  56.0kg  田中勝春  菊沢 隆徳
10  ブラックムーン  牡5  56.0kg  戸崎圭太  西浦 勝一
11  ペルシアンナイト  牡3  55.0kg  M.デムーロ  池江 泰寿
12  マイネルアウラート  牡6  56.0kg  柴田大知  高橋 裕
13  ミュゼエイリアン  せん5  56.0kg  黒岩 陽一
14  レッドアンシェル  牡3  54.0kg  福永祐一  庄野 靖志
15  ロードクエスト  牡4  56.0kg  池添謙一  小島 茂之

参考 netkeiba

東京6日からのサイン

富士ステークス2017は、4回東京6日のメーンレースとなっています。

 

では、1回東京6日、2回東京6日、3回東京6日のメーンレースの結果はどうだったのでしょうか。

 

1回東京6日 共同通信杯(11頭立て)

1着 スワーヴリチャード 1枠1番(逆11番) 四位洋文騎手 2人気

2着 エトルディーニュ 7枠8番(逆4番) 柴山雄一騎手 6人気

3着 ムーヴザワールド 4枠4番(逆8番) 戸崎圭太騎手 1人気

 

2回東京6日 NHKマイルカップ(18頭立て)

1着 アエロリット 8枠16番(逆3番) 横山典弘騎手 2人気

2着 リエノテソーロ 7枠14番(逆5番)  吉田隼人騎手 13人気

3着 ボンセルヴィーソ 3枠6番(逆13番)  松山弘平騎手 6人気

 

3回東京6日 ユニコーンステークス(16頭立て)

1着  サンライズノヴァ 4枠8番(逆9番)  戸崎圭太騎手 2人気

2着 ハルクンノテソーロ 1枠2番(逆15番)  田辺裕信騎手 5人気

3着 サンライズソア 8枠15番(逆2番) 岩崎翼騎手 3人気

 

3レースの共通項は1着が2人気であることです。

朝日杯フューチュリティステークス1着馬が3歳時に富士ステークスに出走

朝日杯フューチュリティステークス1着馬のサトノアレスが、3歳で富士ステークスに出走する予定になっています。

 

過去に朝日杯フューチュリティステークス1着馬が、3歳で富士ステークスに出走したのは2005年と2015年。

 

2005年富士ステークス(16頭立て)

1着 ウインラディウス 6枠12番(逆5番) 牡7 田中勝春騎手 3人気

前走 京成杯オータムハンデ3着

同枠 オーゴンサンデー 牝6 勝浦正樹騎手 最下位人気

前走 ペルセウスステークス(ダート1800m)11着

2着 タニノマティーニ 5枠10番(逆7番) 牡5 須貝尚介騎手 11人気

前走 ポートアイランドステークス1着

同枠 グランリーオ 牡5 松岡正海騎手 7人気

前走 函館記念6着

3着 キネティクス 7枠14番(逆3番) 牡6 池添謙一騎手 1人気

前走 京成杯オータムハンデ5着

同枠 コスモサンビーム 牡4 柴田善臣騎手 4人気

前走 京成杯オータムハンデ10着

2003年朝日杯フューチュリティステークス1着馬

6着 マイネルレコルト 2枠3番(逆14番)牡3 後藤浩輝騎手 2人気

前走 セントライト記念9着

2004年朝日杯フューチュリティステークス1着馬

※ マイネルレコルトは朝日杯フューチュリティステークス1着以降は勝利歴なし

 

2015年富士ステークス(16頭立て)

1着 ダノンプラチナ 2枠3番(逆14番) 牡3 蛯名正義騎手 4人気

前走 皐月賞11着

2014年朝日杯フューチュリティステークス1着馬

同枠 マイネルホウオウ 牡5 柴田大知騎手 13人気

前走 ポートアイランドステークス2着

2013年NHKマイルカップ1着馬

2着 サトノアラジン  6枠11番(逆6番) 牡4 ルメール騎手 1人気

前走 エプソムカップ2着

前々走 モンゴル大統領賞1着

同枠 アルバタックス 牡5 岩田康誠騎手 15人気

前走 関屋記念5着

3着 ロゴタイプ 7枠14番(逆3番)牡5 デムーロ騎手 3人気

前走 産経賞オールカマー4着

2012年朝日杯フューチュリティステークス1着馬

2013年皐月賞1着馬

同枠 ワールドエース 牡6 北村宏司騎手 11人気

前走 ドンカスターマイル(G1)8着

※ ダノンプラチナは朝日杯フューチュリティステークス1着以降は勝利歴なし

 

2005年富士ステークスのマイネルレコルトと2015年のダノンプラチナの違いは、同枠にNHKマイルカップ1着馬がいるかいないかです。

つまり、朝日杯フューチュリティステークス1着馬自体は、東京1600mで行われる富士ステークスでは意味が大してないということですね。

 

それより、富士ステークスと同じ東京1600mのNHKマイルカップ1着馬が同枠にいるかどうかが大事です。

スポンサーリンク

最期に

昨年の富士ステークスに出走し、最下位に終わったミュゼエイリアンが、せん馬として富士ステークス2017に登録されています。

 

せん馬になってから、初めての重賞の鳴尾記念で1着同枠配置になっているので、この馬の同枠に注意したいと思います。

スポンサーリンク