函館記念の出馬表が確定しました。

 

フルゲートの16頭立てで決定しましたね。

 

朝日杯フューチュリティステークス1着馬のサトノアレスは1枠1番に配置されました。

 

今回は函館記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

函館記念2017の出馬表

出典 JRA

 

函館記念2017には18頭が登録し、ジョルジュサンクとトウシンモンステラが除外となっています。

1枠 1番  サトノアレス  54.0kg  牡3  C.ルメール  藤沢 和雄
2番  ダンツプリウス  56.0kg  牡4  丸山 元気  山内 研二
2枠 3番  ナリタハリケーン  54.0kg  牡8  藤岡 康太  中尾 秀正
4番  ケイティープライド  52.0kg  牡7  鮫島 克駿  角田 晃一
3枠 5番  レッドソロモン  56.0kg  牡5  岩田 康誠  庄野 靖志
6番  アングライフェン  55.0kg  牡5  北村 友一  安田 隆行
4枠 7番  マイネルミラノ  58.0kg  牡7  丹内 祐次  相沢 郁
8番  カムフィー  54.0kg  牡8  勝浦 正樹  池上 昌和
5枠 9番  スーパームーン  55.0kg  牡8  四位 洋文  藤沢 和雄
10番  ステイインシアトル  57.0kg  牡6  武 豊  池江 泰寿
6枠 11番  ツクバアズマオー  57.0kg  牡6  吉田 豊  尾形 充弘
12番  ルミナスウォリアー  55.0kg  牡6  柴山 雄一  和田 正一郎
7枠 13番  パリカラノテガミ  53.0kg  牡6  松岡 正海  清水 英克
14番  タマモベストプレイ  56.5kg  牡7  吉田 隼人  南井 克巳
8枠 15番  ヤマカツライデン  55.0kg  牡5  池添 謙一  池添 兼雄
16番  マル地サクラアンプルール  56.0kg  牡6  蛯名 正義  金成 貴史

当年日刊スポーツ賞中山金杯1着馬の参戦からのサイン

函館記念2017に日刊スポーツ賞中山金杯1着馬のツクバアズマオーが出走します。

 

案外、当年日刊スポーツ賞中山金杯1着馬が函館記念に出走することはなく、1999年のサイレントハンター以来となっています。

 

1999年函館記念(16頭立て)

1着 ジョービッグバン 5歳牡馬 50kg 3枠6番(逆11番) 田面木博騎手 6人気

前走 500万下条件戦・平場(函館2000m)1着

同枠  ブリリアントロード 5歳牡馬 55kg  山田和広騎手 4人気

前走 新潟大賞典1着  同年 スポニチ賞京都金杯2着馬

2着  エイシンガイモン 7歳牡馬 55kg 1枠1番(逆16番)  芹沢純一騎手 10人気

前走 新潟大賞典3着

3着 カミノクレモナ 7歳牡馬  51kg 1枠2番(逆15番) 菊沢隆仁騎手 最下位人気

前走 巴賞5着

8着  サイレントハンター 7歳牡馬 59kg 2枠4番(逆13番) 吉田豊騎手 2人気

前走 金鯱賞4着 日刊スポーツ賞中山金杯1着馬

 

1着同枠のブリリアントロードと2着のエイシンガイモンの前走である新潟大賞典は、翌年福島開催になっています。

朝日杯フューチュリティステークス1着馬の参戦

今年は朝日杯フューチュリティステークス1着馬のサトノアレスが参戦します。

 

朝日杯フューチュリティステークス1着馬が函館記念に参戦した過去を調べてみましたが、見つかりませんでした。

 

しかし、2008年に朝日杯フューチュリティステークス1着馬のゴスホークケンが函館スプリントステークスに出走しています。

 

2008年函館スプリントステークス(16頭立て)

1着 キンシャサノキセキ 5歳牡馬 56kg  3枠6番(逆11番) マル外 岩田康誠騎手 1人気

前走 高松宮記念2着

同枠 コパノフウジン 6歳牡馬 56kg  藤岡佑介騎手 15人気

前走 春雷ステークス4着

2着 トウショウカレッジ 6歳牡馬 56kg  1枠1番(逆16番) 池添謙一騎手 5人気

前走 CBC賞9着

同枠 スピニングノアール 7歳牡馬 56kg  四位洋文騎手 7人気

前走 CBC賞2着

3着 キングストレイル 6歳牡馬 57kg  4枠8番(逆9番) D.ホワイト騎手 4人気

前走  京王杯スプリングカップ5着

同枠 マイネルスケルツィ 5歳牡馬 56kg  三浦皇成騎手 11人気

前走 千葉ステークス(ダート1200m)15着

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRA

 

JRAフェイスブックには、2010年の函館記念を優勝したマイネルスターリーの記事がありました。

 

マイネルスターリーはホワイト騎手が騎乗し、2人気で1着した5歳牡馬でした。

 

ゼッケンは6番ですね。

 

前走は 新潟大賞典で4着の馬で、重賞初制覇でした。

 

マイネルスターリーで気になるのは、前年10月に行われた特別指定交流競走のアイルランドトロフィで1着になっていることです。

スポンサーリンク

まとめ

昨年は函館競馬場開設 120 周年記念という副題が付けられていた函館記念ですが、今年は副題が付けられていません。

 

また、巴賞も昨年は北海道新幹線開業記念という副題が付けられていましたが、今年は副題がありません。

 

この巴賞組を使うのではないでしょうか。

 

6番のアングライフェンの同枠のレッドソロモンは、4走前の特別指定交流競走のアンドロメダステークスで1着となっているのもいいと思います。

 

このため、6番のアングライフェンを軸とします。

 

相手は巴賞1着馬のサトノアレス、6枠のツクバアズマオー、ルミナスウォリアー、そしてカムフィーとします。

スポンサーリンク

(追加)

マイネルミラノが気になるので相手に追加します。