サマー2000シリーズ第2戦となる函館記念が7月15日に行われます。

 

函館記念は、特別指定交流戦のハンデ戦ですね。

 

そして、農林水産省賞という冠が付いています。

 

昨年は5人気のルミナスウォリアーが1着、14人気のタマモベストプレイが2着、7人気のヤマカツライデンが3着に入り、3連単は915,320円付いています。

 

荒れるハンデ重賞といったところでしょう。

 

今回は、函館記念2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

函館記念2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

函館記念2018の出走予定(特別登録)は16頭。

 

昨年も16頭立てで行われていました。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 エアアンセム 牡7 55.0kg 藤岡 佑介 吉村 圭司
2 エテルナミノル 牝5 54.0kg 四位 洋文 本田 優
3 カデナ 牡4 56.0kg 藤岡 康太 中竹 和也
4 カレンラストショー 牡6 54.0kg 北村 友一 橋口 慎介
5 クラウンディバイダ 牡5 54.0kg 吉田 隼人 斎藤 誠
6 ゴールドサーベラス 牡6 54.0kg 柴山 雄一 清水 英克
7 サクラアンプルール 牡7 57.5kg 田辺 裕信 金成 貴史
8 スズカデヴィアス 牡7 57.0kg 三浦 皇成 橋田 満
9 トリコロールブルー 牡4 56.0kg C.ルメール 友道 康夫
10 ナイトオブナイツ 牡5 56.0kg 池添 謙一 池添 兼雄
11 ナスノセイカン 牡6 55.0kg 丸山 元気 矢野 英一
12 ブラックバゴ 牡6 56.0kg 岩田 康誠 斎藤 誠
13 ブレスジャーニー 牡4 56.0kg 柴田 善臣 佐々木 晶三
14 マイネルハニー 牡5 57.0kg 丹内 祐次 栗田 博憲
15 ヤマカツライデン 牡6 54.0kg 国分 恭介 池添 兼雄
16 ロジチャリス 牡6 56.0kg 蛯名 正義 国枝 栄

参考 netkeiba

函館記念2018のゲストプレゼンターからのサイン

函館記念2018のゲストプレゼンターは桜井日奈子。

 

もしかすると、桜井日奈子が函館記念2018のサインを発信しているかも知れません。

 

ちょっと、桜井日奈子を調べてみました。

 

桜井日奈子は1997年4月2日生まれ。

 

岡山県出身で、2014年の「岡山美少女美人コンテスト」美少女グランプリ。

 

岡山県出身というところから、岡山県出身の古川吉洋騎手の騎乗があるのでしょうか?

 

また、桜井日奈子という名前から、サクラアンプルールは気になりますね。

2007年函館記念からのサイン

函館記念2018は第54回開催です。

 

これは、七夕賞と同じですね。

 

第54回開催は閉幕戦であることから、同じ閉幕戦の第43回の函館記念の結果を見てみます。

 

第43回函館記念(11頭立て)

1着 エリモハリアー せん7 57㎏ 4枠4番(逆8番)武幸四郎騎手 7人気

前走 巴賞(函館1800m)6人気11着

前々走 札幌記念(札幌2000m)3人気5着

第41回・第42回函館記念覇者

2着 ロフティーエイム 牝5 52㎏ 5枠5番(逆7番)柴山雄一騎手 9人気

前走 巴賞(函館1800m)5人気8着

前々走 1600万下条件戦・むらさき賞(東京1800m)7人気3着

3着 サクラメガワンダー 牡4 57㎏ 6枠6番(逆6番) 岩田康誠騎手 2人気

前走 安田記念(東京1600m)14人気13着

前々走 読売マイラーズカップ(阪神1600m)3人気5着

 

第43回函館記念で優勝したのは、この年で3連覇を達成したエリモハリアー。

 

第1回・2回函館競馬開催イベントを見ても、エリモハリアーが誘導馬を引退するお別れイベントなど、エリモハリアー色満載です。

 

エリモハリアーからは7人気や57㎏斤量、4番あたりが気になります。

スポンサーリンク

最後に

サマー2000シリーズ第1弾となった七夕賞は重賞未勝利馬のメドウラークが勝ちました。

 

そのメドウラークの対角配置にはバーディーイーグルが配置されていましたが、バーディーイーグルは前年の七夕賞にも出走し、1着対角配置になっていました。

 

前年の函館記念に出走し、函館記念2018に登録しているのはサクラアンプルールとヤマカツライデンの2頭。

 

この2頭は3着枠を形成していた馬です。

 

特に、ヤマカツライデンは2着の隣に配置されていた馬。

 

この馬の配置に注意したいと思います。

スポンサーリンク