競走除外が多く、7頭立てとなった函館スプリントステークスは、カイザーメランジェが勝ち、2着にはアスターペガサスが入りました。

 

一方、ユニコーンステークスは、芝初出走のワイドファラオが勝ち、2着にはデュープロセスが入っています。

 

今回は、函館スプリントステークス2019とユニコーンステークス2019の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

函館スプリントステークス2019の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 7 10 カイザーメランジェ 江田 照男 5
2着 7 11 アスターペガサス 小崎 綾也 2
3着 8 13 タワーオブロンドン D.レーン 1

 

函館スプリントステークス2019は、除外が発生しておらず、唯一2頭が同居していた7枠のカイザーメランジェが1着、2着には同枠のアスターペガサスが入りました。

 

これだけ、壊れてしまったレースですから、7枠ゾロ目は想定内でした。

 

予想でも書きましたが、2着となったアスターペガサスは、函館スプリントステークスと同距離同競馬場の重賞である函館2歳ステークスの1着馬で、今年、第2回を迎えた特別指定交流競走の別定戦である葵ステークスを2着連対している馬。

 

函館2歳ステークスで1着になることで、連対の型となり、さらに、葵ステークスを連対したことで、直接連対のチケットをもらったのではないでしょうか。

 

そして、3着となったタワーオブロンドンは、特別指定交流競走の別定戦であるキャピタルステークスで、連対の型は持ったものの、函館スプリントステークスより格上の京王杯スプリングカップで1着になってしまったため、連対禁止となり、1着にはアスターペガサスの同枠のカイザーメランジェが滑り込んだというところでしょう。

ユニコーンステークス2019の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 1 ワイドファラオ 福永 祐一 3
2着 5 8 デュープロセス M.デムーロ 2
3着 6 11 ダンツキャッスル 幸 英明 6

 

ユニコーンステークス2019は、芝初出走のワイドファラオが勝ちましたね。

 

ユニコーンステークスは東京1600mで行われるダートレースで、3回東京6日に行われるレース。

 

そして、NHKマイルカップは、東京1600mで行われる芝のG1レースで、2回東京6日に行われます。

 

主催者は、ここを利用しています。

 

ワイドファラオは、ダート血統のヘニーヒューズ産駒という点もありますが、東京6日からのサインからも買える馬でした。

 

そして、2着となったデュープロセスは、除外が発生していた5枠ということで切ってしまいましたが、同枠のロードグラディオ もまた、NHKマイルカップ出走馬でした。

 

そういえば、昨年のユニコーンステークスで1着となったルヴァンスレーヴも、同枠には NHKマイルカップ11着のリョーノテソーロがいましたね。

 

このあたりは勉強する必要性がありそうです。

 

3着となったダンツキャッスルは、特別指定交流競走の別定戦である端午ステークス1着馬のヴァニラアイスの恩恵でしょうか。

スポンサーリンク

最後に

突然ですが、この『【馬ぴー】競馬初心者達へのヒント~インターネット投票馬券の買い方のセオリー~』を終了することにしました。

 

2017年1月から開始したブログでしたが、おかげさまで、多くの方に読んでいただくことができました。

 

ありがとうございました。

 

<追記>

新しい競馬ブログをスタートしました!

 

ブログ名は、ウマゾーの競馬論です。

 

URLはhttps://gocyas.com/です。

スポンサーリンク