いよいよ、函館競馬が始まり、夏競馬が本格的に始動ということになりますね。

 

函館競馬の重賞第一弾は、サマースプリントシリーズの函館スプリントステークスです。

 

今回は、函館スプリントステークス2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

函館スプリントステークス2019の出走予定(特別登録)

函館スプリントステークス2019の出走予定(特別登録)は15頭。

 

京王杯スプリングカップを勝ったにもかかわらず、安田記念を回避したタワーオブロンドンの名前がありますね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アスターペガサス 牡3 52.0kg 小崎 綾也 中竹 和也
2 カイザーメランジェ 牡4 56.0kg 江田 照男 中野 栄治
3 サフランハート 牡6 56.0kg 勝浦 正樹 北出 成人
4 シュウジ 牡6 57.0kg 須貝 尚介
5 ダイメイフジ 牡5 56.0kg 松岡 正海 森田 直行
6 ダノンスマッシュ 牡4 57.0kg 川田 将雅 安田 隆行
7 タマモブリリアン 牝6 54.0kg 菱田 裕二 南井 克巳
8 タワーオブロンドン 牡4 58.0kg D.レーン 藤沢 和雄
9 デアレガーロ 牝5 54.0kg 池添 謙一 大竹 正博
10 ティーハーフ 牡9 57.0kg 国分 優作 西浦 勝一
11 トウショウピスト 牡7 56.0kg 横山 和生 土田 稔
12 ペイシャフェリシタ 牝6 54.0kg 岩田 康誠 高木 登
13 ユキノアイオロス せん11 56.0kg 木幡 初也 石毛 善彦
14 ライトオンキュー 牡4 56.0kg 古川 吉洋 昆 貢
15 リナーテ 牝5 54.0kg 藤岡 康太 須貝 尚介

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

函館スプリントステークス2019のゲストプレゼンターは、大河ドラマ「新撰組!」で土方歳三役を演じた山本耕史!

 

山本耕史が、函館スプリントステークス2019のサインを発しているのでしょうか?

 

調べてみると、山本耕史は2019年4月14日に行われた福島民報杯のゲストプレゼンターを務めていますね。

 

福島民報杯の1着馬は、ストロベリームーンという馬でしたが、山本耕史はドラマ「ストロベリーナイト・サーガ 」で牧田勲役を演じています。

 

いかにもという感じですよね。

 

そこで、函館スプリントステークス2019で考えてみると、土方歳三が戦死したといわれている五稜郭が気になります。

 

五稜郭から正逆5番がサインなのでしょうか?

4歳馬の平地収得賞金の変化からのサイン

2018年までは、4歳馬が春季までに獲得していた賞金が夏季競馬開始時点で半額となっていました。

 

しかし、2019年に規定が変更され、4歳馬が春季までに獲得していた賞金は半額にならないことになっています。

 

この結果、4歳馬は降級しないことになります。

 

函館スプリントステークス2019の競馬番組設計を見ると、4歳以上の牡馬は56キロ(4歳以上の牝馬は54キロ)をベースに、収得賞金3,000万円を超える馬は超過額2,000万円ごとに1キロ増となると書かれています。

 

例えば、函館スプリントステークス2019に出走予定のタワーオブロンドンは、収得賞金が7,950万円なので、6,000万円以上9,000万円未満なので、2キロ増の58キロとなります。

 

でも、タワーオブロンドンを、以前の番組設計にすると、7,950万円×1/2=3,975万円となり、57キロで函館スプリントステークス2019に出走できることになります。

 

先週のエプソムカップも、4歳以上の牡馬は56キロ(4歳以上の牝馬は54キロ)をベースに、収得賞金3,000万円を超える馬は超過額2,000万円ごとに1キロ増となるレースでしたが、優勝したレイエンダは56キロで出走していた馬でした。

 

夏季競馬が弱者救済ということであるならば、タワーオブロンドンは厳しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

函館スプリントステークスは函館1200mで行われることから、同じ函館1200mで行われる函館2歳ステークスの覇者には注意が必要です

 

アスターペガサス自身あるいは筋配置の馬は注意した方が良いでしょう。

スポンサーリンク