武幸四郎の最後の重賞制覇のかかる阪急杯2017。

 

阪急杯2017は、アーリントンカップ2017と同じ12頭立てにしているのが怪しいところです。

 

1人気はシュウジ、2人気はロサギガンティア、そして3人気はブラヴィッシモになっています。

 

武幸四郎騎手が騎乗するカオスモスは4人気と高評価ですね。

 

武幸四郎騎手の最後の重賞ということで人気が高いのでしょうか。

 

今回は、武幸四郎騎手の最後の重賞となる阪急杯2017の予想をしたいと思います。

スポンサーリンク

阪急杯2017の出馬表

1枠 1番 カオスモス 武 幸四郎 56.0キロ
2枠 2番 トーキングドラム 幸 英明 56.0キロ
3枠 3番 ブラヴィッシモ 武 豊 56.0キロ
4枠 4番 マル地ヒルノデイバロー 古川 吉洋 56.0キロ
5枠 5番 ロサギガンティア 四位 洋文 56.0キロ
6番 ムーンクレスト 藤岡 佑介 56.0キロ
6枠 7番 シュウジ 川田 将雅 56.0キロ
8番 ミッキーラブソング 松若 風馬 56.0キロ
7枠 9番 メドウラーク S.フォーリー 56.0キロ
10番 テイエムタイホー 池添 謙一 56.0キロ
8枠 11番 ダイシンサンダー 浜中 俊 56.0キロ
12番 ナガラオリオン 国分 優作 56.0キロ

アーリントンカップ2017と阪急杯2017の共通項は、武幸四郎騎手と幸英明騎手が並んでいることですね。

阪急杯2017のサイン?

1回阪神競馬開催イベントで,阪神競馬特別デザインのヘッドマークをつけた阪急電車ステッカーをプレゼントという企画です。

 

2016年と2017年を比較してみると、配布枚数が1000枚から800枚に減っていることもありますが、2017年のヘッドマークコレクションのデザインが金メダルのように見えます。

 

金からキングカメハメハ産駒のトーキングドラム、ミッキーラブソング、キンシャサノキセキ産駒のシュウジを連想します。

 

トーキングドラム、ミッキーラブソングあたりは穴馬です。

12頭立ての阪急杯

G3になってからの阪急杯は、1993年・1998年・2000年とありますが、1993年と1998年はハンデ戦なので除きます。

 

2000年も1200mのレースなので、現在とは距離が違いますが、見てみることにします。

 

2000年阪急杯(12頭立て)

1着 ブラックホーク 7歳牡馬 58キロ 1人気  馬主 金子真人

前走 スプリンターズステークス1着

2着 ディヴァインライト 6歳牡馬 56キロ 6人気  馬主 社台RH

前走 テレビ山梨杯(1600万下)1着

 

阪急杯2017の出走馬にG1馬はいません。

 

また、前走で1600万下の条件戦を走っていた馬はいませんが、前々走で1600万下の条件戦を勝ってきた馬はいます。

 

それは、トーキングドラムです。

S.フォーリーの隣が連対?

S.フォーリーが重賞に出てくると、隣の馬が高確率で連対しています。

 

スポーツニッポン賞京都金杯

フィエロ(S.フォーリー騎乗馬) 3枠5番 3着

エアスピネル  3枠6番 1着

 

日刊スポーツ賞シンザン記念

ケンシン(S.フォーリー騎乗馬) 7枠12番

機能せず

 

愛知杯

シャルール(S.フォーリー騎乗馬)6枠10番

マキシマムドパリ 6枠11番 1着

 

日経新春杯

モンドインテロ(S.フォーリー騎乗馬)5枠8番

機能せず

 

シルクロードステークス

ブラヴィッシモ(S.フォーリー騎乗馬)5枠6番

ダンスディレクター 5枠7番 1着

 

きさらぎ賞

マテラレックス(S.フォーリー騎乗馬)2枠2番

サトノアーサー 1枠1番 2着

 

京都記念

ウインインスパイア(S.フォーリー騎乗馬)5枠5番

サトノクラウン 6枠6番 1着

 

ダイヤモンドステークス

トーセンレーヴ(S.フォーリー騎乗馬)2枠3番

ラブラドライト 3枠4番 2着

 

小倉大賞典

ベルーフ(S.フォーリー騎乗馬)4枠8番

マルターズアポジー 4枠7番 1着

 

日刊スポーツ賞シンザン記念と日経新春杯は機能しています。

 

阪急杯2017でS.フォーリー騎乗馬の隣は、ミッキーラブソングとテイエムタイホーとなっていますね。

 

テイエムタイホーは9人気ですか。

 

結構な穴馬ですね。

アーリントンカップ2017の結果から

 

アーリントンカップ2017の結果は、1着馬が前走シンザン記念3着馬、2着馬が朝日杯フューチュリティステークス8着馬の組み合わせでした。

 

2着馬の同枠馬も阪神ジュベナイルフィリーズ5着馬でしたので、2着は年明けを走っていない馬ということになります。

 

年明けを走っていない馬は、シュウジとロサギガンティアの2頭だけです。

スポンサーリンク

まとめ

武幸四郎は阪急杯2017に出走予定 ?でも書きましたが、前年の阪神カップ1着馬であるシュウジが連対するように思います。

 

カフジテイクが前年のチャンピオンズカップ4着から、フェブラリーステークスの前哨戦の根岸ステークスを制したように、シュウジもスプリンターズステークス4着から、高松宮記念の前哨戦の阪急杯を勝つのでは?

 

シュウジでなければ、同枠のミッキーラブソングということになりますね。

 

相手は、前々走で距離変更の行われた新春ステークス(1400m→1600m)を勝ったトーキングドラムにしてみます。

 

このトーキングドラムは現在の人気が7番人気の穴馬です。

 

あとは、フェブラリーステークスで芝しか出走していなかったデニムアンドルビーの隣が連対したことから、ダートしか出走していないナガラオリオンの隣のダイシンサンダーとカオスモス。

 

シュウジとミッキーラブソングのゾロ目。

 

念のために馬連で。

スポンサーリンク