昨年の阪急杯は、7人気の5歳牝馬のダイアナヘイローが勝ちました。

 

ダイアナヘイローの同枠には、阪急杯と同じ阪神1400mの馬齢戦の報知杯フィリーズレビュー1着馬のカラクレナイの存在がありました。

 

そして、昨年の阪急杯2着馬は、ルメール騎手騎乗の1人気・モズアスコットが入っています。

 

モズアスコットは、前走で阪急杯と同じ阪神1400mの定量戦の阪神カップで、1人気で4着(2着対角)に配置されていた馬でした。

 

今年の阪急杯はどんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、阪急杯2019のサインを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

阪急杯2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

阪急杯2019の出走予定(特別登録)は19頭。

 

昨年の阪急杯優勝のダイアナヘイローも登録しています。

 

また、先週の京都牝馬ステークスで2着となったリナーテもいますね。

 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 アドマイヤゴッド 牡7 56.0kg 北村 友一 須貝 尚介
2 エントシャイデン 牡4 56.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
3 コウエイタケル 牡8 56.0kg 山内 研二
4 スターオブペルシャ せん6 56.0kg 杉原 誠人 藤沢 和雄
5 スマートオーディン 牡6 56.0kg 藤岡 佑介 池江 泰寿
6 ダイアナヘイロー 牝6 55.0kg 武 豊 大根田 裕之
7 タイムトリップ 牡5 56.0kg 浜中 俊 菊川 正達
8 ダイメイフジ 牡5 56.0kg 和田 竜二 森田 直行
9 トウショウピスト 牡7 56.0kg 古川 吉洋 土田 稔
10 ヒルノデイバロー 牡8 56.0kg 四位 洋文 昆 貢
11 ミスターメロディ 牡4 56.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
12 ヤングマンパワー 牡7 56.0kg 池添 謙一 手塚 貴久
13 ラインスピリット 牡8 56.0kg 森 一馬 松永 昌博
14 リナーテ 牝5 54.0kg 須貝 尚介
15 リョーノテソーロ 牡4 56.0kg 幸 英明 武井 亮
16 リライアブルエース 牡6 56.0kg 矢作 芳人
17 レッツゴードンキ 牝7 54.0kg 岩田 康誠 梅田 智之
18 ロジクライ 牡6 56.0kg 横山 典弘 須貝 尚介
19 ロードクエスト 牡6 57.0kg 川田 将雅 小島 茂之

参考 netkeiba

すみれステークスからのサイン

レーシングカレンダーを見ると、阪急杯2019の前に行われる「すみれステークス」が第10レースに指定されています。

 

すみれステークスは2018年には第9レースで行われていたレース。

 

おそらく、すみれステークスがリステッド競走となったことによるレース順の変更と思われます。

 

すみれステークスが1回阪神2日の10レースで行われたのは、2000年と2002年。

 

ただし、2000年と2002年の阪急杯は2場開催で、距離も1200mで行われており、2002年には地方馬の出走がありました。

 

阪急杯2019には地方馬の登録はないので、2000年の阪急杯の結果を見てみます。

 

2000年阪急杯(12頭立て)

1着 ブラックホーク マル外 牡7 58㎏ 3枠3番(逆10番)横山典弘騎手 1人気

前走 スプリンターズステークス(中山1200m)2人気1着

3走前 スワンステークス(京都1400m・指定・別定)1人気1着

2着 ディヴァインライト 牡6 57㎏ 4枠4番(逆9番)福永祐一騎手 6人気

前走 1600万下条件戦・テレビ山梨杯(東京1400m)2人気1着

前々走 1600万下条件戦・市川ステークス(中山1600m)1人気3着

3着 メジロダーリング 牝5 54㎏ 2枠2番(逆11番)武幸四郎騎手 5人気

前走 淀短距離ステークス(京都1200m・指定・別定)1人気7着

前々走 スプリンターズステークス(中山1200m)10人気12着

 

2000年阪急杯1着馬はG1馬のブラックホーク。

 

そして、2着は1600万下条件戦を卒業したばかりのディヴァインライト。

 

阪急杯2019の登録馬でG1馬はレッツゴードンキしかいません。

スポンサーリンク

最後に

阪急杯2019の登録馬のヒルノデイバローは、2016年から2018年の3年間、阪急杯に出走した馬。

 

2016年の阪急杯では1着平行配置、2017年の阪急杯では自身が2着、2018年の阪急杯では2着平行に配置されていた馬。

 

阪急杯2019でも、サイン馬になるのでしょうか?

スポンサーリンク