今年は大阪杯がG1に昇格したことで、天皇賞(春)の前哨戦が阪神大賞典と日経賞の2レースになりました。

 

元々、産経大阪杯の当時から、産経大阪杯1着馬が天皇賞(春)に出走しないことがよくありました。

 

産経大阪杯は距離が2000mなのに、なんで3200mの天皇賞(春)の前哨戦に位置付けられていたのでしょうか?

 

まあ、その話を置いておくことにして、今度の日曜日に阪神大賞典が行われます。

 

今回は、阪神大賞典に注目してみました。

スポンサーリンク

阪神大賞典2017の出走予定馬(特別登録)

阪神大賞典2017の出走予定馬(特別登録)は10頭です。

 

昨年の有馬記念優勝馬のサトノダイヤモンド、昨年の阪神大賞典優勝馬のシュヴァルグランが出走予定になっています。

 1  ウインスペクトル  56.0キロ
 2  サトノダイヤモンド  57.0キロ
 3  シュヴァルグラン  57.0キロ
 4  スピリッツミノル  56.0キロ
 5  タマモベストプレイ  56.0キロ
 6  トウシンモンステラ  56.0キロ
 7  トーセンバジル  56.0キロ
 8  マドリードカフェ  56.0キロ
 9  レーヴミストラル  56.0キロ
 10  ワンアンドオンリー  57.0キロ

サトノダイヤモンドの相手探しといったところですが、シュヴァルグランが来てしまうと恐ろしい位の低配当になりそうです。

阪神大賞典2017のサイン

阪神大賞典のスペシャルイベントに、昨年に引き続き、ビッグレッドファームグループ代表の岡田繁幸氏とサチカナエさんが出演します。

 

2016年阪神大賞典のスペシャルイベント


2017年阪神大賞典のスペシャルイベント

残念ながら、岡田繁幸氏のマイネル軍団の出走予定馬はいません。

 

しかし、スピリッツミノルに幸英明騎手が騎乗するかも知れません。

 

サチカナエさんと幸英明騎手は関連がありそうです。

 

昨年も幸英明騎手はサイモントルナーレに騎乗していますが、同枠馬が1着になっています。

 

このイベント以外では、フリーパスの日もサインとなりそうです。

 

1月14日は中京競馬場、3月12日は中山競馬場で女性対象でしたが、フリーパスの日に指定されていました。

 

1月14日の愛知杯と3月12日の ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスは、クインズミラーグロが3着になっていますが、1番という馬番になっています。

 

また2着馬も正逆4番になっているのも、気になるところです。

阪神大賞典と万葉ステークス

1月初めに京都で行われる万葉ステークスですが、距離が3000mと阪神大賞典と同じです。

 

この万葉ステークスと阪神大賞典がリンクしています。

 

2012年万葉ステークス(12頭立て)

1着 12番(逆1番)  2着 11番(逆2番)  3着 8番(逆5番)

2012年阪神大賞典(12頭立て)

1着 1番(逆12番)  2着 12番(逆1番)  3着 6番(逆7番)

 

2013年万葉ステークス(15頭立て)

1着 13番(逆3番)  2着 8番(逆8番)  3着 3番(逆13番)

2013年阪神大賞典(9頭立て)

1着 7番(逆3番)  2着 6番(逆4番)  3着 3番(逆7番)

 

2014年万葉ステークス(10頭立て)

1着 10番(逆1番)  2着 2番(逆9番)  3着 3番(逆8番)

2014年阪神大賞典(9頭立て)

1着 1番(逆9番)  2着 8番(逆2番)  3着 2番(逆8番)

 

2015年万葉ステークス(13頭立て)

1着 3番(逆11番)  2着 7番(逆7番)  3着 4番(逆10番

2015年阪神大賞典(10頭立て)

1着 8番(逆3番)  2着 2番(逆9番)  3着 1番(逆10番

 

2016年万葉ステークス(11頭立て)

1着 6番(逆6番)  2着 2番(逆10番)  3着 8番(逆4番)

2016年阪神大賞典(11頭立て)

1着 11番(逆1番)  2着 6番(逆6番)  3着 8番(逆4番)

 

2017年万葉ステークス(12頭立て)

1着 10番(逆3番)  2着 7番(逆6番)  3着 3番(逆10番)

2017年阪神大賞典(?頭立て)

1着 ?  2着 ?  3着 ?

 

今年の万葉ステークスの1着馬のタマモベストプレイも出走予定になっています。

スポンサーリンク

最後に

まずは、サトノダイヤモンドが有馬記念優勝馬として、無事に阪神大賞典を勝つことができるか見守りたいですね。

 

阪神大賞典2017の出走予定の馬を見ると、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、トウシンモンステラ、トーセンバジル、レーヴミストラルの5頭がノーザンファームの生産馬です。

 

つまり10頭の出走予定馬のうち、5頭が社台系の馬ということです。

 

波乱は少ないと思いますが、1頭気になる馬がいます。

 

ワンアンドオンリーというダービー馬が出走予定になっています。

 

この馬が出走する意味を考えたいと思います。

スポンサーリンク