昨年の阪神大賞典は、地方馬のスーパーマックスが出走し、レインボーラインがゾロ目で勝利しています。

 

レインボーラインは、3歳のアーリントンカップ以来の勝利で、その後、天皇賞(春)に出走し、見事に1着となりましたが、故障が発生し、現役を引退しています。

 

ゾロ目の2着となったサトノクロニクルは、番組設計をハンデ戦から別定戦に変更したチャレンジカップの勝ち馬で、レインボーラインはその恩恵にあずかったのかもしれません。

 

しかし、そのサトノクロニクルも小倉記念で2着に連対した後は、出走していません。

 

今年の阪神大賞典はどんな結果となるのでしょうね。

 

今回は、阪神大賞典2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

阪神大賞典2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

阪神大賞典2019の出走予定(特別登録)は11頭。

 

4歳馬もいなければ、5歳馬もいないという違和感がありますね。

 

また、昨年いなかった牝馬のコルコバード、マル地のリッジマンは気になります。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アドマイヤエイカン 牡6 56.0kg 岩田 康誠 須貝 尚介
2 ヴォージュ 牡6 56.0kg 和田 竜二 西村 真幸
3 カフジプリンス 牡6 56.0kg 矢作 芳人
4 ケントオー 牡7 56.0kg 幸 英明 西橋 豊治
5 コルコバード 牝6 54.0kg M.デムーロ 木村 哲也
6 サイモンラムセス 牡9 56.0kg 梅田 智之
7 シャケトラ 牡6 57.0kg 戸崎 圭太 角居 勝彦
8 ステイインシアトル 牡8 56.0kg 浜中 俊 池江 泰寿
9 ソールインパクト 牡7 56.0kg 福永 祐一 戸田 博文
10 リッジマン 牡6 57.0kg 蛯名 正義 庄野 靖志
11 ロードヴァンドール 牡6 56.0kg 和田 竜二 昆 貢

参考 netkeiba

イベントからのサイン

第1回阪神競馬開催イベントを見ると、阪神大賞典が行われる3月17日には、阪神大賞典を2度制覇したナリタトップロードの調教師の沖芳夫さんが来場し、トークショーをするそうです。

 

ナリタトップロードは、2001年に12頭立ての3枠3番に配置され1人気で1着し、翌年に9頭立ての4枠4番に配置され1人気で連覇しています。

 

1人気なのでしょうか?

万葉ステークスからのサイン

阪神大賞典2019の登録馬に、万葉ステークス1着馬のヴォージュが登録しています。

 

ヴォージュが勝った万葉ステークスは、1回京都2日に行われたカク指定のハンデ戦で10レースに行われました。

 

万葉ステークスは、変更の多いレースですが、1回京都2日の10レースに行われたのは2013年。

 

2013年の万葉ステークスの覇者のデスペラードは、阪神大賞典に出走しています。

 

2013年阪神大賞典(9頭立て)

1着 ゴールドシップ  牡4 57㎏ 7枠7番(逆3番)内田博幸騎手 1人気

前走 有馬記念(中山2500m)1人気1着

前々走 菊花賞(京都3200m)1人気1着

2着 デスペラード 牡5 56㎏ 6枠6番(逆4番)武豊騎手 3人気

前走 万葉ステークス(京都3000m)1人気1着

前々走 ステイヤーズステークス(中山3600m・特指・別定)2人気3着

3着 フォゲッタブル  牡7 56㎏ 3枠3番(逆7番)シュタルケ騎手 5人気 金子真人ホールディングス

前走 ダイヤモンドステークス(東京3400m)9人気7着

前々走 万葉ステークス(京都3000m)5人気6着

 

2013年阪神大賞典は、G1馬のゴールドシップが勝ち、2着には万葉ステークス1着馬のデスペラードが入っています。

 

阪神大賞典2019にG1馬の登録はありませんが、増量馬はいますよね。

スポンサーリンク

最後に

阪神大賞典2019の登録馬に、アメリカジョッキークラブカップを勝ったシャケトラがいます。

 

おそらく、上位人気に支持されるでしょう。

 

ただし、気になるのは、シャケトラが勝ったアメリカジョッキークラブカップは1回中山7日なんですよね。

 

阪神大賞典2019は、1回阪神8日です。

スポンサーリンク