4月8日にサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスが行われます。

 

桜花賞の前日に設定されているサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスは、ヴィクトリアマイルの前哨戦に位置づけられているレースで、福島牝馬ステークスと並んで、1着になるとヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられます。

 

今年の出走予定馬(特別登録)には、昨年のエリザベス女王杯の優勝馬のクイーンズリング、先日行われたローレル競馬場賞中山牝馬ステークスの優勝馬のトーセンビクトリーなどの名前があります。

 

今年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの優勝馬は、誰になるのでしょう?

 

今回は、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスに注目しました。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017の出走予定馬(特別登録)

http://www.winkeiba.jp/から引用

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017の出走予定馬(特別登録)は16頭います。

出走可能頭数は18頭なので、全馬出走可能です。

 

1  アットザシーサイド  54.0キロ
2  アドマイヤリード  54.0キロ
3  ウエスタンレベッカ  54.0キロ
4  エテルナミノル  54.0キロ
5  クイーンズリング  56.0キロ
6  クリノラホール  54.0キロ
7  クロコスミア  54.0キロ
8  ジュールポレール  54.0キロ
9  タッチングスピーチ  54.0キロ
10  ダンツキャンサー  54.0キロ
11  デニムアンドルビー  54.0キロ
12  デンコウアンジュ  54.0キロ
13  トーセンビクトリー  54.0キロ
14  ヒルノマテーラ  54.0キロ
15  ミッキークイーン  55.0キロ
16  メイショウマンボ  55.0キロ

昨年、エリザベス女王杯を制覇したクイーンズリングは2キロ増、過去にG1を勝ったミッキークイーンとメイショウマンボは1キロ増になっています。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017のサイン

阪神競馬場の開催イベントは、大阪杯と桜花賞ばかりで、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017のサインはあまりありません。

 

野間馬「ミカン」と道産子「ゆき」は昨年も登場しています。

 

そんな中で、毎年恒例のサンケイスポーツ杯牝馬ステークスの予想検討会&抽選会が行われます。

 

今年の出演者は、タレントの山口実香、インターネット競馬ライターの久保和功、サンケイスポーツ記者の佐藤将美の3名です。

やっぱり、サンケイスポーツ杯牝馬ステークスという牝馬のレースですから、山口実香さんという方からサインがあるのでは。

 

山口実香さんは、1989年11月2日生まれの27歳。

 

三重県出身で、身長157cm、体重43kg。

 

血液型はB型のようです。

 

11月2日生まれの調教師に水野貴広さんがいますが、サンケイスポーツ杯牝馬ステークス2017の出走予定馬(特別登録)には、残念ながらいませんね。

 

でも、名前の方で気になる馬がいました。

 

エテルナミノルという馬ですが、この馬の馬主が吉岡實さんです。

 

實は実の旧字ですから、エテルナミノルの同枠には気をつけた方が良いかも知れません。

デムーロ騎乗はクイーンズリング?

http://www.winkeiba.jp/から引用

 

昨年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスはデムーロ騎手騎乗のスマートレイアーが勝ちました。

 

今年のデムーロ騎手は、結構重賞の連覇が多いですよね。

 

連覇したレースを挙げると、京都記念、フェブラリーステークス、アーリントンカップ、中山記念と4レースもあります。

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスも昨年勝っていますが、翌日の桜花賞も勝っています。

 

デムーロ騎手が昨年勝ったレースは要注意ですね。

 

情報通りであれば、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017ではデムーロ騎手はクイーンズリングに騎乗する予定のようです。

スポンサーリンク

最後に

昨年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスは、スマートレイアーが勝ちましたが、同枠にはミッキークイーンがいました。

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2017にも、ミッキークイーンは出走予定になっています。

 

このミッキークイーンが出走してきたら、要注意と見ます。

 

また、メイショウマンボが、このレースを最後に引退するという情報があります。

 

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスでも、マジックタイムが2着に入り、引退していますので、メイショウマンボも連対して引退するかも知れませんね。

スポンサーリンク