2016年から、阪神1400mから阪神1600mに距離変更があったサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスですが、2016年と2018年はゾロ目決着となっています。

 

そして、今年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスは、「ウオッカ追悼競走」の副題を付けて行われます。

 

「ウオッカ追悼競走」の副題が付いたサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスはどんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の出馬表

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019には15頭が登録し、レッツゴードンキが回避し、14頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はラッキーライラック、2人気はカンタービレ、3人気はレッドオルガとなっています。

 

正3番のサトノワルキューレの馬主はサトミホースカンパニー、対角の逆3番はミエノサクシードの馬主は里見美惠子氏ですね。

1枠 1番 サラキア 牝4 54.0kg 池添 謙一 池添 学
2枠 2番 ワントゥワン 牝6 54.0kg A.シュタルケ 藤岡 健一
3枠 3番 サトノワルキューレ 牝4 55.0kg 浜中 俊 角居 勝彦
4番 ラッキーライラック 牝4 54.0kg 石橋 脩 松永 幹夫
4枠 5番 クロコスミア 牝6 54.0kg 岩田 康誠 西浦 勝一
6番 カンタービレ 牝4 55.0kg M.デムーロ 角居 勝彦
5枠 7番 リバティハイツ 牝4 54.0kg 福永 祐一 高野 友和
8番 ミッキーチャーム 牝4 54.0kg 川田 将雅 中内田 充正
6枠 9番 メイショウオワラ 牝5 54.0kg 秋山 真一郎 岡田 稲男
10番 レッドオルガ 牝5 54.0kg 北村 友一 藤原 英昭
7枠 11番 ダイアナヘイロー 牝6 55.0kg 武 豊 大根田 裕之
12番 ミエノサクシード 牝6 54.0kg 川島 信二 高橋 亮
8枠 13番 ベルーガ 牝4 54.0kg 中井 裕二 中内田 充正
14番 アマルフィコースト 牝4 54.0kg 坂井 瑠星 牧田 和弥

チューリップ賞からのサイン

昨年、G3からG2に昇格したチューリップ賞ですが、阪神1600mで行われるG2はチューリップ賞とサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの2レース。

 

昨年のチューリップ賞とサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスを比べてみます。

 

2018年チューリップ賞(10頭立て)

1着 ラッキーライラック 牝3 54kg 5枠5番(逆6番) 石橋脩騎手 1人気

2着 マウレア 牝3 54kg 4枠4番(逆7番) 武豊騎手 3人気

 

2018年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(13頭立て)

1着 ミスパンテール 牝4 54kg 7枠11番(逆3番)横山典弘騎手 4人気

2着 レッドアヴァンセ 牝5 54kg 7枠10番(逆4番)北村友一騎手 11人気

 

正逆4番で一致しています。

 

2019年チューリップ賞(13頭立て)

1着 ダノンファンタジー 牝3 54kg 1枠1番(逆13番)川田将雅騎手 1人気

2着 シゲルピンクダイヤ 牝3 54kg 8枠13番(逆1番)和田竜二騎手 4人気

過去のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスからのサイン

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスは、2016年から1600mに変更されました。

 

その初年度の2016年は、前走で東京1600mのカク指定別定戦である東京新聞杯を勝ったスマートレイアーを1着に起用しています。

 

2016年の2着馬のミッキークイーンは、東京1600mのデイリー杯クイーンカップの2着馬で、オークスと秋華賞を勝ったG1馬。

 

2017年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスは、東京1600mのヴィクトリアマイルの2着馬のミッキークイーンが1着で、2着には阪神1600mの条件戦であるうずしおステークス1着馬のジュールポレールの平行配置馬のアドマイヤリードが2着。

 

2018年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスは、阪神1600mのチューリップ賞2着馬でターコイズステークス(中山1600m・特指・ハンデ)と 京都牝馬ステークス(京都1400m・カク指定・別定)を連勝したミスパンテールが1着。

 

ミスパンテールの対角には、東京新聞杯を勝ったリスグラシューが配置され、リスグラシューはゾロ目の3着。

 

そして、2着に入った レッドアヴァンセは、東京1600mの条件戦のユートピアステークスを勝っていました。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の予想の結論

阪神1600mの条件戦であるうずしおステークス1着馬のメイショウオワラは、ジュールポレールと同じ型。

 

メイショウオワラの同枠はレッドオルガ、対角はクロコスミア、平行はワントゥワンですね。

 

さて、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースですが、エリザベス女王杯のステップレースにアイルランドトロフィー府中牝馬ステークスがあります。

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスとアイルランドトロフィー府中牝馬ステークスは同じG2で1着賞金が同じレース。

 

2018年のアイルランドトロフィー府中牝馬ステークスの結果を見ると、 ディアドラが1人気に応えて勝っていますが、4枠4番に配置されていました。

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の出馬表を見ると、ラッキーライラックは4番配置です。

 

ラッキーライラックを軸にします。

 

相手は、レッドオルガ、クロコスミア、ワントゥワン、メイショウオワラにします。

 

ラッキーライラックが飛ぶなら、対角のダイアナヘイローでしょうね。

スポンサーリンク