昨年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスはゾロ目決着!

 

ターコイズステークスと京都牝馬ステークスと、牝馬重賞を連勝していたミスパンテールが1着。

 

2着には、1600万条件戦のユートピアステークス(東京1600m)を勝ったレッドアヴァンセが2着に入りました。

 

今年はどんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の出走予定(特別登録)

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の出走予定(特別登録)は15頭。

 

2017年阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったラッキーライラック、2015年桜花賞1着馬のレッツゴードンキなどが登録しています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アマルフィコースト 牝4 54.0kg 坂井 瑠星 牧田 和弥
2 カンタービレ 牝4 55.0kg M.デムーロ 角居 勝彦
3 クロコスミア 牝6 54.0kg 岩田 康誠 西浦 勝一
4 サトノワルキューレ 牝4 55.0kg 浜中 俊 角居 勝彦
5 サラキア 牝4 54.0kg 池添 謙一 池添 学
6 ダイアナヘイロー 牝6 55.0kg 武 豊 大根田 裕之
7 ベルーガ 牝4 54.0kg 中内田 充正
8 ミエノサクシード 牝6 54.0kg 川島 信二 高橋 亮
9 ミッキーチャーム 牝4 54.0kg 川田 将雅 中内田 充正
10 メイショウオワラ 牝5 54.0kg 秋山 真一郎 岡田 稲男
11 ラッキーライラック 牝4 54.0kg 石橋 脩 松永 幹夫
12 リバティハイツ 牝4 54.0kg 福永 祐一 高野 友和
13 レッツゴードンキ 牝7 55.0kg 梅田 智之
14 レッドオルガ 牝5 54.0kg 北村 友一 藤原 英昭
15 ワントゥワン 牝6 54.0kg A.シュタルケ 藤岡 健一

参考 netkeiba

うずしおステークス1着馬出走からのサイン

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスと同じ阪神1600mの1600万下条件戦のうずしおステークス!

 

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019の登録馬に、うずしおステークス1着馬のメイショウオワラがいます。

 

うずしおステークスは、2016年に1400mから1600mに距離が変更されたレース。

 

うずしおステークス1着馬がサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスに出走したのは、2016年以降に限ると2017年しかありません。

 

2017年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの結果を見てみます。

 

2017年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(16頭立て)

1着 ミッキークイーン 牝5 55㎏ 3枠6番(逆11番)浜中俊騎手 1人気

前走 有馬記念(中山2500m)7人気5着

前々走 エリザベス女王杯(京都2200m)2人気3着

2016年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2着馬

2着 アドマイヤリード 牝4 54㎏ 8枠16番(逆1番)ルメール騎手 3人気

前走 1600万下条件戦・飛鳥ステークス(京都1800m)2人気1着

前々走 1000万下条件戦・北大路特別(京都1800m)2人気2着

3着 ジュールポレール 牝4 54㎏ 4枠8番(逆9番)幸英明騎手 4人気

前走 1600万下条件戦・うずしおステークス(阪神1600m)1人気1着

前々走 1000万下条件戦・ 衣笠特別(京都1800m)3人気1着

 

うずしおステークスを勝ったジュールポレールの平行配置のアドマイヤリードが2着となっています。

 

アドマイヤリードは、2015年阪神ジュベナイルフィリーズ1着同枠馬でもあります。

 

また、1着には、前年のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2着馬のミッキークイーン。

 

もし、メイショウオワラが出走してきたら、メイショウオワラ自身と筋配置には注意が必要でしょう。

スポンサーリンク

最後に

阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったラッキーライラックが、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス2019に登録していますが、同じ阪神1600mということで関係が深そうです。

 

ラッキーライラックは同じ阪神1600mのG2・チューリップステークスも勝っていますね。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク